« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

いらっしゃいませ!(今週の一枚・番外編)

Photo_19

金返せ(^○^)/

| | コメント (2)

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を語る

98年11月21日にN64で発売されたアクションアドベンチャーゲーム。
任天堂の看板シリーズ「ゼルダの伝説」が完全3Dになって登場した。
「ゲームでしか味わえない感動がある」というキャッチフレーズは、後のGC『ゼルダの伝説 風のタクト』でも使われた。
主人公のリンクが左利きなのは、生みの親である宮本茂氏が左利きだからというのはファンには有名な話。

N64発売の同時期に発売する予定だったが度重なる延期の末、結局2年ほど遅れて発売となった。
延期が続きながらも、雑誌やイベントで映像が公開された事はあったが、殆どが簡単なデモ程度で、ゲームに触れる事はできなかった。
宮本氏が、「アイディアが盗まれるのが怖いので、それがわかる部分は見せていない。だが着実に開発は進んでいる」なんて発言をしていたが、ゼルダに限らず当時の任天堂の発売延期は酷いもので、「開発がとても難航しているに決まってる」「発売中止になるんじゃないか?」という声も出た。
だが、後に氏の発言は本当だったと思い知らされる。

続きを読む "『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を語る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

2月のバーチャルコンソールタイトル公開!

2月に配信されるバーチャルコンソールソフトの一覧が公開されました。
2月は下記16タイトルが配信予定です。

ファミリーコンピュータ
・『マイティボンジャック』 テクモ 500
・『ギャラガ』 バンダイナムコゲームス  500
・『星のカービィ~夢の泉の物語~』 任天堂  500
スーパーファミコン
・『かまいたちの夜』 チュンソフト  800
・『真・女神転生』 アトラス  900
・『超魔界村』 カプコン  800
・『三國志IV』 コーエー  800
ニンテンドウ64
・『ゼルダの伝説~時のオカリナ~』 任天堂  1200
メガドライブ
・『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』 セガ  600
・『ストーリー・オブ・トア 光を継ぐ者』 セガ  600
・『ベクターマン』 セガ  600
・『ヴァーミリオン』 セガ  600
PCエンジン
・『ビジランテ』 アイレムソフト  600
・『BE BALL』 ハドソン  600
・『妖怪道中記』 バンダイナムコゲームス  600
・『ワンダーモモ』 バンダイナムコゲームス  600

サウンドノベルの名作中の名作『かまいたちの夜』の登場。
『弟切草』より先なんですね・・・そもそも出ないのかな?
グラフィック強化やシナリオを追加して他機種に移植されてはいるが、SFCでも十分凄まじい恐怖を味わう事ができる。

『真・女神転生』は評判も良かったしアトラスの看板シリーズ。
シリーズをプレイした事がないので、今回の中では一番注目してたりする。

『時のオカリナ』が随分早く登場したなぁと。しかも強気の1200ポイント。
当時、N64では最高だった256Mビット(32Mバイト)ロムを使っていたので、Wiiに入れれば莫大な容量を食うと思われる。

『裏ゼルダ』等により、GCでプレイ出来る人は必要ないだろうなぁ。

信用ならない事で有名なファミ通レビューで初のオール10を獲得した作品。
とは言え、オール10に値する作品であった。
次回、『ゼルダの伝説~時のオカリナ~』を語ってみようかなと思います。

バーチャルコンソール2007年2月の配信タイトルホコタテブログさん)
バーチャルコンソールのラインナップが更新無数の月さん)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月28日 (日)

今日は何で走ろうかな♪ (今週の一枚)

07012810241rx3_1
※名前を編集しただけでなく、キチンとCDやMP3持ってます・・・

社長を作ってみた(先週の一枚)

エキサイトトラック、レポート
エキサイトトラック、紹介・体験映像とCM公開
エキサイトトラック、公式サイトオープン
Wii体験会レポート8、エキサイトトラック

| | コメント (2)

2007年1月27日 (土)

今週を愚痴る 1/21~1/27

『ニュースチャンネル』が一日早く提供されたのには驚いた。
N64時代の「発売日延期コンボ」に耐えてきた任天堂ファンとしては不気味さすら感じる(笑)
これで発表済みのチャンネルは全て出揃った。
インターネットチャンネル正式版はまだだが、新チャンネル追加はもちろん、各チャンネルの起動時間を短縮したいという発言もあったので、こちらも期待したい。

個人の実験で「Wiiでダイエット効果が立証された!」等のニュースが結構大きく報道されたり、Wiiへのよいしょが続いている。
決して悪い事ではないが、昔「水に沈めても乾かせばキチンと動作するPS2!凄い!」なんて記事もあったし、この過剰報道どうにかならないもんだろか?

ニュースチャンネル、レポート!
   凄い情報量!情報端末Wiiの出来上がり
エキサイトトラック、レポート!
   万人向けハイスピードレースゲームですよ!
任天堂サイト、アクセス数急増!
   ・・・羨ましいなぁ(笑)
Wiiスポーツでダイエットは可能?
   ゲーム=運動不足の方程式は崩れた?
VCメガドライブ公式サイトオープン!
   任天堂もこれくらいしなきゃ!

ゲーマー用語解説
ギャルゲー

今週の一枚
社長を作ってみた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

ニュースチャンネル、レポート!

Wiiで最新ニュースを見る事ができる『ニュースチャンネル』が始まりました。
当初、27日からということでしたが、前倒しされたようです。
さっそく、使ってみました!
07012622271rx3_1

「続きを読む」でどうぞ!

続きを読む "ニュースチャンネル、レポート!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

任天堂サイト、アクセス数急増!

ネットレイティングス㈱が行った調査によると、06年12月だけで468万人が任天堂サイトにアクセスしたようです。
これは前月比138万人増と、とんでもない数です。
調査は年齢別による分析や、コナミやセガといった大手ソフトメーカーのグラフも掲載されています。
これらのサイトのアクセス数がわかっただけでも、貴重な情報に思います。

言うまでもなく、要因はWii発売によるものです。
最初のCMで「新しいリモコン」というキャッチフレーズ(?)が出てたので、Googleを使って調べてみたら、Wii公式サイトが一番上にきてました。
本体と同時に買ったソフト数の平均がこれまでのゲーム機では考えられなかったほど高かったことから「消費者が事前に情報を調べていたと思われる」という分析もあり、これを裏付ける結果とも言える。
とは言え、Wii発売前である11月のアクセス数は特に動きがなく、12月の中でいつ多かったのか気になる。
小学生や小学生を子にもつ親の年代のアクセスが多かったから、行列報道等を見てWiiを知り、調べた人が多かったのかもしれない。

余談だが、これまで一ヶ月300万オーバーの任天堂サイトも凄いと思ったが、だったら一日100万オーバーらしい「ほぼ日刊イトイ新聞」は何?(汗)

任天堂ウェブサイトが大幅に躍進(その調査結果)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

VCメガドライブ公式サイトオープン!

Wiiのバーチャルコンソールで提供されている「メガドライブ」の公式サイトがオープンしました。
メガドライブは、セガが1988年に発売した家庭用ゲーム機ですが、Wiiのバーチャルコンソールでのメガドライブと、そのソフトを紹介するサイトです。
現在バーチャルコンソールで提供されている全ソフトのゲーム画像は勿論、動画やキャラクター紹介がシンプルに掲載されていて、ソフトによっては開発者インタビューが載っていたりと気合入っています。
また、どうも文字の配置や大きさが独特だなぁと思ったら、Wiiのオペラブラウザに最適化されているという親切さ。
単にソフトを提供するだけでなく、「キチンと売ろう!」という気持ちを感じる。
ショッピングチャンネルからこのページを見れるようになれば、購入意欲も高まるような気がする。
任天堂ハードもPCエンジンも、これくらい気合入れるべきだ。
いくら数百円と言っても、楽しそうに見えなかったら誰も買わないのだから。


恥ずかしい話、メガドライブを見た事が無かったオイラ(見た事があっても記憶にない)
結構かっこいいなぁ!
メガドライブのVCでは、『ガンスターヒーローズ』を買ったけど、大ファンも多いトレジャーが「職人軍団」と呼ばれる所以がわかる作品だ。
当時、誰もが驚愕した活き活きと動く敵キャラ、次々と出てくる大量の敵を倒しながら進む爽快感と、難しいけど頑張ればどうにかなる絶妙なレベル調整は見事だ。

情報元
バーチャルコンソール「メガドライブ」の公式サイトがオープン無数の月さん)

バーチャルコンソール・メガドライブ公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月24日 (水)

ギャルゲー (ゲーマー用語解説)

恋愛シミュレーションゲーム、美少女ゲーム等の総称。
略称とは裏腹に、いわゆるギャルが登場する事は少ない。
ニンテンドウ64以降の任天堂機とは、あまり縁の無いゲームである。


物語の設定として、主人公は一人暮らし、或いは親が一時的に出張中等の場合が多い。
ゲームの目的は、各美少女との会話やイベント時に表示される特別な「絵」を集める事である場合が殆どだ。
ゲームの絵は基本的に「CG(コンピュータグラフィック)」なのに、ギャルゲーのそれは「CG(シージー)」という呼称で特別扱いされる。
大半は「幼馴染」「お姉さん」「妹」等のタイプがバランス良く登場し、いわゆるヒロインは難易度が極端に高いか低い傾向がある。
また、「初回限定」や「予約限定」などの特別扱い版が同時にリリースされるのも特徴の一つ。
この特別扱い版の入手難易度は、都会と地方で随分と差があったようだが、通販の発達で平等になってきたようだ。
また、ギャルゲーを店で買うのに恥ずかしさを感じる人にも通販は非常に有効である。
但し、自宅に届いたのを親が開封した場合は逆効果である。
従って、配達日時を指定して、その時間には必ず自宅にいるようにする人が多い。

「CG全部集めたぜ!」等と言っている人は、ゲームではかなりのプレイボーイである。
ちなみに、ゲームのプレイボーイ度と現実のプレイボーイ度は反比例する傾向が極めて強いのも特徴である。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

エキサイトトラック、レポート!

トラックに乗ってオフロードをアホなノリ?で爆走する、エキサイトトラックを買いました!
Photo_15
・どんなゲーム?
トラックに乗ってオフロードを走るレースゲームです。
独特なのが、競うのは順位ではなく、レース中のパフォーマンス(スタント)でポイントを取得し、そのポイント数を競う点です。
もちろん順位もポイントになるので、順位も大切です。
各コースにノルマポイントがあり、ノルマ達成でクリアとなります。
なので、1位で失格にもなるし、ビリでも合格という事があるのです。
ただし制限時間もあるので、ウロついてポイントを稼ぐ事はあまり出来ません。
とにかく爽快感を追求したようで、そのハイスピードぶりと、それを盛り上げるシンプルながら効果的な演出とロックな音楽がウリのゲームです。

07012320351rx31_1

↑最初に出る指示。

書いてるうち、なが~くなってしまったので、「続きを読む」でどうぞ!

続きを読む "エキサイトトラック、レポート!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月22日 (月)

Wiiスポーツでダイエットは可能?

米ペンシルベニア州フィラデルフィア在住の男性が、Wiiスポーツでダイエットが可能と実証したという話。
男性は食生活を変えず、毎日30分『Wiiスポーツ』で遊んだら6週間で4キロの減量に成功したそうな。
男性はボクシング等をした際、息切れをして汗をかいたので今回の実験を思いついたという。

↑YouTubeに動画まであった。本当にやった説得力ある動画だ・・・
そりゃ今までより動くようにしたんだから痩せても不思議じゃないでしょ!と突っ込みたくもなるが、ゲームでダイエット効果というのは確かにWiiならではだろうなぁ。
これまでも体を動かすゲームはあったけど、米国ではWiiスポーツは本体に同梱なので、そんなイメージが定着するのも面白いかも。

日本ではDS=脳を鍛えるというイメージが強いので、DSは頭脳・Wiiは運動という位置づけになるのも悪くないかも。
開発中らしいヘルスパックも、そんな狙いがあるのかもしれない。

ところで、この話はヤフーのトップページに載ってるのを見て知ったんですが、どこかの研究機関ではなく、あくまで個人の実験であり、トップページに載せるほどの話ではないと思うんだけど・・・
余談だが、動画の最初に一瞬出てくるWiiリモコンカバー?がカッコイイ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

社長を作ってみた (今週の一枚)

Photo_10
某映像を参考にしたという噂

Mii作成をプロが教える!(12/18)

そ、そんな・・・(先週の一枚)

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

今週を愚痴る 1/14~1/20

知ってる人は知っている、「100万台作りました」を「100万台売れました」かのように発表する様に呆れた週だったが、とにかく重い話が飛び込んできて、そんな事はどうでもよくなった週でもあった・・・

別件で電気店等をまわったときにゲーム売り場も覗き込んでいるが、やはりWiiは売り切れが殆どだ。
Wiiが好調なのは嬉しいが、ソフトではサードに元気がない。
持ってる中でしか言えないが、エレビッツやカドゥケウス等の作り込まれた意欲作が消えていくのはとても悲しい。
Wii本体が普及し、N64の007のように口コミで広がって再販とかになったらいいなと思う。
カドゥケウスのススメ

子供の為にゲーム機を・・・28歳女性死亡
   心からご冥福を祈ります。
Wiiスポーツをより楽しく、そして危険に・・・
   考え直してみたけど、やっぱり危ない
インターネットチャンネルにご意見!
   正式版リリースの前に是非!
エキサイトトラック、紹介・体験映像とCM公開
   内容がキチンと伝わればいいけど・・・
メンテナンスで止まります
   ご迷惑おかけしました

今週の一枚
そ、そんな・・・
   タイミング悪すぎ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

子供の為にゲーム機を・・・28歳女性死亡

米カリフォルニア州でラジオ局が開催した水の大飲み大会に出場した28歳女性が、大会終了後に水中毒で死亡しました。
この大会、優勝賞品がWiiでした。
女性は、5時間で約8リットルの水を飲み、ギブアップして結果は2位。
3人の子供の為にゲーム機が欲しいと話していたそうです。
主催者側は「気分が悪くなったらやめるように伝えていた。とても驚いているし残念。警察には協力する」と話しているそうです。
大会運営に問題がなかったか等、警察が捜査に乗り出す。

安定供給ができない任天堂が悪いという意見もあるし、人体に危険な大会を催した主催者が悪いという意見もあるし、無理をした女性が悪いという意見もある。
安定供給がされていたとしても、欲しいと思えば参加する人はいるだろうし、いくら気分が悪くなったらやめるよう伝えても、気分が悪くなってからでは遅いのだ。
愛する子供の為にと必死になった親が無理をする事など容易に想像できた筈だ。

それに、このような催しは今回のような危険を予見して制限をかけるべきではないか?
結果が出た後なのでいくらでも叩けるとはいえ、こんな危険な催しはやめるべきだ。

少し前の話だし、内容も内容なので記事にしようか随分悩んだが、書くことにした。
たかがゲーム機の為に死ぬなんてねぇ・・・と、罵る話を聞いたからだ。
これはゲーム機の為に云々の話ではないだろう。
女性は一人の母親として、子供の為に必死になっただけだ。

自分の為に必死になった母親を失った子供達や、残された家族の気持ちは察するに余りある。
心からご冥福をお祈りします。

日刊スポーツの記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

Wiiスポーツをより楽しく! そして危険に・・・

Photo_6
↑周辺機器メーカーのミヤビックスからこんなのが発売されるそうな。
Wiiスポーツをより楽しく本格的に楽しもう!といった趣旨の商品なのだそうで。
オイラの感想は一言で言える。

危ねぇちゅうの!

確かに雰囲気は味わえそうだが、一人プレイ時はもちろん、複数プレイの際は普通に危険そうだ。
しかも受光部が覆われるので、ポインター機能を使うには受光部が出るように半分取り外す必要があるそうだ。
Wiiスポーツは項目をポイントして設定をするので、普通に不便になりそうだ。
更に、固定の関係でリモコンにキズが付くそうな。
面白そうで買ったとしても、脱着が面倒になってテニスラケットのまま野球したりする様が想像できる。
当然、任天堂ライセンス商品ではない。
これを装着してすっぽ抜けたら、それこそストラップが切れそうだ・・・

詳細が書いてます

情報元
『Wii Sports』をもっと楽しもう「スポーツバック for Wii」が国内発売Nintendo iNSIDEさん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

メンテナンスで止まります

1月16日(火)15:00~1月17日15:00の約24時間、当ブログのココログがメンテナンスに入るので、コメントとトラックバックが受け付けられない状態になります。
また、スパムトラックバック等にも対処出来ない状態になります。
ご不便をおかけしますが、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットチャンネルにご意見!

どのゲームを何分遊んだか?というのをWiiは自動的に記録する仕組みになっている。その一部を削除するような事は出来ない。
これは、子供がどれだけゲームを遊んだか把握できるようにする事で、親にも敵視されないようにという意味合いもあって組み込まれた機能だ。

同じく、インターネットの履歴も残るようにした方がいいと思う。
というのは、アダルトサイト等の有害サイトも問題なく表示してしまうからだ。
パソコンや携帯電話の普及に伴い、子供が有害サイトにアクセスして様々な事件に巻き込まれたり、不要な知識を得てしまう事は大きな社会問題になっている。


-意味ありげに電気店を歩くレポーター
「その子は、自宅でインターネットにアクセスしたのをきっかけに事件に巻き込まれました。その際、その子がインターネットをするのに使っていたのは、なんと!こちらの家庭用ゲーム機だったのです!」
Wiiが映し出される。
「任天堂が2006年に発売した新型家庭用ゲーム機・Wii。
このゲーム機、インターネットを楽しむ事ができる機能も大きなウリでしたが、有害サイトへアクセスを禁止する機能や、どのサイトにアクセスしたかを知る機能はありませんでした。また、ゲーム機からは無線で自宅の回線を用いてインターネットにアクセスする仕組みの為、携帯電話のように別料金が発生する事も無く、親に隠れて有害サイトを閲覧するには絶好の機会でもありました」

-街の人の声。
「子供が遊ぶゲーム機でそういうサイトを見れるようにするなんてねぇ」
「なんの対策も講じていなかったなんて、ちょっと非常識だねぇ。ちょっと考えればわかる事でしょ」
「え!ウチの子供にも買ってあげたんですよ!恐いわぁ。子供が何してるか不安になっちゃいますねぇ」

-なんかの専門家
「子供が普段、何気なく遊んで馴染んでいるゲーム機ですから、そのゲーム機を通す事によって有害サイトに対する罪の意識や恐怖感が取り除かれてしまうんです。更に、親がゲーム機に触る事はありませんから、子供も安心してしまうワケです。敷居が低くなったので入ってしまい、親にバレる心配がないから続けてしまうという悪循環が発生してしまうんです」
このニュースを受けて、今日の任天堂株には売り注文が殺到した。
強度不足問題や発火の恐れ等、相次ぐ不祥事~~~任天堂叩きが続く。


真面目な話なのに大袈裟に書いてみましたが、こんな事になったらおしまいだ。
またゲームが敵視されてしまう・・・
正式版のリリースを待たずに、これは即組み込むべきだと思う。
便利さには必ず弊害がついてくるものだし、便利さを削らないで完璧な対策なんて無理だろうが、対策を講じていたといないでは違うハズだ。
逆に、親の履歴を子供追ってしまう問題も生じるだろうが、伝言板のように何事もオープンにした方が抑止力になるし、Wiiのコンセプトに合うと思うので。

社長が訊くシリーズの中でも、自分宛ではないメールも読める云々の話も出てるし。

もちろん、まったく対策が施されていないワケでもない。
ペアレンタルコントロールを使って、暗証番号を入力しなければインターネットチャンネルを起動できないようにも出来るが、特定サイトへのアクセス規制や履歴保存機能がないのも事実。
また、「ペアレンタルコントロール」もわかりやすい言葉に変えた方がいいんじゃないだろううか?
意味がわからない親を尻目に、子供側が制限をかけてより安心して悪事を働く事もできるワケで(汗)

まずこんな事は起こるまいが、少しでも可能性があるならってことで・・・

インターネットチャンネルレポート
インターネットチャンネルを使ってみて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

エキサイトトラック、紹介・体験映像とCM公開

Wii.COMに『エキサイトトラック』のCMと紹介ムービー、体験映像が公開されました。

CMは、外人さんが少し大袈裟にコントローラを動かして遊ぶ様とゲーム画像を交互に写すオーソドックスなものになっている。
ハイスピードレースゲームと言えば、ゲーム画像を中心に流すと一般層には「自分には無理」と思われてしまいそうだが、今作は違う。
ゲームに不慣れな人がよくやる「コントローラを傾けて操作しようとする」が正しい方法になる(笑)
CMも「あんな風に傾けて遊ぶんです!」を強調しているような印象すら受ける。

そんな意図もあってか、『F-ZERO X』のCMはゲーム画像を中心にしなかったのか?と思えてきた。

こまーい話だが、紹介ムービーの「SDカード内の音楽をBGMに走れます」の紹介部分で、3曲目に「Japon」とある。
多分、『F-ZERO X』の64DDで追加配信された、知ってる人は知っているあの激しい三味線の曲なんじゃないかなぁ。あれは大好きだった。
バーチャルコンソールで配信する時は、64DDで追加されたコースや曲も一緒に配信されればいいなぁ・・・
更にこまーい話だが、地形が変化する「!マーク」を取った時のポーン♪という音がとても好きだ。

エキサイトトラック、レポート!(実際に買ってからのレポート)
Wii体験会レポート8、エキサイトトラック(発売前の体験会でのレポート)
エキサイトトラック、公式サイトオープン

Wii.COM、エキサイトトラックのページ(紹介映像・CM・体験映像はこちら)
エキサイトトラック公式ページ
F-ZERO X、CF紹介ページ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

そ、そんな・・・ (今週の一枚)

P1000004
※06年11月24日、Wii体験会・東京会場に向かう新幹線内で写す
(タイミングがタイミングだけに、一瞬焦った・・・)

体験会記事、ほぼ完了(体験会のレポート一覧)
ミシェル・ウィー

振り回さなくても危険(先週の一枚)

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

今週を愚痴る 1/7~1/13

年末年始商戦も落ち着いてきた今日この頃。
予想通り、各ハードの販売状況を比べる報道で各メディアは盛り上がった。
DSの爆進と、実際にWiiが好調な事もあり、大体はソニーが叩かれ任天堂がよいしょされている。
DSとPSPの時もすぐに比べられたが、据え置き側ではソニーが優勢だったので、今回のような「決着!」的な感じではなかった気がする。
↓こんなとかありました
Dsgf_1
PS3のデモ機をたまに見るが、素直に「キレイやのぅ」と思います。
アレを見ていると、やはり「目指す方向が違うんだなぁ」と思います。
まだ2ヶ月程度しか経っていないし、目指す方向が違うんだから比べてはイカンのだろうが、実際はねぇ・・・

任天堂、景気いいようです。
   株買っておけばよかったか?
Wii、国内100万台突破! と、PS3に対して
   この勢いが続けばいいなぁ
ストラップ交換願いメールがWiiに配信
   思ったより交換依頼が少ないのか?
インターネットチャンネルを使ってみて
   結構重宝してますが、もう一押し欲しい!
在庫の山?
   需要と供給のバランスが取れているのはいい事なんだが・・・

今週の一枚
振り回さなくても危険

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストラップ交換願メールがWiiに配信

1月12日、Wii本体に任天堂からストラップ無償交換案内のメールが配信されていました。
07011313021rx3
↑そのメールの一部

文章は長いが、内容として、
・極一部でストラップが切れたという報告がある
・より安心してもらう為の無償交換です
・専用コールセンターの電話番号や営業時間
・軽く振るだけで十分楽しめる
・キチンと握ってストラップは必ず付けるように
と、これまでのアナウンスを繰り返している内容です。

初期型ストラップが同梱されたWiiを識別できのかわからないが、別売のリモコンもあるので、多分全てのWiiに配信されているんではないかと。
ネットに繋いでいないWiiがあるとはいえ、この配信はもっと早くするべきだったんではないかと・・・
それとも、交換に出されるストラップが少ないので、更に広めなければならないと思ってやったのかな?

最近気が付いたんだが、オイラはWii発売日に「はじめてのWii」とリモコン単体を2つ買ったのでリモコンが4個あるのですが、本体同梱のやつ以外は強化版だった。
やはり、交換対象は初期型Wiiに同梱された物が大半(全部?)のようだ。

Wiiリモコン、リコール問題の記事発見
Wiiリモコンストラップ、公式に交換開始

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

「ファイアーエムブレム 暁の女神」発売日決定

任天堂ホームページの発売カレンダーに2月予定が掲載されました。
中でも注目株は、Wii「ファイアーエムブレム 暁の女神」が2月22日に決定した事でしょうか。
Wiiタイトルとしては他に、
2月8日・・・・・クッキングママ みんなと一緒にお料理大会
2月22日・・・・NARUTO-ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX
と、2月はWiiタイトルが3本リリースされます。

DSでは、
2月1日・・・・・・人気シリーズ「牧場物語 キミと育つ島
2月8日・・・・・・期待の新作「ルミナスアーク
2月15日・・・・職人軍団・トレジャー製作の「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌
2月15日・・・・レベルファイブ、DS第一弾「レイトン教授と不思議な町
2月22日・・・・安定した人気を保つ「シムシティDS
とかが注目作かなぁと。

任天堂サイドに、とにかく少ないと言われてきた思考系ゲームが早くもWiiに登場だ。知名度も高い。
内容が内容だし、Wii体験会でもクラシックコントローラを使ってプレイしていたので、Wiiリモコンを振り回す事は無いだろう。
当然リモコンのみの操作にも対応するだろうが、クラシックコントローラ推奨とか、ゲームキューブコントローラにも対応しそうだ。
Wiiでこういうゲームをプレイするのは、逆に新鮮かもしれない。

公式サイトのオープンが待ち遠しい。

身内話兼暗い話で申し訳ないが、FEシリーズの熱狂的ファンである弟は、前作「蒼炎の軌跡」は猛烈にお気に召さなかったらしい。
物語、音楽、会話、レベル調整、3Dバトル、その全てが気に入らなかったとかどうとか・・・
決してダメな意見が飛び交っていた作品ではなく、むしろ好評だった前作。
ただ、一部コアなファンには「世界観がFEじゃない!」というような話はチラホラ見かけた。
横から見ていて、3Dになった事で物の大きさ等が固定されてしまい、壮大性が無くなってしまったのかなぁ?なんて見ていたが、自分でプレイもしないで聞いた話や見ただけで感想を書くのは失礼なので、時間を見つけてちゃんとプレイしようと思ってます。


1月のVCソフト公開。FEを語る

任天堂サイト、発売スケジュール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

任天堂、景気がいいようです。

P1000008
帰宅して携帯を見てみると、最初にこんなのが流れてきた。
というワケで、詳細を読んでみた。

任天堂は10日、07年3月期の連結業績予想について、売上高を7400億円から9000億円に、経常利益を1700億円から2100億円に、最終利益も1000億円から1200億円に上方修正した。
年間配当は過去最高の480円とする。
これは、DSとWiiの販売が好調な為だ。
Wiiコントローラのストラップ回収と、DSアダプタの交換費用で十数億円を計上したが、これも打ち消した。
(主要部分抜粋)

難しい用語と、庶民的ではない数値が並んでいるが、要は思ってたより好調です!という事だ。
こんなのを読んでいると、宝くじがヘッポコに感じてくるから不気味だ。
(宝くじの類は買った事ないんですけど)

思えばN64時代、株の売り注文が殺到してストップがかかった事もあった。
(新聞にも大きめに載っていた)
どこかに買収されてしまうのではないか?という噂まで流れた。
(最近もマイクロソフトに買収を持ちかけられた事もあったが・・・)
ファンの中にも、セガのように割り切ってソフトメーカーになった方がいいのではないか?という意見も飛び交い始めた。
各ソフトメーカーからも見放され、ソフト不足に長い間苦しんできた。
裏を返せば、ほぼ自力で這い上がってきたんだなぁ・・・

任天堂、2007年3月期の業績予想を上方修正 売上高は9,000億円にホコタテブログさん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

Wii、国内100万台突破! と、PS3に対して

ファミ通の記事によれば、1月7日時点でWiiの国内販売台数が113万5671台となった事がわかりました。
発売約一ヶ月で100万台の大台に乗せたことになる。

うーん、ゲームキューブとは比べ物にならないハイペースで(涙)
こんな表現をすると岩田社長に怒られそうだが、対するPS3は北米出荷台数100万台を達成したと発表した。
日本では、2006年末で47万台という情報もある。
わざわざ色分けや太字にしたのは、知っている人は知っているソニー語への対策としてです。
「100万台売れました!」ではなく「100万台持っていきました!」というワケだ。
日本語とは便利なものだ。

ただ、依然消化率は高いので、人気が急にガタ落ちしたというワケでもないと思うが・・・
何より、目玉ソフトが一つも出ていない状況を考えると、もの凄いハイペースとも言える。

競争が始まって3ヶ月もしないのに決着したかのような報道には関心しないが、発売日未定のゲーム画像をCMで流すなど、「しばらく目玉ソフトはありません」を露呈している様を見ると、やはり予定より苦しいのだろう。
そもそも、初日に10万台しか用意できなかった状況を見れば、Wiiに先を越されてはならないと無理に出したのが丸見えだ。
むしろ、先行するより発売日を延ばして「PS3を見てから」と、消費者を留まらせる事がWiiへの攻撃になったんではないだろか?
価格が高いのも大きな要因だろうが、Wiiに負けている状態で、しかも発売して間もなくの更なる値下げは、苦しい状況を余計にさらけ出しマスコミの攻撃対象になるだろう。
N64とゲームキューブが、この苦しみを味わってきた。

もし、更なる値下げに賭けるのであれば、年末商戦やビックタイトルと同時しかあるまい。
但し、仮に1万円下げたとしても、まだWiiより約15000円高い事と、年末(多分)にはドラクエ9とスマブラXが控えている事を忘れてはいけない。

ドラクエ9、DSにこんにちは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

インターネットチャンネルを使ってみて

メールは基本的に携帯電話でしている為、あまりパソコンのメールは見なくなった。
そんで、久しぶりに受信してみると、クラブニンテンドーから2通のメールが。
新しい方は、2006年度プラチナ会員の特典を選ぶ手続きをとって下さいというものだ。
もうオリジナル蓋に決めてるので、早くやっておかねば・・・
参考:限定チンクルか、オリジナル蓋か

そして、古い方はインターネットチャンネルをダウンロードした人を対象に送られていて、そのアンケートを1月8日までやってるんでご協力よろしく!というものだ。
締め切り昨日じゃん・・・
メールが送られてきたのは12月23日。長いこと、受信してませんでしたなぁ・・・
ご意見を送りたかった・・・
だけど、もう送れないのでインターネットチャンネル開始日にレポートを掲載しましたが、しばらく使ってみてレポート2として書いてみたいと思います。
参考:インターネットチャンネルレポート!(写真多数)


とにかく追加してくれ!と思うのは、ブックマークのフォルダ作成だ。
何十個も登録しているワケではないが、増えてくるとツライ。
また、登録したサイトの画像が保存・表示されるせいか、ブックマークを表示しきるまで時間がかかる。
ある程度表示し終わるまで操作もできないので、非常にストレスを感じる。
わかり易さという意味では良いが、慣れている人には待ち時間でしかないので、表示の有無を選択できるようにして欲しいものだ。

基本的に、拡大縮小は「通常」と「拡大」の2段階しかない。
画像が主なサイトならまだいいが、文字が主のサイトなら拡大しても見辛い事が多々あるし、拡大すると読む部分や画像・動画の一部が切れてしまう事もある。
拡大縮小をアナログにするか、少なくとも段階を細かくしてもらいたい。

マルチウインドウに対応してもらいたい。
ページは一つしか開けないので、サイトを見比べたりという事はできない。
そんな10個も開けなくていいので、例えば3個開けるようになるだけでグッとよくなるハズだ。

あと、絶対に、そして即刻追加するべきと思う機能があるんですけど、長くなるので今日はココで一回締めようと思います。次回、書いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

在庫の山?

地域によって差が大きいらしいが、現在はDS・Wii・PS3と3機種が品薄状態という今までに例の無い異常事態が起こっている。
これまでは、あっても1機種か2機種だったと思う。
転売もこの異常事態を助長しているが、数量・価格共に落ち着いてきた感がある。
業界が盛り上がっているとも言えるので、決して悪い事ではないんだろうが・・・

最近、PS3に対し「アッチコッチで売れ残り」「在庫の山」「Wii圧勝は確実」等と報じているサイトを見る。
こうも「どこにも無い」が続いていると、何台か店頭に並んでいるのを見ただけで叩かれてしまう。
DSの品薄が解消される前に、更に二つも品薄商品が発売されたもんだから「最初に品薄が解消されるのは?」に注目がいった結果だろう。
店で買えない状況というのは消費者には迷惑なだけで、買える方がいいに決まってる。
恐らく、Wiiの品薄が最初に解消されていたら、Wiiが叩かれていたに違いない。
品薄は大人気の裏返しでもあり、ある意味「最高のプロモーション」とも言える。
しかし、店で普通に買えるのが叩かれる事こそが異常事態と言えないだろか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

振り回さなくても危険 (今週の一枚)

D1000284_1
※自宅にて写す

DS購入者限定ストラップ(先週の一枚)

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

今週を愚痴る 12/31~1/6

ノロウイルスの類似品?にかかって腹痛だったのと、年末年始で忙しかったので更新が少なかった・・・反省。
お年玉片手に、DSやらWiiを買っていた子供を何回か見かけた。
都会はわからないが、Wiiは「どこにも無い」から「品薄」になったような気がする。
ただ、DSは「どこにも無い」が続いているような感じがする。
通販で見かけるけど、小学生が通販を使うワケもなく・・・

2007年、始まりました!
   新年早々、グチからスタート・・・
エキサイトトラック、公式サイトオープン
   ハイスピードトラックゲーム、公式サイトオープン
レア社の看板クリエイター退社
   クリエイター事情まで情報がいくようになったもんだ・・・

■タイトルバーの一言コメント集のカテゴリー「一言愚痴集」追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

レア社の看板クリエイター退社

N64で「ゴールデンアイ」「ブラストドーザー」「ディディーコングレーシング」等、数々の名作を作り出した元任天堂セカンドパーティのレア社の看板クリエイター、スタンパー兄弟が退社していた事がわかりました。
Photo_11

←このマークの会社でやんす


特に、「ゴールデンアイ」はN64最高傑作と称える人は少なくない。
オイラもその一人。
プレイ時間は記録されないが、かれこれ1000時間は遊んだと思う・・・
「元任天堂」のあたりは、また別の機会に語ろうと思う。

二人については、新しい機会を求めて退社したというのが表向きの話で、本当は売上不振続きの責任を取らされたという噂もある。
相当の実力を持っている方々だと思うので、その後どこかからオファーが来てるんでないかなぁと思うが。
間接的でもいいので、任天堂ハードに復帰してくれないかと願う・・・

しかし、クリエイターの名前まで覚えだしたんだから、マニア化したんだなぁとも思う。
ちなみに、「MOTHER2」スタッフのプログラマー覧に「いわたさとる」とある(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

エキサイトトラック、公式サイトオープン

猛スピードのトラックでオフロードを爆走するレースゲーム、エキサイトトラックの公式サイトがオープンしました。
数日前の話ですけど・・・

レース中にジャンプや敵車破壊等のパフォーマンスをして「星(ポイント)」を入手しながら、更に良い順位でゴールしなければいけません。
順位によって貰えるポイントが違い、最終的にコースのノルマを達成するのが目的になります。
ノッた時のスピード感と爽快感はエフゼロ並か、それ以上です。
Wii体験会で遊んできたソフトの中で、オイラが一番衝撃を受けたソフトです。
Wii体験会レポート8・エキサイトトラック(プレイした感想や内容を少し細かく)

ちなみに、MP3データの入ったSDカードをWiiに差し込めば、レース中のBGMとして使えるというおまけ機能付きだ!
こういう連動も面白い!
データがあるなら、マリオカートやエフゼロのBGMで走る事もできるワケだ。
好きな歌をバックに走る事もできる。
きみのためなら死ねるCDをバックに走れば、雰囲気ぶち壊しだ。

エキサイトトラック、レポート!(実際に買ってからのレポート)
Wii体験会レポート8、エキサイトトラック(発売前の体験会でのレポート)

エキサイトトラック公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

2007年、始まりました!

いきなり私事ですが、流行っているらしいウイルス性の腹痛で、大型病院の救急外来に行って2006年は幕を下ろし、2007年も同じ腹痛で幕を開けました(汗)
寝てても痛さは変わらないので、ブログ書いたりゲームしたりしてますが・・・
あ、ノロウイルスじゃないですよ。念の為


携帯市場は、DSが1000万台の大台を超えても爆進が止まらず、ライバルのPSPは移植作が主な事もあり、携帯側の勝負はもはや決着したと言っても過言ではないと思います。(X-BOX360と連動する携帯機と、PSP後続機のウワサがチラついてますが・・・)
ですが、WiiがDS同様に任天堂製のソフトしか売れない状況になってしまっては、事実上「勝ち」が決定したDSと違い苦戦を強いられると思います。

今年は、Wiiにとって勝負の年になるでしょう。
よほどの事がない限り、Wiiの今後は今年で決まると思います。


据え置き側の競争は始まったばかり。
いくら方向性が違うとは言え、消費者が出すお金には限りがあるのですから、事実上は競合しないワケがない。
とあるネット調査で、PS3を買わないのは「高いから」「欲しいソフトがまだない」という理由が圧倒的に多かった。
どちらも時間が経てば解決する問題であり、1年後にはPS3の方が売れているだろう説を唱える人は多い。
実際、PS3のメインとも言える「大作ソフト」「有名シリーズ」の多数は今年に発売される。
逆に、Wiiは「大作ソフト」「有名シリーズ」に乏しい。
今のところゼルダの伝説がそれに当たると思いますが、今のWii人気は「リモコンによる新しさ」「自分にもできそうだという敷居の低さ」であり、「あのソフトが出るから」という理由でWiiを買っている人は少ない。
「ゲーム人口の拡大」が目標なワケで、それこそが方向性の違いと言えるかもしれませんが。

Wiiが大ヒットし、「世間のゲームに対する空気が変わった年」なんて言われる年になればいいなぁ!

続きを読む "2007年、始まりました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »