« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

3/25~3/31を愚痴る

 マリオとソニックがいよいよ共演となるのが発表された。スマブラDXに出演予定だったのは有名な話だが、かつて敵同士だった任天堂とセガの看板キャラが共演する・・・時代も変わったもんだなんて思ったり。ソニックチームがGCに力を入れてくれていたのもあり、いつかはと思っていた。
 発売は2007年を目指すということから、恐らく年末商戦だろうと思う。多分、『スマブラX』も年末商戦に投入されると思う。元々、年末商戦では鬼のような力を見せ付ける任天堂だけに期待がかかる。他、DVD再生機能付きのWii上位機種や、ドラクエ9も多分年末。忙しい年末年始になりそうだ。多分ですよ?

 ソニックチームと言えば、オンラインゲームを広く普及させるきっかけになった名作『PSO』のDCとGC版のサービスが本日付で終了となるサービス終了まで、24時間を切った。これを書いている現在も、数百人がプレイ中。最後の冒険だ。
 ネットワーク接続に関する致命的バグにより、ソフト無償交換という前代未聞に失態を起こしたが、なんとか黒字経営だったという話をチラッと見た。ソフトを買うのに数千円、遊ぶのに更にお金がかかるという、一般ユーザーからは理解できない内容かもしれないが、毎回違うセリフを言う仲間、毎回何か新しい経験があったり、1対∞のコミニティの実現は、ゲーム業界に一石を投じたのは間違いない。
 その後、数え切れない程のオンラインゲームが主にパソコンで発表・発売された。ソフトが無料でダウンロードできるものも多く、その割安感は据え置き機では難しかった。だが、その高いアクション性と大迫力の戦闘、敷居の低さ、何より友達のつくりやすさとコミニティの楽しさは後続の追随を許さなかった。

 今年度も今日で終わりだ。どこからかWii・PS3販売状況のまとめが出るだろう。両社同じく600万台の目標を出していたので、余計に比べられるだろう。
 Wiiは販売台数600万台を達成できただろうか?正直、オイラも厳しいんでないかと思っていた。各サイトも、Wiiが先行するかもしれないが、600万はどうだろ?という感じだった。だけど、達成か、かなり近い値でないかと思う。
 恐らく、何かしらの形で公式発表があると思う。その発表内容は各ソフトメーカーの大きな判断基準になるだろう。新機種発売数ヵ月後は穴が空きがちの時期。実は、今が正念場なのかもしれない。何かしら大きな発表や新ソフトの発表等を期待したい。

■プレビュー
エレビッツ、ロングプレビュー!
 長くなりましたが、雰囲気を感じて頂ければ幸いです。
 
■今週の記事
『ショッピングチャンネル』開発裏話公開!
 全マスを埋めてみたいなぁ・・・
マリオとソニック、いよいよ共演!
 長年のライバル、いよいよ共演!(競演!)
ペーパーマリオ公式サイトオープン!
 GCのソフトという気持ちでプレイするつもりです
カプコンファンが署名運動を展開
 任天堂ファンも似たような事をした過去もある・・・

■今週の一枚
価格設定に疑問・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

『ショッピングチャンネル』開発裏話公開!

 Wii.comにて、開発スタッフが語る『Wiiショッピングチャンネル』の話が掲載されました。

 バーチャルコンソール等のソフトをダウンロードする為のチャンネルで、機能だけの地味な印象がありますが、開発には色々と苦労があったそうです。特に、各国の法律や税の問題が大きな壁だったとか。また、各国のレーティングの基準が多種多様で、画面を煩雑にしたくないという考えから、デザインにはかなり苦労したということ。

 今回でも語られていますが、任天堂が始めて挑戦するダウンロード販売。Wiiを介すことで、オンライン販売独特の恐怖感や不安感が取り除かれているのは、言われてみれば見事かなぁと。
 ダウンロード中のアニメーションは6種類あり、マリオとルイージが泳いでコインを取っていくバージョンは超レアなんだとか。オイラは9個のソフト+チャンネルをダウンロードしましたが、一回も見たことがありません。
 他、基本的に1%ダウンロードでコイン1枚になっていることや、ファイアーマリオのときはAボタンでファイアを投げれたり、音楽は『どうぶつの森』のとたけけのモデルとして有名な戸高さんが担当していることなどが語られています。

 48マス全てが埋まっている動画もある。ちなみに、無料のチャンネルを全て入れているとすると8マス埋まっているハズ。全48-8で残り40マス。全て500円ソフトでも20,000円かかる。800円ソフトなら32,000円!
 
 いつか「全て埋まりました!」みたいな記事を書いてみたいものだ。
 ただ、容量が足りるか心配・・・X-BOX360の上位機種が公式発表されたが、年末(?)に出るDVD再生機能付きのWiiは、上位機種として容量が増えたりとかもあるかも?

■関連記事
『インターネットチャンネル』正式版詳細公開!
『写真チャンネル』開発裏話公開!裏技も!
『みんなで投票チャンネル』開発裏話公開!
『お天気チャンネル』開発裏話公開!
ニュースチャンネル、開発裏話公開!

■関連リンク
開発スタッフが語る『Wiiショッピングチャンネル』の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

エレビッツ、ロングプレビュー!

 コナミからWiiと同時発売された『エレビッツ』。売上はあまり振るいませんでしたが、日本ゲーム大賞2006・フュチャー部門受賞など、高い評価を得た作品です。
Photo_58
オイラも買ったのですが、正直、最初は「うーん・・・」という感じでした。だけど、ある程度慣れたら化けた。
というワケで、今更ながら、プレビューを書いてみました。

続きを読むでどうぞ! (当ブログ史上、最長の記事となりました・・・)

続きを読む "エレビッツ、ロングプレビュー!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

マリオとソニック、いよいよ共演!

 任天堂とセガは、『マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮)』の製作・販売で協力することを発表しました!
要は、マリオとソニックが共演するゲームを一緒に創っちゃうぜい!ということだ。
 対応機種はWiiとDS。それぞれにソフトを発売して連動するものなのか、Wii用だがDSで操作するとかいう詳細は書かれていない。

 タイトル通り、マリオとソニックが北京オリンピック会場さながらの雰囲気の中で競技を楽しむというもの。マリオとソニックだけでなくルイージ、ナックルズ、ヨッシー、テイルス達も登場!2007年内の発売を目指すとしています。ニュースリリースにはイメージロゴだけが掲載され、ゲーム画面などは公開されていない。

 乱暴な言い方だが、マリオシリーズとソニックシリーズオールスターによるWiiスポーツの種目が増えた版といったところか?「マリオ×ソニック×北京オリンピック」という組み合わせには違和感を感じるのはオイラだけだろうか?ただ「Wiiとスポーツ」の組み合わせは大賛成!『ヘルスパック』と合わせ、今年は運動ゲームで攻めるのだろうか?
 ところで、開発は主にどっちがするのだろう?大半こういうのは片方が主に開発し、片方が監修とかが多いが・・・
 いよいよ長年敵同士だった二人が共演となる!何度か噂はあったが、いよいよ初共演だ!・・・と思ったが、こうなると『スマブラX』が気になる。『スマブラDX』にソニックが出演予定だったのは知る人ぞ知る話だが、ますますスマブラXへの出演可能性は増えたと見ていいだろうか?

 オリンピックと名づけるからには、必殺技とかはなしに、純粋なスポーツゲームとなると思う。キャラごとの性能差くらいはありそうだけど。
 こうなると、どういう操作方法なのかが一番の焦点。「WiiとDSの斬新なコントロール・システム」とはどういう意味なのかによってまったく違ってくる。オリンピックと言って、連射ゲームにされては困るワケで(汗)
 基本はWii用のソフトで、DSもコントローラとしても使うというなら、「Wiiを買う人の大半はDSを持っているだろうという前提でゲームを作れる」とバンナムの人が言っていたメリットを活かしたゲームとなるだろう。

 とにもかくにも感慨深い。数年前ではありえなかった組み合わせ。敵同士と言えど、殴り合う事も許されなかったのだから(笑)
 ただ、オリンピック競技なら、ソニックの方が強そうだなぁ・・・特に走る関係は(笑)

■関連リンク
任天堂ニュースリリース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

ペーパーマリオ公式サイトオープン!

 Wii『スーパーペーパーマリオ』の公式サイトがオープンしました。4月19日発売、5,800円!

 サイトでは、キャラの簡単な紹介や物語、ゲームの紹介動画が公開されています。正直、ノーチェックだっんですが、かなり惹かれだしている・・・
 動画ではスターを取って無敵になる演出も見る事ができる。巨大な昔のドット絵になるという演出だ。このドット絵を知らない子がプレイするんだろうなぁとか、20年以上前のキャラがまだ生きてるんだなぁとか、感慨深くなるのはオイラだけだろうか?

 本家(?)のアクションではないが、いよいよマリオがWiiデビューとなる。ご存知の通り、元はGC用のソフトだった。
 Wii用にされた理由は、リモコンを使いたかったワケでも、Wiiのスペックを欲したワケでもなかろう・・・実際、リモコンを横に持ちファミコンスタイル(?)でプレイするし、特にグラフィックをチューニングしたワケでもなさそうだ。
 本当はGCのソフトなんだ!なんて再び考え込んでしまった。別にWiiになった事に不満はないが、GCの思い入れが結構強いもんで、こんな考えになってしまっている。その後、日本のゲームなのに米国が先に発売するのよね・・・と考え込んでしまったり(汗)
 あと『タルコンガレース(正式名覚えてない)』があったが、近いうちWii用として正式に発表されるだろうか?

■関連記事
ペーパーマリオ、米国では4月9日発売!

■関連リンク
『スーパーペーパーマリオ』公式サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

カプコンファンが署名運動を展開

 PS3独占供給をやめ、マルチ展開が公式に発表されたカプコンの『デビル メイ クライ4』ですが、海外のファンが署名活動を行っているそうです。
 概要は「PS3に独占供給って言ったじゃないか!もうお前みたいな嘘つきメーカーのソフトはもう買わないぞ!」というもの。集まった数が5000を超えているというから驚きだ。本作はPS3に独占供給すると公式発表されていた作品。

 独占供給と言えば、バイオハザードシリーズはGCに独占供給します!という発表が思い出される。確か、GCの発売前日だった気がしたが。理由として、各ハードに続編を出してきたが、ファンから続編の度にハードを買わなきゃいけないのは大変だ!という意見があり、最もだと思ったからというもの。
 任天堂は子供向けというイメージが強かったのと、PS2には多分追いつけまいという空気の中での発表だった為、結構な激震が走ったものだ。結局、バイオ1・バイオ0は独占供給となったが、バイオ4からはマルチ展開になった。任天堂から並々ならぬ協力があったお陰であのグラフィックが実現できたという話もあった為か、任天堂ファンサイトは結構荒れた・・・無論、マルチ展開に切り替わったのは、思ったより売れなかったからに尽きるだろうが・・・
 ただ、かなり遅れて発売されたPS2版に特に大きな追加要素を盛り込まなかったのは、スペックの違いによる開発の難航は勿論だが、任天堂への配慮という説も強かった。

 理由はどうあれ、同じ失態を2度も、しかも看板作品でやってしまった。カプコンは、次に何かを独占供給だと発表するなら、各方面からネタにされるのを覚悟しなければいけないだろうなぁ・・・

 ちなみに、任天堂ファンも任天堂を相手に署名活動を行った事がある。オイラも参加した一人である。
 わかる人には「赤と黒」と言えば通じる出来事ですが、「赤と黒革命」「赤と黒事件」等と命名しているサイトもある。当時を知るファンの間では、死語中の死語であったり厳禁ワードになっている。いつか、このサイトで語る日がくるかもしれない・・・多分

 なお、この署名活動によって任天堂は動いた。もちろん「署名にお応えして」等と言わなかったが、どう考えてもあの活動で動いた。参加した人は、きっと皆そう信じている。

 そんな過去もあってか、カプコンに恨みもないし参加もしないが、この署名活動を応援したい気分のオイラである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

価格設定に疑問・・・ (今週の一枚)

1_1
※同日・某リサイクルショップ店内で撮影

加工前の写真はこちら
D1000296_16 D1000298_8

■先週の一枚
時代の流れっすよねぇ・・・その2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

3/18~3/24を愚痴る

 『インターネットチャンネル』正式版の詳細が公表された。「多人数でインターネットを」「誰でも気軽に」という今までにない可能性を秘めているので、PCに対抗しようというよりも、Wii独自のメリットを活かしたチューニングを期待したい。

 PS3のキラータイトルの一つ『デビル メイ クライ4』がマルチプラットフォームになることが公式に発表された。360の状況からして日本での影響は少なそうだけど、世界的に見ると大きな出来事だ。本作だけの影響ならまだしも、業界全体へのマルチ展開を誘発しかねない(悪い事ではないが)。
任天堂とは直接関係ないけど、マルチ展開が増えた場合、Wiiのソフト不足に繋がりなねない。『コールオブデューティー』のように、Wiiと360orPS3の組み合わせは実に稀だ。それとも、Wiiの勢いが続けば、この組み合わせも珍しくなくなるのだろうか?年度末の売上台数公式発表も大きな判断材料にされるだろうなぁ。
 ちなみに、ヨーロッパでPS3の販売が始まった。425ポンド(約9万8500円)という素敵な値段がどう影響するだろうか?(Wiiは180ポンド、360ベーシックが200ポンド)

■今週の記事
『インターネットチャンネル』正式版詳細公開!
 ネットブラウザと言えど、Wiiならではを前面に押し出して欲しい
Wii・DS、米国でも引き続き好調!
 日本のようにWiiとDSが大ヒット中なのは嬉しいが、やはり日本とは勢力図が違うようだ
たった数分が面倒になりましたね
 日本人ってせっかちですから・・・
カプコン、Wii用『宝島Z(仮称)』発表!
 あまり絵が好きでないけど、ゼルダとは一味違ったWiiならではの謎解きに期待!

■今週の一枚
時代の流れっすよねぇ・・・その2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

『インターネットチャンネル』正式版詳細公開!

Wii.comで『インターネットチャンネル』の開発裏話が掲載されました。
今回は開発裏話の他に、インターネットチャンネル正式版の機能等について語られています!

正式版での追加や修正事項
起動時間と「お気に入り」表示時間を大幅に短縮
 こいつが一番ありがたい。起動時間は5秒以上短縮されるということ。
最も要望が多かったということだそうな。これで、簡単なチェック程度ならWiiにまかせられるかな?
スタートページとツールバーに「検索ボタン」を追加。
 恐らく、DSブラウザと同じく、ヤフー等の検索エンジンを使うものだと思われる。
DSブラウザでも任意のエンジンが指定できたので、gooとかの方がいいかも?
操作はできないが、2P以降もカーソルを表示するようにした。
 「ココをクリックしてぇ~!」というような会話を促す目的なそうな。
もともと「リビングでみんなでインターネット」がコンセプトなので、これは正解!
直接指差した方が早そうだという突っ込みをしてはいけない・・・
ズームは多段階式も採用。文字は拡大縮小してもにじまない方式を採用。
 こいつもありがたい。お試し版では「通常」と「拡大」しかなく、画像や動画が中途半端に拡大されたりする事が多かった。
これで、見たい部分を任意の倍率で見れるようになるだろう。
Bボタンを押しながらのスクロールにガイドを表示してわかりやすく、かつ高速スクロールも可能に。
 どちらの方向にどれくらいスクロールさせているかを常に表示するようにした。これは操作に慣れていない人への配慮ということだが、慣れている人にとっては、高速スクロールに対応してくれた事の方が嬉しいだろう。
大きいページの閲覧は、普通に時間がかかってしまったし・・・
●当然、オープニングも変更。
●ツールバーを消せる機能を搭載。
●表示できなかったページのいくつかを閲覧可能に修正。例:mixiの閲覧に対応。
●ハードウェアキーボードへの対応は将来的には考える(消極的な印象があったりなかったり・・・)
3月末リリース予定を4月中に延期(涙)

 色々と修正していくうちに延期になってしまったそうな。内容が期待以上だったのもあり、残念。
 起動時間とお気に入り表示時間の短縮要望が多かったのは最もだ。パソコンと比べれば圧倒的に早いし、色々と事情もあるだろうが、お世辞にも「瞬時に起動」とは言えなかった。5秒以上短縮なら、「瞬時に起動」と言えるレベルになるのではないだろうか?
 見れなかったページのいくつかを修正したというのも気になる。ただ、形式の関係もあり、今まで見れなかった動画が見れるようになるのは期待しない方がいいかも。

『インターネットチャンネル』について開発者が色々と語っているワケだが、正式版の紹介記事になってしまった(汗)

■関連記事(お世話になっております)
Wii「インターネットチャンネル」正式版の配信が4月に延期ホコタテブログさん)
「開発スタッフが語る『インターネットチャンネル』の話。」公開ゲームの闇鍋さん)
Wiiの「インターネットチャンネル」正式版が延期・・・だけど出来は期待出来そう無数の月さん)

■関連記事(当サイト内)
インターネットチャンネル、レポート!
インターネットチャンネルを使ってみて
インターネットチャンネルにご意見!
『写真チャンネル』開発裏話公開!裏技も!
『みんなで投票チャンネル』開発裏話公開!
『お天気チャンネル』開発裏話公開!
ニュースチャンネル、開発裏話公開!

■関連リンク
開発スタッフが語る『インターネットチャンネル』の話。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月21日 (水)

Wii・DS、米国でも引き続き好調!

米国の調査会社が2月の各ハードの売上を発表しました。
1月に引き続き、NDSとWiiが好調です。

Photo_57
 携帯機・据え置き機共に任天堂ハードがトップに立っている。当初は苦戦気味だったDSも、日本並の勢いのようだ。

 日本では360に対して「先行のメリットをまったく活かせていない」「一日でWiiに抜かれた」等と叩かれているが、世界的に見るとそんな事はない。米国では「360があるからPS3は別に・・・」という意見が多いのを考えると、先行発売はPS3に対して物凄い攻撃になっている。プレイヤーが360のグラフィックに慣れてしまった為、PS3への衝撃を掻き消してしまったのも大きそうだ。また、いわゆる「様子見」的なソフトではなく、キチンと作り込まれたソフトが揃ってきたのも大きいだろう。ただ、PSのブランド力は絶大だし、大作・有名ソフトはこれから登場する。猛追がかかるのは間違いあるまい。

 間もなく今年度が終わる。形式はどうあれ、各メーカーから公式な発表がありそう。今までの情報からすると、Wiiの世界600万台達成は大丈夫そうだ(或いは極めて600万に近いだろう)。
 もちろん、油断はならない。本体の勢いはともかく、最近発売されたソフトで目立つ数値を出しているソフトはない。『ペーパーマリオ』と『やわらかあたま塾』が、この勢いを引き継いでくれるか注目だ。

■関連記事
Wii、アメリカでも好調ゲームの闇鍋さん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

たった数分が面倒になりましたね

たまには任天堂と関係ない愚痴でも・・・

 セガの看板オンラインゲーム、『ファンタシースターユニバース』のプレイヤーでもあるオイラである。
 一応説明しておくと、インターネットを介して全国からプレイヤーが集まり、敵を倒していくRPG。
戦闘人数を6人に絞ることで、数千人が同時に行き交う他のゲームでは考えられなかった高いアクション性と大迫力の戦闘が展開する。もちろん、戦闘以外では、沢山のプレイヤーが行き交う街やロビーでコミニケーションも可能。
 メインキャラの『SOS』には、98時間程をつぎ込んだ。これからもつぎ込む。
多忙の為なかなか顔を出せないでいるけど、よいチームに入る事もできた。まだまだ遊ぶ!
ワールド2で活動中なので、見かけたら声かけて下さいまし!

 そんな本作だが、セガ側の都合で個人情報の再登録が必要になる。また、場合によっては数日間まったくプレイ出来なくなる。
 支払い方法やら始めた時期やらで、様々なパターンが告知ページに記載されているが、隅々まで読む人は殆どいまい・・・お金が絡む事は面倒なものだし、性質上最初の登録は仕方ないにしても、再登録やら場合によってはしばらくプレイが出来なくなるなんぞ言語道断だと思うのはオイラだけか?
もともと、本作は開始当初からトラブルが相次ぎ、苦情が絶えなかった。
サーバーダウン、メンテ時間大幅延長、負担軽減の為の世界ぶった切り、バグ、間違った解説・・・

 思えば、ここ数年でオンラインゲームってやつは増えたもんだ。
パソコン用ゲームだと、ソフトは無料でダウンロードでき、ゲーム中のアイテム等を現金で買う「アイテム課金制」が多い。
つまり、ヘビーユーザーでない限り、圧倒的に安値で楽しむ事ができる。
従って、昔と違い、PSUを辞める理由はいくらでもある。実際、これを機に引退する人も多数いると聞く。
 GCの『PSOエピソードⅠ&Ⅱ』と『エピソードⅢ』もプレイしてきたが、それより過疎化のスピードは数倍速い。オンラインゲームのプレイ人口は面白さに直結してくるので、もう少し気合を入れて欲しいものだ。

 ただ、この手続きも数分で終わるものだろう。
たかが数分の手続きが面倒になったのだから、日本人も贅沢になったもんだなんて思ったり。
昔、ホームページを1ページ開くのに数十秒~数分かかっていたのを思い出して欲しい・・・

とか言ってるオイラも、3秒~4秒程度の読み込みで猛烈にストレスを感じる人なんだけど・・・

■関連記事
ネット速度、東は速く、西は遅く

■関連リンク
『ファンタシースターユニバース』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

カプコン、Wii用『宝島Z(仮称)』発表!

 カプコンはWii専用ソフト『宝島Z(仮称)』を発表しました!
 海賊の少年が宝島を舞台に繰り広げる冒険アドベンチャーで、Wiiリモコンを使った様々な仕掛けを解きながら進んでいくゲームということ。
 ゼルダのような印象を受けましたが、読んでいくとノコギリをリモコンで動かして木を切ったり、気になる箇所をポイントして調べたりと、まさにリモコンを使った仕掛け満載のようです。
公開された写真を見ると、どのようにリモコンを動かしたりするかを考える場面が多そうです。

 先日の『オプーナ』に続き、なんか子供向けにしてる印象があるけど、やはり任天堂機は子供向けという印象はしばらく続くのだうか?別に大人風にして欲しい気はないけど、出てくるゲームが偏っていれば購入層も偏ってくるもの。もちろん、本作は子供向けだと言ってるワケではない。あくまで、第一印象の話。
やはり当分の間、万人向けは任天堂が担当するのだろうか?なんて思ってしまう。
 ちなみに、公式ムービーの最後に主人公の絵が出るけど、少し怖いかなと・・・オイラだけだろうか?

■関連記事
カプコンからWii向けに『宝島Z(仮称)』が発表無数の月さん)
Wii「宝島Z」-カプコンの新作アドベンチャーゲームホコタテブログさん)
Wiiソフト新作情報。ヤカンテキザツキ。さん)

Wii初の本格RPG、『オプーナ』発表!

■関連リンク
『宝島Z(仮称)』公式サイト
ファミ通の記事

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月18日 (日)

時代の流れっすよねぇ・・・その2 (今週の一枚)

D1000296_4
※某リサイクルショップにて撮影。

■先週の一枚
時代の流れっすよねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

今週を愚痴る 3/11~3/17

 コーエーからWii初の本格RPG『オプーナ』が発表された事が大きな出来事だろうか?
パッと見、若干インパクトに欠けるのが正直な感想だが、ヌンチャクのみを使うという操作方法で何を感じさせてくれるのか楽しみだ。
恐らく、「Wii初のRPG」を背負うタイトルとなるだろう。その意味は、結構大きい。
 思えば、GCはいわゆる本格RPGは少なかった。『PSO』『バテンカイトス』『テイルズ』が代表だろうか。
どれも素晴らしい作品だった。『オプーナ』も、そう呼ばれるだろうか?また、GCと違い、次々と本格RPGが発表されていくだろうか?
まぁ、RPGが最も大事というワケでもないのだが。

 クラブニンテンドー2006年度プラチナ会員で「オリジナルMii電池カバー」を選んだ方は、手続きが始まりました。Miiが完成してる人はお早めに!

来週こそエレビッツのプレビューを仕上げなくては・・・

追記
 カプコンからWii用オリジナルタイトル『宝島Z(仮称)』が発表されました!
ジャンルは「新感覚思考アドベンチャー」。リモコンを様々な道具に見立てて謎を解いていくゲームらしいです。
話だけ聞くと、ゼルダのような印象を受けます。後日、キチンと記事を上げます。

■今週の記事
Wii初の本格RPG、『オプーナ』発表!
  「Wii初のRPG」を背負うタイトル緊急発表!
近藤氏の生演奏!
  永久の名曲。これ以上知れ渡っているゲーム曲は無いだろうなぁ。
『写真チャンネル』開発裏話公開!
  言われてみれば、あのレスポンスはパソコンでは難しいっすね。
明石屋さんと松岡さんMiiがやってきた!
  またまたサプライズ配信!4月29日までなんで、どうにかゲットしよう!
『ショッピングチャンネル』CM公開!
  実は利用率も知名度もが結構低いらしい・・・看板機能の一つなんだし、もっと宣伝を!
Mii刻印プレゼント、手続き方法公開
  早く手続きしたほど早く届けシステム。お早めに!

■今週の一枚
時代の流れっすよねぇ・・・

ゲームの闇鍋さんへのリンクを追加しました!
ほぼ毎日更新。情報の幅が広く、勉強させてもらってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

Wii初の本格RPG、『オプーナ』発表!

コーエーがWii初の本格RPGとなる『オプーナ』の製作発表会を行いました。
発売は2007年夏予定で、価格は7140円(税込)
Photo_56
 開発はドラクエシリーズの製作に協力してきたアルテピアッツァ。音楽は、『ファイナルファンタジーXII』を手掛けた崎元仁氏。
 また、発表会ではドラクエシリーズの生みの親である堀井氏が挨拶するサプライズも!「『ドラクエ』をずっと一緒にやってきた仲間がオリジナル作品を作るということで、早くプレイしたい」と語ったそうです。
 コーエーでは、長年『ドラクエ』や『FF』を超えるRPGを作ろうという目標を掲げていて、その為に堀井氏に誰か紹介して欲しいと頼んで今回に至ったというエピソードも語られました。
 販売目標は50万本。最終的には100万本を目指したいと語り、海外での展開も予定。

 これまで、リモコンのみを使うゲームは多々ありましたが、本作は全ての操作をヌンチャクのみで行うそうです。
 各サイトには戦闘シーンの画像も公開されていて、パッと見はオーソドックスですが、ヌンチャクを使ったシンプルながらWiiならではの遊びを提供するということ。

 『ドラクエ』『FF』を超えるRPGを作りたいという大きな目標の舞台にWiiを選んでくれたのは嬉しい話。
 スペックの関係で、やはりRPG不足に悩まされるだろうと言われていたが、早い段階で本格RPG発表となった。しかも、実績ある豪華スタッフ。発表会にはゲーム関係者だけでなく新聞社も駆けつけ、注目度も高い。
 他機種に比べてグラフィック能力がケタ違いに低く、本格RPGは苦労するだろうと各方面から言われているWiiで何を見せてくれるか楽しみだ。
 ヌンチャクのみを使うという操作方法は、「WiiならではのRPG」の一つの答えを出してくれるだろう。


■情報元
コーエーがWii向けに新作RPG『オプーナ』を発表無数の月さん)

■関連リンク
『オプーナ』公式サイト
『オプーナ』製作発表風景、公式紹介ページ
電撃オンラインの記事
ファミ通の記事

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

近藤氏の生演奏!

GDCに合わせて行われたVideo Games Liveで、マリオやゼルダの作曲家として有名な近藤浩治氏の演奏を撮影したビデオが公開されています。これは、リハーサルの風景だそうです。



 このテーマ曲は、もうゲームをした事がない方でも知っている曲ですね。
思うに、大ヒットしたゲームだからではなく、耳に残り、誰でも口ずさめる曲だからでしょうね。

近藤氏の生演奏と言えば、マリオ&ゼルダビックバンドライブが思い出されます(オイラも行きました)
 また任天堂モバイルで、氏が生演奏した楽曲も配信されています。主要3社の携帯電話で、月額210円で提供中です。
曲は結構充実していて、更新頻度もまずまずなので、興味がある方は是非!

■関連記事
Wiiコントローラのプロトタイプを公開!宮本茂氏基調講演にて
GDCにて、ゼルダはベスト脚本を受賞!

■関連リンク
任天堂モバイル、公式紹介ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

『写真チャンネル』開発裏話公開!裏技も!

『写真チャンネル』の開発裏話が掲載されました。
今回は、裏技や登場するネコの設定まで紹介している濃い内容です(笑)

●操作レスポンスには相当こだわった
●PCと違い、全パワーを一つのソフトに使えるのが救いだった
●Wiiリモコンのポイント機能を使った最初のチャンネル
●PCと違い、加工では拡大・縮小・回転等を直感的かつ同時に行えるのは大きい
●TVの機種によって端が表示されない事がある為、調整に苦労した
●動画にもモザイクがかけれて、かけると音声が変わる(十字ボタンの上下)
また、裏技として、
●「パズル」で、48ピースボタンの上で1ボタンを押しながら決定すれば192ピースで遊べる!
さらに、
●『写真チャンネル』と『ニュースチャンネル』に登場するネコは兄妹で、写真の方が妹の「ラッシー」、ニュースの方が兄の「ルンダ」。
「なんとからしいよ」が口癖なのでラッシー。
「なんとかするんだ」のルンダ。


 レスポンスにこだわったというのは納得がいく。ハイスペックパソコンでも、あのレスポンスは難しいだろう。
 加工した画像を保存できない事に関しては語られていない。
技術的には可能だと思うが、間違って元の画像を上書きしてしまわないようにという意味合いだろうか?
画像加工をここまで手軽にしたのだから、是非搭載してほしい機能と思う。上書きではなく、強制的に新しい写真として保存する仕様にすればいいと思うのだが・・・

それにしても、あのネコに名前があったとは・・・

■関連記事
『みんなで投票チャンネル』開発裏話公開!
『お天気チャンネル』開発裏話公開!
ニュースチャンネル、開発裏話公開!

■関連リンク
『写真チャンネル』開発裏話
『みんなで投票チャンネル』開発裏話
『お天気チャンネル』開発裏話
『ニュースチャンネル』開発裏話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石屋さんと松岡さんMiiがやってきた!

07031221041rx3
Wiiにまた突然メールがやって来ました。
メールだけでなく、明石屋さんまさんと松岡修造さんもやってきました。
Wiiを4月29日までにインターネットに繋いだ場合に送られてくるというワケです。

07031221041rx31
メールに添付されていた写真。
『似顔絵チャンネル』CMで二人が作っていたMiiがそのまま送られてきます。

続きを読む "明石屋さんと松岡さんMiiがやってきた!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月12日 (月)

『ショッピングチャンネル』CM公開!

数日前の話ですけど・・・『ショッピングチャンネル』のCMが公開されました!
実質、バーチャルコンソールのCMとなっています。

ネットに繋がないと使えない為、比較的知名度が低いバーチャルコンソール。
CMは、昔のゲーム・色んなハードのゲームが楽しめる事を紹介する内容です。
マリオとソニックが同じCMで紹介されているのが感慨深いです・・・
それだけでなく、「SFC・ストリートファイターⅡ」等、サードパーティのソフトも紹介しています。
Wiiの看板機能の一つなのに今までCMを流さなかったのは、やはりある程度ソフトが揃ってからじゃないと説得力に欠けるからだろうか。

細かい話だが、ナレーションで「色んなハードの~~」と言っている。
「誰からも敵視されないように」と謳ったゲーム機なのに、CMで専門用語を使うのはどうかなぁと思うのはオイラだけだろうか?
ハードが専門用語かというのも意見が分かれそうだけど・・・

■関連記事
MSXは春から、更にNEOGEOも追加決定!
ニンテンドーパワー、サービス終了へ
フルネームで言いなさい!

■関連リンク
『ショッピングチャンネル』CM、その1
『ショッピングチャンネル』CM、その2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mii刻印プレゼント、手続き方法公開

クラブニンテンドー2006年度プラチナ会員特典の一つ、「Mii刻印リモコン電池カバー」の手続き方法が公開されました。
今回の特典は選択式でしたが、お知らせは電池カバーを選んだ方々のみにお知らせされているようです(当然だけど・・・)。

 会員様のお気に入りのMiiはできましたでしょうか。
 クラブニンテンドーでは、3月15日(木)より刻印ご希望のMiiの受付を
 開始いたしますので、お気に入りのMiiが決まった会員様は、送信手順をご
 確認の上、クラブニンテンドーあてにMiiをお送りください。  

 ★Miiデータの受付期間
  2007年3月15日(木)~8月31日(金)
  ※受付後、2ヶ月以内にMiiを刻印した電池カバーをお届けいたします。
 (一部抜粋)


具体的には、
1.刻印したいMiiを作る(刻印されるのはMiiの顔と名前)
2.Mii刻印受付用のWii番号を、自分のWiiに登録する。
3.専用フォームから、自分のWii番号を登録する(クラブニンテンドーのIDとパスワード必要)
  約一週間後に返信が来る。
4.Wii伝言板を使ってMiiを送信する。
5.Mii受け取り後、2ヶ月以内に届けられる。
Photo_52
※案内ページに掲載されていた例

 受付期間は長いが、Mii受取後2ヶ月以内なので、Miiが決まっているのなら早い方がいいだろう。
ただ、2ヶ月以内なので、実際はもっと早く届く可能性も高い。
オイラは既に送るMiiが決まっているので、特に忙しくなければ15日に手続きをするつもりです。
 ちなみに、「送信後の変更には対応できない場合がある」とある。こういう場合、大半は「変更には対応できない」のが定番だと思うけど、製造前とかなら対応してくれそうだ。任天堂らしい。
だけど、基本は一発勝負!もう一度、確認や見直しをしてみるいい機会かもしれません。

■関連リンク
クラブニンテンドー

■関連記事
限定チンクルか、限定オリジナル蓋か
カレンダーが届かない・・・
Mii作成をプロが教える!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

時代の流れっすよねぇ・・・ (今週の一枚)

D1000288
※某黄色いレンタル屋の店内広告を撮影

■先週の一枚
競争率無限!

■関連リンク
『NINTENDO GAMECUBE』公式サイト

| | コメント (2)

2007年3月10日 (土)

今週を愚痴る 3/4~3/10

GDCでゼルダがベスト脚本賞を、Wiiスポーツがゲームデザイン賞とイノベーション賞を受賞しました。
任天堂サイドは大賞を逃しましたが、Wiiスポーツがイノベーション賞を受賞した価値は大きい。

宮本茂氏の基調講演では、Wiiコントローラのプロトタイプも公開された。
任天堂に限らず、ゲーム機のプロトタイプを公開するのは異例だ。
また、Miiを使った新しいチャンネルを開発中であるという発言も飛び出した。『みんなで投票チャンネル』のように突然配信して驚かせてくれるのだろうか!
そう言えば、3月末配信のインターネットチャンネル正式版の開発は順調かしら?

■今週の記事
Wiiコントローラのプロトタイプを公開!宮本茂氏基調講演にて
  すげぇ貴重な写真をありがとうございます!UFOコントローラ?もあったんですね・・・
GDCにて、ゼルダはベスト脚本を受賞!
  ゼルダ、惜しくも大賞ならず!だけど、素直に大賞受賞『ギアーズ オブ ウォー』に拍手!
『闘え応援団2』画面写真と新キャラ公開!
  見辛いけどけど画面写真と新キャラ公開!
DSソフトをセイバーに収納!
  妙に凝ってるデザインと、その発想に乾杯!
マリオハンカチがやってきた!
  実用性は十分!こぼしたの拭いたりは使わないけど(笑)
暴力ゲームと殺人は無関係。米調査
  凶悪犯がゲームやってただけで叩かれても困る!

■ゲーマー用語解説
ボム

■今週の一枚
競争率無限!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

Wiiコントローラのプロトタイプを公開!宮本茂氏基調講演にて

既出の通り、GDCにて宮本茂氏が基調講演を行いました。
Wii開発での苦労や、やはり多大なリスクを背負う事は不安だったという心境も語っています。
また、ゲーム製作への考え方や、Wiiスポーツを例に挙げ、リアルにするのではなくMiiのようなシンプルなキャラにする事により、自分でプレイしているという気分を味わう事が出来ると判断して思い切ってやってみたとも語りました。

また、Wiiコントローラのプロトタイプも公開してくれました。
Photo_47
GCコントローラを軸にしてますね。っというか、基本は変わってない?
妙な形状ですが、既に傾きセンサー等が入っていたのでしょうか?
なんとなく、N64コントローラを思い出したのはオイラだけ?
白を貴重としてるあたりは、今と同じですね。

Photo_48
・・・・・・・・・どうしろと?(笑)

Photo_49
片手操作にしようと決めた最初の頃の物でしょうか?
なんかねじれてますね。結構持ちやすそうじゃないっすか?

Photo_50
かなり今の形状に近い。
十字ボタンが下にあり、完成品で言うとAボタンの周りに更に4方向ボタンがあったようです。
横持ちにした場合、右手親指担当のボタンは5個?(笑)
右上に微かにボタンのような?・・・この頃、既に本体の電源ボタンがあったのかもしれないっすね。

 思えば、こういうプロトタイプを公開するっていうのは異例ですね。
2番目の円盤コントローラ?UFOコントローラ?は、どういう仕掛けがあったのでしょうか?(笑)
 4番目のプロトタイプは今の形状にかなり近いですが、ボタンが多いのでタッチジェネレーション世代には敵視されていたかもしれません。
振り回したりというのがメインの革命なんでしょうけど、パッと見てボタンはAボタン1個のみという印象を与える今の形状も大きな革命なのかもしれません。

■関連記事
ファミ通の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GDCにて、ゼルダはベスト脚本を受賞!

米・サンフランシスコで3月5日から行われている、ゲーム・デペロッパーズ・チョイス・アワードが終了し、各賞の発表が行われました。
Photo_44

 ゼルダが「ベスト脚本賞」を、Wiiスポーツが「ベストゲームデザイン」と「イノベーション賞」を受賞しました。
また、任天堂の宮本茂氏が「生涯功労賞」を受賞しました。

 「この仕事を長いことしてきましたが、本当によかったと思っています。なかにはいろいろと恥ずかしいこともしてきましたが(笑)。こういう賞をもらうと、"引退した"と思われてしまうかもしれませんが、僕は、若い人たちのエキスを吸って生きていく吸血鬼のような存在なので(笑)、これからも皆さんに気に入ってもらえるものを提供していきたいと思っています。僕たちを評価してくれるアメリカのチャレンジ精神に負けないように、これからも新しいものに挑戦し続けていきたいです」
と語ったそうです。

 X-BOX360の『ギアーズ オブ ウォー』が強かった。
日本では残虐描写により、CERO審査で「Z指定(18歳以上のみ対象)」で発売された作品です。
 弟が買った故、プレイしたのですが・・・確かに面白いんですわ(汗)
基本的に全てのボタンを使いますが操作性が抜群によく、洋ゲー独特のいい加減さもまったく無く、二人協力プレイでも処理落ちは皆無、難易度調整も絶妙、緻密な思考ルーチンとマップで戦場の臨場感も抜群、読み込みはやられた後の復帰に数秒だけ・・・・・・とにかく文句の付け所が無いんです。
難易度が3種類あるのですが、協力プレイながら、全て遊んでしまいました。

 ゼルダが大賞を受賞しなかったのは残念ですし、まったくジャンルが違うので比べる気はありませんが、確かに大賞に値する作品だと思います。素直に拍手を送りたい気持ちです。
 来年は、Wii作品が大賞を受賞できたらいいですね!

■関連リンク
ファミ通の記事
CERO(コンピュータエンタテインメントレーティング機構)
『ギアーズ オブ ウォー』公式サイト
『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

『闘え応援団2』画面写真と新キャラ公開!

GDCで『燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え応援団2』の画面写真と新キャラが公開されました!

Photo_46

会場では、応援団という日本独特の文化を海外に受け入れてもらう為に、どうローカライズしていったかの経緯やアイディアが語られました。
また、他機種への移植も考えているという発言も飛び出し、Wiiで続編?なんてのにも期待してしまったり!

発売は2007年内とまだまだ先の印象でしたが、結構できているようです。
写真は発表会の様子を撮影したもので少し見づらいですが、少しキャラ和風で無くなった印象です(笑)
今回のイベントで任天堂サイドは特に大きな発表はしないと報じられていましたが、十分に大きな情報です(笑)
応援団がリモコンを使ったら・・・と思うと、ヨダレが止まらないのはオイラだけでしょうか?

■関連記事
あいつらが帰ってくる!『闘え応援団』続編発表!

■関連リンク
ファミ通の記事
『押忍!闘え!応援団!』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DSソフトをセイバーに収納!

様々な周辺機器等を販売している㈱カーズファクトリーから、DSソフト収納ケース『カードセイバーDS』が3月15日に発売されます。

Photo_43
ご覧の通り、ただのケースではない!
鞘から剣を引き抜くアクションで、ゲームソフトの出し入れにまで遊び心を提案する一品!
DSソフト3本+GBAソフト1本を同時に収納できる実用性に優れた一品!
任天堂正式ライセンス取得の安心の一品!

ソフト入れなのに、DSLite専用で初期型DSには使用できないという注意書き付きのミステリアスな一品!

なんかよくわからないオリジナルキャラ?までいるし、凝ってるなぁ・・・
売れている所為なのかアイディアを反映しやすいのか、携帯機には妙な周辺機器が多い。
ただ、こういうアホッぽいのは大好きなので、若干揺らいでいる自分がイヤだ・・・

カードセイバーDS ウインドライガー
カードセイバーDS ウインドライガー
カードセイバーDS シャドウワイバーン
カードセイバーDS シャドウワイバーン

■関連記事
 ・Wiiソフトを美しく収納する棚、レポート
 ・W11を鳴らしてみました!
 ・なんちゃってWiiリモコン、570円にて!
■関連リンク
 ・『カードセイバーDS』詳細紹介ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

マリオハンカチがやってきた!

クラブニンテンドーに頼んでいた、マリオハンカチが届きました。
D1000299_4
ハンカチだけど、折り曲げ厳禁なのよね。

続きを読むでどうぞ!

続きを読む "マリオハンカチがやってきた!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

暴力ゲームと殺人は無関係。米調査

 ロイター記事によると、暴力的なゲームによる殺人事件は無関係という調査が発表された。
調査を行った学者は、新聞記事とFBIのデータを統計した結果、暴力ゲームと殺人は結びつかないとした。
「若者の暴力をテレビゲームのせいにする人々はそのほかの重要なことを見過ごしている」と語っています。
 調査の詳細は書いていませんが、1999年に米コロラド州で起きたコロンバイン高校銃乱射事件発生後からこの問題を研究している社会学者カレン・スターンハイマー氏による発表ですので、信頼できる調査でないかと思います。
少なくとも、某ゲーム脳の調査よりは信用できるでしょう・・・

  残虐シーンが子供に悪影響を及ぼすだろうというのは、オイラも否定はしない。
残虐シーンが多数ある映画なので、15歳未満禁止にしたというのも納得できる(話題になりましたね)
  そんな中、大量殺人という最悪の残虐シーンを毎週繰り広げている時代劇を18禁にしろという話が出ないのが不思議で仕方無かった。
ゲームは「残虐シーンに現実味のなく、現実と仮想世界との境がわからなくなるのが問題」等と徹底的に叩かれてきた。だから時代劇は血が出ないとか、現実味が無いからいいんだという意見をオイラは絶対に認めない!
 テレビに限らず、いわゆるアクション映画もそうだ。まったく人が死なないアクション映画など、オイラは観た事がない。


小説・テレビ・映画・漫画・ゲーム・インターネット等々、残虐シーンなど誰でも手が届く範囲に山ほどある。
前にも書いたが、人の心理や性格の構築を一つの原因に絞ろうとする時点で間違いだ。

■関連記事
お酒は20歳から、ゼルダは12歳から
インターネットチャンネルにご意見!
Wii発売に際して。ゲームが大好きだと言いたい

■関連リンク
ロイター記事
CERO(コンピュータエンタテインメントレーティング機構)
任天堂HP内、自社ソフト対象年齢について

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

ボム (ゲーマー用語解説)

ボム(bomb)=爆弾。爆発物全般。
一般的に、戦闘で敵を攻撃する「武器」を指す。
発掘作業等に用いられる場合は「火薬を仕掛ける」等と表現される場合が多い。

ところが、ゲーマーに言わせると「シューティングゲームで最も強力な攻撃の総称」となる。
特に2DのSTGでは「画面内全ての敵と敵弾を一瞬で消し去る攻撃」である。
従って、稀に「その敵は普通の弾と爆弾は効かないよ。ボムじゃないと倒せないんだ」というワケのわからない会話が展開する。
ボム残数でボーナス点が入る場合が多く、出来るだけボムを使わないプレイが望ましいとされる(場合による)。

STGと言えば、飛行機を思い出す方が多いと思う。
しかし、最近は飛行機ではなく人が飛ぶゲームも見受けられ、なんかお札を投げたり魔法のような球を撃ちながら進むゲームもある。
このようなゲームの場合、どう見ても「爆発物の爆弾」ではない攻撃も「ボム」と呼称される。説明書にも「ボム」と平気で書いている。
最悪の場合、「○○○○(いわゆるボム)」という表記まである。初心者お断りムード全開!

ただでさえ「数ミリの隙間を縫って進む、超上級者のみのゲーム」というイメージが定着して客数は固定か減る一方だし、女性が最も嫌いなジャンル連続NO.1がシューティングゲームだ(いつぞやの某ゲーム誌より)。

これからも、いわゆるコアゲーマーに的を絞っていくのなら今のままでもいいし、攻撃の名前を変えるだけで客数が増えるワケもなかろうが、まず出来そうなところから始めるべきではないかと思うオイラである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

競争率無限! (今週の一枚)

D1000192_1
※2006年11月11日朝、東北A県M市の某黄色いレンタル屋で写す
(まったくの別件で移動中に偶然発見)

■関連記事
転売騒ぎ、Wiiバージョン
「PS3 VS Wii」マナー対決
フルネームで言いなさい!

■先週の一枚
何事も工夫次第!

| | コメント (0)

2007年3月 3日 (土)

今週を愚痴る 2/18~3/3

今週、これといって大きな動きはなかった。
2月が終わったワケだが、2月のWii販売台数は約29万6000台PS3は約8万6000台だったようだ。
物が売れない2月のせいか、先月の約40万台よりは落ちたけど、やはりすぐに売り切れになっている。
この勢いを「やわらかあたま塾」まで繋ぎたいものだ。

投票チャンネルの開発裏話が掲載され、具体的な投票数等が語られている。
投票数は増えているそうだし、アンケート案も大量に送られているようなので、ネタ切れの心配も無く、ますます盛り上がっていきそうですね。

GCで数少ないオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン」が3月末で終了します。数百時間をつぎ込んだプレイヤーも多いと思います。
さっきのぞいてみたら、約900人がプレイ中でした。最近の状況を考えると、尋常ではない数です(笑)
思い出を掘り起こしに、友達との再会に、最後の冒険に旅立っているのでしょう。
オイラも200時間以上つぎ込んだ身、ちょこちょこ戻ってみようと思います。
3月は無料開放中ですので、プレイしていた方は是非ラグオルに戻ってみましょう!

最近、「ゲーマー用語解説」を更新していないので、この週末でいくつか仕上げなければ・・・


■今週の記事
『みんなで投票チャンネル』開発裏話公開!
 初日に4万件のアンケート案が送られてきたそうな
『アイシールド21 フィールド最強の戦士たち』CM公開!
 注意喚起テロップが多すぎる・・・
Wiiの待機電力を考える
 実は、環境に厳しいWiiである
任天堂、各ハードの部品販売開始
 相変わらず、きめ細かいサポート。
各次世代機の消費電力について
 消費電力は約5分の1、しかし待機電力は約5倍!

■先週の一枚
何事も工夫次第

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

『みんなで投票チャンネル』開発裏話公開!

Wii.comで、『みんなで投票チャンネル』の開発裏話が掲載されました。

●やっぱり他メディアとどう差別化するかが課題だった
●最初は『アンケートチャンネル』だったが、Wiiコンセプトに合わせて変えた
●毎日更新だと息が切れるのと、急かされている感じがするので週3問とした
最初の世界アンケートは約50万票、国内アンケートは約10万票の投票があった
アンケートの提案は、初日だけで国内約1万件・世界で約4万件もあった
毎回投票数は増えている
●配信のタイミングは、ちょうど新しい設問と結果が連続で見れる為、2月14日にした
家族の会話を促す為、他の人の投票状況を見れる仕様にした
「マリオとリンク、どっちが好き?」等、回答者が限定される質問はしないようにする
●Miiを掴んで投票するようにしたら、自分の票だからと真剣に考えるようになった
●宮本茂氏の奥さんのエピソードが少し    等々

 毎回投票数が増えているというのは嬉しい話じゃないか。
10万票という数値は凄いが、参加してる人はWii購入者の1割にも満たないとも言える。
ただ、これは初日だけの話なので、現在はもっと多いだろう。
 アンケート案が初日だけで4万件もあったのだから、ネタ切れには困らなそうだ(ダブってるのとか、ボツになるのも多数だろうが・・・)

 「朝食はごはん派?パン派?」は、今後歴史に残るくらいの拮抗勝負だった。
何気に自慢だが、今のところ全ての予想を当てているオイラである(自分が多数派でない事はあったが)。
始めて外したときは、結構苦痛を味わいそうだ・・・

余談だが、対談はMiiが漫画のような吹き出しで語るようになっている。
相変わらずMii作成は上手だが、全体を取り締まる役の高橋龍太郎氏のMiiは少し怖い(汗)
Photo_42

■関連記事
『お天気チャンネル』開発裏話公開!
ニュースチャンネル、開発裏話公開!
みんなで投票チャンネル、レポート!
 └・みんなで投票チャンネル、追加レポート!
ニュースチャンネル、レポート!
お天気チャンネル、レポート!
インターネットチャンネル、レポート!

■関連リンク
『みんなで投票チャンネル』開発裏話
『お天気チャンネル』開発裏話
『ニュースチャンネル』開発裏話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アイシールド21 最強の戦士たち』CM公開!

Wii『アイシールド21 フィールド最強の戦士たち』のCMが公開されました。
3月8日発売予定です。

Photo_38   
少し前から始まっていましたが、Wiiロゴと一緒に「おかげさまで150万台突破」と表示され、何気にWii好調をアピール。
100万というキリのいい数字は見慣れてインパクトに欠ける為か、100万突破をアピールせず、あえて150万から報じるあたりに戦略を感じる。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

CMはオーソドックスにリモコンをどのように使って遊ぶかをアピールするもの。
見事に「自分にもできそうだ!」と思わせてくれるCMだ。普通に楽しそう。
しかし、「ストラップをきちんと着けましょう」「しっかり握って放さないようにしましょう」等々、次々と注意喚起のテロップが入る
操作はリモコンをフルに使うことになるようで、中には「激しく振った方が勝つ」という場面もある為か、ある程度の注意は必要にしても、これではむしろ危険な感じがする・・・

Photo_41
↑CMの締め。
何も注意喚起しないのは流石に問題だと思うが、締めのコイツだけでよかったのではないだろうか?
オーソドックスだが内容が良いだけに、ちょっと残念。
リモコンを振ったりするゲームの最後に必ずコイツを表示するようにすれば、十分浸透すると思うのだが・・・

■情報元
Wii「アイシールド21 フィールド最強の戦士たちのTVCM公開ホコタテブログさん)

■関連リンク
ストラップ交換願メールがWiiに配信
振り回さなくても危険(今週の一枚)
Wiiリモコン、リコール問題の記事発見
Wiiリモコンストラップ、公式に交換開始

■関連リンク
『アイシールド21 フィールド最強の戦士たち』CM
『アイシールド21 フィールド最強の戦士たち』紹介ムービー
『アイシールド21 フィールド最強の戦士たち』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

Wiiの待機電力を考える

数ヶ月前、今の若い世代はパソコンとテレビを同時につけているみたいな話をNHKでやってたが、ウチの弟がまさにそれだ。
この省エネ時代にけしからん事この上ないが、改めて考えるとオイラの部屋は待機電力だらけだ。

D1000342_1
寝ながらテレビ付近を撮影。星座を語るブログではない。
右上がテレビ、右下がWii(常時接続)
テレビリモコンとWiiリモコンを常に置いておき、両方を同時に起動するのは気持ちがいい(汗)
左下の明かりは待機電力遮断スイッチ付き延長コードで、これをOFFにするとテレビもWiiも止まる。
Wiiの常時接続を理由に、皮肉にも待機電力を増やす延長コードとなっている・・・

D1000343
こちらはパソコン付近。
光回線にしたら右下の2セットが追加になり、華やかになった(嬉しくはない・・・)
左下の明かりは、同じく待機電力遮断機能付き延長コード。パソコン関係にはコイツが電力を供給している。
数ヶ月前はマメに止めていたが、我が家はネット接続PCが3台あり、利用時間がバラバラなので、結局24時間営業になってしまった。

 消費電力は圧倒的に低いが、待機電力は圧倒的に高いWii(常時接続の場合)
「コンセントをマメに抜いて待機電力を抑えよう!」的なCM等が多いこのご時世に喧嘩を売っているゲーム機だったりする。
当然、Wiiを常時接続にする為には、コイツらも24時間営業にしなくてはいけない。
 DVD再生機能の付いた新型Wiiが発売される事は公式に発表されている。
家計を直撃するほど影響は無いだろうが、待機電力を抑える改良がされてもいいのではないだろうか?

■関連記事
各次世代機の消費電力について(消費電力、待機電力グラフあり)

■関連リンク
チーム・マイナス6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »