« カプコンファンが署名運動を展開 | トップページ | マリオとソニック、いよいよ共演! »

2007年3月27日 (火)

ペーパーマリオ公式サイトオープン!

 Wii『スーパーペーパーマリオ』の公式サイトがオープンしました。4月19日発売、5,800円!

 サイトでは、キャラの簡単な紹介や物語、ゲームの紹介動画が公開されています。正直、ノーチェックだっんですが、かなり惹かれだしている・・・
 動画ではスターを取って無敵になる演出も見る事ができる。巨大な昔のドット絵になるという演出だ。このドット絵を知らない子がプレイするんだろうなぁとか、20年以上前のキャラがまだ生きてるんだなぁとか、感慨深くなるのはオイラだけだろうか?

 本家(?)のアクションではないが、いよいよマリオがWiiデビューとなる。ご存知の通り、元はGC用のソフトだった。
 Wii用にされた理由は、リモコンを使いたかったワケでも、Wiiのスペックを欲したワケでもなかろう・・・実際、リモコンを横に持ちファミコンスタイル(?)でプレイするし、特にグラフィックをチューニングしたワケでもなさそうだ。
 本当はGCのソフトなんだ!なんて再び考え込んでしまった。別にWiiになった事に不満はないが、GCの思い入れが結構強いもんで、こんな考えになってしまっている。その後、日本のゲームなのに米国が先に発売するのよね・・・と考え込んでしまったり(汗)
 あと『タルコンガレース(正式名覚えてない)』があったが、近いうちWii用として正式に発表されるだろうか?

■関連記事
ペーパーマリオ、米国では4月9日発売!

■関連リンク
『スーパーペーパーマリオ』公式サイト

|

« カプコンファンが署名運動を展開 | トップページ | マリオとソニック、いよいよ共演! »

コメント

トワイライトプリンセスもそうですが、
「GCの市場はもうダメだよね」と任天堂自身が
考えていたということですよね。

Wiiがどう評価されるかわからないけど、
このままGCで出すよりはマシだろう(売れるだろう)と、
賭けに出たわけですね。

あるいは、任天堂といえどもWii用ソフトの研究には
ある程度時間がかかるので、「つなぎ」としての
役割も期待しているのかもしれません。
(Wiiチャンネルも作らないといけないから、
ソフト不足に陥りかねない)

投稿: 斎太郎 | 2007年3月27日 (火) 22:24

>斎太郎さん
 Wiiが盛り上がるのであればいい話なんですが、どうも気分複雑ですね。大好評とかになったら、余計に複雑です。楽しい作品がより多くの人に遊ばれるのですから、いい事ではあるんでけど・・・GCも思い入れが強いですから。発売して間もないせいか、まだWiiへの愛着がないのかもしれません。あるいは、とても売れているので自分だけの身近な感じがしないというか(笑)
 その点、もはや死んでいるも同然だったGBに発売したポケットモンスターには拍手ですね。そりゃ、内容からして据え置き機は適当ではなかったでしょうが。
 ゼルダはWii版を買いましたが、「Wii最初の超大作」ではなく「GC最後の超大作」という気持ちでプレイしていましたね。

投稿: ヨッシー | 2007年3月28日 (水) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/14417602

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパーマリオ公式サイトオープン!:

« カプコンファンが署名運動を展開 | トップページ | マリオとソニック、いよいよ共演! »