« VC、全ソフトの動画を掲載! | トップページ | 素敵な回線トラブル中(でした) »

2007年5月15日 (火)

朝日新聞「ひと」に宮本茂氏が掲載

 5月14日付の朝日新聞の「ひと」に宮本茂氏が掲載されました。
”米紙の「世界に影響を与える100人」に選ばれた任天堂専務”として紹介され、この中で、03年頃から送り出したゲームが売れなくなってきて「コントローラもゲームも複雑になりすぎた。5歳から95歳まで誰でも楽しめるゲーム機とソフトを作らなければ」と思ったなどと書かれています。また、ゲームの枠を超えて時雨殿をプロデュースした事も書かれ「そこに行けば世界中のみんなが必ず幸せになれる『街』を、次はつくりたい」と語っています。

 さすがに新聞記事(ましてや全国紙)の転載はマズイと、写真は載せなかった(汗)。記事はそんなに大きくありませんが、宮本さんがマリオの人形を持っているカラー写真があり、とても目立っています。時雨殿の新しい遊びの構想があるようなので期待がかかりますね。行けないけど。

 こうやって、映画監督のようにゲームクリエイターも世の中に認知されていけばいいっすね。

■関連記事
GDCにて、ゼルダはベスト脚本を受賞!

■関連リンク
朝日新聞「ひと」(会員登録すれば読めるらしいです)
時雨殿、公式サイト

|

« VC、全ソフトの動画を掲載! | トップページ | 素敵な回線トラブル中(でした) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/15074974

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞「ひと」に宮本茂氏が掲載:

« VC、全ソフトの動画を掲載! | トップページ | 素敵な回線トラブル中(でした) »