« 『闘え応援団2』、5月10日から体験版配布! | トップページ | 4/29~5/5を愚痴る »

2007年5月 4日 (金)

『どきどき魔女神判』、かなり売れちゃう?

 何かと話題のDS『どきどき魔女神判』がamazonのゲームランキングで1位となっている(或いはいました)。
 店頭で買うのに恥ずかしさを感じる人がそれなりにいるだろうソフトなので、通販に売上が流れやすいとは思うが、ランキングにはFFだったりDSL各色、最近好調が続くアトラスの新作が連なっており、それらの有名ソフトを抑えてのランクインで、かなりの予約が集まっていると思われる。

 DSのソフト売上は任天堂製のソフトや教育系のソフトに偏っており、そういう意味では非常に価値があると言える。キャラに触ったりなんなりと、タッチスクリーンを活かしたソフトであるのも認める。異常なまでのメガヒットもあり、任天堂ハードが子供向けというイメージが崩れつつあるのもわかる。しかし・・・・・・

 仮に、結構なヒットをしたとしよう。ならば続編希望が出るのは普通のこと。「次はもっと触ってる感覚を出したい!」なんてことになったらどのハードに出すことになる?おお!ピッタリのゲーム機があるじゃないか!
 リモコンでポイントし、ヌンチャクを振ってサワサワ
。或いはAボタンで場所を決め、リモコンを振ってサワサワ。更には、リモコンを画面に近づけてサワサワしたり、振動でサワサワ感を出すなどDSでは無理だった仕掛けも可能だ!リモコンからフニョフニョと音なんかさせた日にはもう鼻血ものだ!

 DSの特徴を活かした画期的なソフトの誕生にオイラは期待が高まる一方です!買いませんけど。
 Wiiで続編なんてことになり、より多くの方々がWiiを買うことになったらオイラは嬉しい限りです!買わないけど。

■関連記事?
ギャルゲー(ゲーマー用語解説)

■関連リンク
『どきどき魔女神判』公式サイト(悪いにんげんでないと入れません)
amazomゲームランキング

|

« 『闘え応援団2』、5月10日から体験版配布! | トップページ | 4/29~5/5を愚痴る »

コメント

「買わないけど」が強調されていますね。(^^;

DSでは、過去にも「ネギま」とかでおさわり要素があったのですが、
使われ方としてはかなり酷いものだったようです。

「魔女神判」はこれだけ話題になっているのですから、
単なる「おさわりゲー」に留まらず、
ゲームとして純粋に面白い作品になってほしいところです。

・・・買わないけど。

投稿: アプリコット | 2007年5月 4日 (金) 20:29

>アプリコットさん
「あのテ」のゲームは、「とりあえずDSで作った」っていうのが多いようですね。
ゲームが面白そうだからって買う人が少ないから、殆ど売上は原作の人気に比例する部分があるので、そんな練り込んだってしょうがないっていうのはわかるんだけど・・・
その点、本作は完全オリジナル!何かの人気に頼るどころか、DSという激戦区で勝ち取ったランキング1位です!素晴らしいです!!
買わないけど。

投稿: ヨッシー | 2007年5月 5日 (土) 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/14942151

この記事へのトラックバック一覧です: 『どきどき魔女神判』、かなり売れちゃう?:

« 『闘え応援団2』、5月10日から体験版配布! | トップページ | 4/29~5/5を愚痴る »