« 10月のバーチャルコンソールタイトル公開 | トップページ | 宮本さん、「ポッキーの日」を間違えてます・・・ »

2007年9月29日 (土)

9/23~9/29を愚痴る

 東京ゲームショウの話題で持ち切りの一週間!・・・のハズだったが、どうにもインパクトに欠けた。大幅に規模を縮小したとはいえE3にサプライズ発表が集中するのは変わっておらず、必然といえば必然か。任天堂が基本的に不参加なので、対決ムードが無いのも原因かもしれない。
 逆に言えば、ソニーにとっては最高のチャンスだったが、ソニーの発表もインパクトに欠けた。実際にソフトを遊んだり見たりしたユーザーはどうだったか知らないが、少なくとも株主には良い印象は無かったようだ。期待されていた値下げ発表はなく、キラーコンテンツとして期待されるHOMEは延期、サプライズが期待された新周辺機器は誰もが予想したデュアルショック3で詳細発表もなし。当然、株価は下がった。繰り返すがゲームショウには基本的に任天堂は不参加であり来場者の年齢層も高め。ソニーにとっては最高チャンスだった。
 まぁ、あくまでスマメディア向けの発表に不満があるだけで、専用ソフトはメタルギアを先頭に結構充実していたようなので、一番大事な一般層へのアピールは成功したとも考えられるけど・・・
 6月に「(値下げに関して)クリスマスまでに結論を出したい」という発言があった為、発表するならゲームショウだろうと思っていた。もちろん、値下げの発表から実際の値下げまでの間は買い控えが起こるので、総合的に今は適当でないと判断したのなら何も言わないが、ゲームショウを皮切りに年末商戦が始まると言っても過言ではない。年末商戦中に「値下げをしない」又は「値下げ発表をまだしない」という選択が吉と出るか凶と出るかは誰にもわからないが・・・

 10月10日には任天堂の戦略発表が予定されている。これまでは大きく離されていたので「悪あがき」に見られてきた部分もあるが、今は任天堂が大きくリードしており、メディアも味方してくれているので、堂々と「後出しジャンケン」ができる状況と言えるだろう。おそらく、『スマブラX』の発売日や『WiiFit』の発表がありそうだ。

 今年の年末商戦は大事だ。ゲームショウを見る限り、今のシェアをひっくり返す程の物をソニーは用意できていない。逆に、来年は十分に反撃できる力を感じた。つまり、今年の年末商戦を製造の遅れなどで失敗すると致命傷になりかねない。
 むしろ、任天堂が死ぬ物狂いにならなければいけない年末商戦なのではないだろうか。

10月のバーチャルコンソールタイトル公開
 くにお君シリーズ復活の予感
任天堂の時価総額、ついに国内2位・・・
 そこまでいかなくてもいいのに・・・
東京ゲームショウ2007に愚痴
 向かってる方向が違うと思われ
『バンガイオー魂(スピリッツ)』トレーラー
 技術の進歩って凄いわぁ・・・
『NIGHTS 星降る夜の物語』、12月13日発売へ
 さぁ、年末商戦で成功できるか!
東京ゲームショウに宮本茂氏サプライズ登場!
 ポッキーの日は11月11日だよ?
東京ゲームショウ、Wiiリモコンの内部処理を実際に見れるコーナーあり
 むしろ、これが一番見たかった・・・
東京ゲームショウ、『NIGHTS 星降る夜の物語』プレイ動画
 なかなかいい感じ!
やはりゲーム大賞はマニア向け?
 色々と問題があるのはわかるんだけど・・・
日本ゲーム大賞2007、『Wiiスポーツ』が受賞
 任天堂作品受賞のときはダブル受賞なのよね・・・

■投票結果
信号の解釈で最も正しそうなのは?

|

« 10月のバーチャルコンソールタイトル公開 | トップページ | 宮本さん、「ポッキーの日」を間違えてます・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/23~9/29を愚痴る:

« 10月のバーチャルコンソールタイトル公開 | トップページ | 宮本さん、「ポッキーの日」を間違えてます・・・ »