« Wii『ウイニングイレブン・プレーメーカー』、クリエイターインタビュー掲載。+余談 | トップページ | 2/17~2/23を愚痴る »

2008年2月23日 (土)

大ヒット同人ゲーム、『ひぐらしのなく頃に』、ついにDSへ・・・

『ひぐらしのなく頃に 第一巻・祟』特典付き

 数日前からウワサはキャッチしていた。けど、「まぁ、有り得ないべ」と思って扱わなかった。しかし、公式情報が載ったし、アマゾンで予約まで始まってしまったからには認めるしかあるまい・・・

 書籍化やらアニメ化やら作者がNHKにも出たやらPS2にもリメイク発売された大ヒット同人ゲーム『ひぐらしのく頃に』がDSで発売されることが発表されました。
 とある田舎町を舞台に、数年連続で毎年決まった日に一人が殺され一人が行方不明になる連続怪奇事件を追うサスペンス。”原作”にあたるPC版は全8本+aで構成されていた。

 DS版は、新シナリオ等を追加して4本に分けて発売される。つまり、全て遊ぶには4本ソフトを買わなければいけいない。原作に倣った方法とも言えるけど、単純に容量的に無理なだけかも(フルボイスという情報もある)

 PS2版はまずまず売れた。が、買った人の9割以上が既に原作を遊んでいたということで、どう考えても新規客取り込みには至っていない。しかも、評判は概ね不評。様々なメディアで発表されたけど、結局「原作が一番」となっている。
 オイラもそう思う。事情があるにしてもアニメ版は物語省略し過ぎ、途中から観る気失せた。PS2版は無駄な選択肢・ショボイ効果音・安くさい立ち絵等々。(オイラは横で見せてもらっただけで遊ぶ気失せた)

 ”前作”は大ヒットしたワケでもなく、新規客の取り込みも絶望的で4本全部を買わなければいけない重さを背負い、「新シナリオ追加+持ち運び可能」でどこまでいけるか注目。
 DSで発売するメリットがあるとすれば、圧倒的に普及している事と、サスペンス物が結構売れている点くらい。ただ、サスペンス物は女性が結構買っているようで、本作は見ただけで女性お断り。PSPで出した方がいいと思うんだけどねぇ・・・。後々PSP版発表とかしないでね、ホント。

 ちなみに、原作公式サイトでは第一話が無料配布されている。大したスペックも要求されませんので、是非遊んでみて下さい。マジで面白いですから(前半は萌え展開・・・後半から本番)

『ひぐらしのなく頃に 第一巻・祟』特典付き『ひぐらしのなく頃に 第一巻・祟』特典付き
メーカー:アルケミスト
発売日:2008/06/26
機   種:ニンテンドーDS


■関連リンク
DS版公式サイト
PS2版公式サイト
ファミ通の記事(DS版の紹介)
PC版(原作)紹介ページ(体験版DLは一部リンク切れ中。繋がるミラーから落として下さい)

|

« Wii『ウイニングイレブン・プレーメーカー』、クリエイターインタビュー掲載。+余談 | トップページ | 2/17~2/23を愚痴る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大ヒット同人ゲーム、『ひぐらしのなく頃に』、ついにDSへ・・・:

« Wii『ウイニングイレブン・プレーメーカー』、クリエイターインタビュー掲載。+余談 | トップページ | 2/17~2/23を愚痴る »