« テクモ、Wii『-零- 月蝕の仮面』発表 | トップページ | 今度はWiiの不具合でスマブラXに新不具合発生 »

2008年2月 2日 (土)

DS『リーズのアトリエ』修正版との交換をやっとで開始

 ガストは、DS『リーズのアトリエ オルドールの錬金術師』に多数の不具合が報告されていたことから、修正版との交換対応を始めると発表しました。バグ・不具合はフリーズ等の致命的なものから誤字脱字、システム上の矛盾など多種多様に及びます。

 不具合一覧が公式サイトに掲載されていますが、本当にヒドイです。オイラは本作を持っていませんが、稀なケースどころか、むしろ不具合に当たらずプレイするのが不可能なんじゃないかってほどに網羅されていると思われます。
 しかも本作、発売は2007年の4月。つまり1年弱経ってからようやく対処するカタチとなりました。不具合報告は発売直後から殺到していたようで、ネット上でも有名だったようです。

 人気に陰りが見えていたとはいえ、十分に有名シリーズ。しかもガストは決して大手メーカーではないですし、「別に交換しなくてもいいや」なんてレベルでもありませんから、最初から交換に対処すれば死活問題だったとはいえ、ちょっと酷過ぎますね。

 これでシリーズの信頼度はガタ落ちしたのは間違いないですね。もちろん最後まで対処しないよりはずっといいでしょうけど、続編を発表したらネタにされるのは避けられないでしょう。
 例えば「前作では迷惑をかけた。今作は徹底してバグチェックをしました」なんて掲載すれば誠意は伝わるかもしれないけど、バグ探しに全力を注ぐユーザーが増えそうだなぁ。まったくバグが無いのは難しいでしょうし、やっぱり信用回復は困難かと。発売後の修正が状態化しているPCゲーム市場に移籍するのも方法の一つかな・・・?

■情報元+関連記事(いつもお世話になっております)
 ・DSソフト「リーズのアトリエ ~オルドールの錬金術士~」不具合修正版との交換実施ゲームの玉手箱さん)
■関連リンク
 ・『リーズのアトリエ オルドールの錬金術師』公式サイト
  ├・不具合一覧
  └・交換のお知らせ、交換申し込み

|

« テクモ、Wii『-零- 月蝕の仮面』発表 | トップページ | 今度はWiiの不具合でスマブラXに新不具合発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DS『リーズのアトリエ』修正版との交換をやっとで開始:

« テクモ、Wii『-零- 月蝕の仮面』発表 | トップページ | 今度はWiiの不具合でスマブラXに新不具合発生 »