« Wii『ディザスター デイ オブ クライス』発売延期へ | トップページ | DS『ヘラクレスの栄光』スペシャルムービー+クリエイターズボイス »

2008年5月17日 (土)

任天堂、特許侵害で22億円の支払命令をくらう

莫大な駐車料金を請求しているメーターの画像
※記事とは関係なし

 米テキサス州の地裁陪審団は14日、任天堂のゲーム機コントローラーの設計を巡る特許侵害訴訟で、任天堂に2100万ドル(約22億円)を米特許管理会社アナスケープに支払うよう命じる評決を出した。
 「Wii」や「ゲームキューブ」のコントローラー設計について特許侵害を認定。ただコントローラーの微細な振動を感知してゲームに反映するWiiの技術については、特許侵害は認められなかったようだ。
 任天堂は「陪審団の評決が出た段階で、今後の対応については地裁の正式な判決が出てから検討する」としている。

日経ネットの記事より抜粋

 他にも色々訴えられていたらしいが、ついに支払命令ですか・・・特許侵害云々は、もはや新型ゲーム機が出ればお約束な話題となっております。任天堂に限らず、他社も色々と苦労してます。
 
 何についてなんでしょうねぇ・・・Wiiリモコンだけでなく、GCコントローラについてもですからねぇ。
 詳しい制度は知らないが、上告とかするんじゃないかなぁ。良くも悪くも最強と言われ続ける任天堂法務部の始動なるか!
 とは言え、「○○億円の支払い確定!」ならまだしも、「支払わなくて済んだ」というニュースは面白くないので、その後は報道されないかもしれないけど・・・

■関連記事(今回の件とは違うと思うけど・・・?)
 ・Wii、特許侵害で訴えられる

|

« Wii『ディザスター デイ オブ クライス』発売延期へ | トップページ | DS『ヘラクレスの栄光』スペシャルムービー+クリエイターズボイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/41233452

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂、特許侵害で22億円の支払命令をくらう:

« Wii『ディザスター デイ オブ クライス』発売延期へ | トップページ | DS『ヘラクレスの栄光』スペシャルムービー+クリエイターズボイス »