« 任天堂、特許侵害で22億円の支払命令をくらう | トップページ | 5/11~5/17を愚痴る »

2008年5月17日 (土)

DS『ヘラクレスの栄光』スペシャルムービー+クリエイターズボイス

 タッチDSにて不定期連載中のクレエイターボイスが更新され、5月22日発売、DS『ヘラクレスの栄光 魂の証明』のシナリオを手がけた野島一成のインタビューが掲載されました。最近では、『スマブラX・亜空の使者』のプロットも担当したお方。
 データイーストからスクウゥアに移籍してFFシリーズを手がけ、データイーストの元上司から「ヘラクレス出せることになったんだけどやらないか」と誘いがあって本作携わった経緯や、ヘラクレスシリーズ製作の思い出話を多数掲載。


※同ページにも掲載されていたスペシャルムービー

 「喋る主人公」「喋らない主人公」についても語っており、本作は「喋らない主人公」なので、町の人や仲間達の会話がとても大事だとも語っています。回りの人の話をヒントに、次にするべき事を考えて行動していく、昔ながらの王道を楽しんで欲しいという話も。
 オイラの好みのせいなのか、最近はそういうのが多いのか、主人公らが「次は東に行って~」とかいうのが殆どですんで、昔懐かしい雰囲気を楽しめそうです。
 十数年ぶりの新作ということもあって、昔より表現力が格段に上がったけれど、シリーズファンにも「あぁ、ヘラクレスだな」と思ってもらえるように気をつけて作ったとのこと。

 シリーズは遊んだ事ないんですが、昔懐かしい雰囲気を楽しめそうです。
 ちなみに、バーチャルコンソールで『ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙』『同Ⅳ 神々からの贈り物』が配信中。

ヘラクレスの栄光 魂の証明ヘラクレスの栄光 魂の証明
メーカー:任天堂
発売日:2008/05/22
機   種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・DS『ヘラクレスの栄光』、体験版配信決定
■関連リンク
 ・『ヘラクレスの栄光 魂の証明』公式サイト
 ・クリエイターズボイス『ヘラクレスの栄光』、シナリオ作家・野島一成

|

« 任天堂、特許侵害で22億円の支払命令をくらう | トップページ | 5/11~5/17を愚痴る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DS『ヘラクレスの栄光』スペシャルムービー+クリエイターズボイス:

« 任天堂、特許侵害で22億円の支払命令をくらう | トップページ | 5/11~5/17を愚痴る »