« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

これはヒドイ!虫メガネで人を焼き殺す無料ゲーム

虫メガネで人を焼き殺すゲームの画像

 ネタ求めウロウロしていると、虫メガネで光を集めて人を焼き殺すFlashゲームを見つけた。
 人や車や木、犬も焼き殺すことができるし、ヘリコプターを撃墜することもできてしまう・・・稀に出てくるタンクローリーを焼くと・・・

 ムカムカする部長や社長を思いながら遊ぶのは自由ですが、決してマネしてはいけません!当然、望遠鏡で太陽を見てもいけません。逝けます。
 
■関連リンク
 ・そのゲームがあるページ
 (オープニングのような簡単なデモ後、下の点滅する赤字をクリックでスタートします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『救急救命カドゥケウス2』体験版配信開始

カドゥケウス2体鍵版の画像

 カドゥケウスシリーズを愛して止まないヨッシーです。
 8月7日の発売迫る、DS『救急救命 カドゥケウス2』の体験版配信が《みんなのニンテンドーチャンネル》にて始まりました!

 簡易音楽+音声カットながら、全ての器具を使う操作説明的な手術を遊ぶことが出来ます。体験版だけど、イージー・ノーマル・ハードが選べちゃうし、ガイドスキップにも対応。しかも、ちゃんとハイスコア狙いプレイにも対応している!

 お願い!タダだから遊んでみて!

救急救命カドゥケウス2救急救命カドゥケウス2
メーカー:アトラス
発売日:2008/08/07
機   種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・『救急救命カドゥケウス2』プロモーション公開
 ・『救急救命カドゥケウス2』公式サイトオープン。PVも
 ・カドゥケウス再び! 最新作公式発表!
■関連リンク
 ・『救急救命カドゥケウス2』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

マジコン販売業者に対し、ついに任天堂+54社が一斉提訴

 任天堂は、ニンテンドーDS向けにソフトを供給しているゲームメーカー54社と共同で、DSソフトを違法にコピーし遊べるようにする機器、通称《マジコン》を輸入・販売しているメーカーを不正競争防止法に基づいて東京地方裁判所に提訴したと発表した。

 これは、インターネットからソフトデータをダウンロードし、通常のDS上で遊べるようになる機器。人気ゲームも発売日前後からデータが飛び交い、メーカーは甚大な被害を被っていると以前から問題視されていました。
 また、先日発売された、DS『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』に本機器に対抗すべきか独自のコピーガードがかかっていることが判明し話題になっていました。

 というわけで、ついに任天堂が動いた。他54社にはスクエニやセガ、光栄、バンナムなどビックな顔が揃っています。
 用意に時間がかかったのは当然にしても、年々被害は拡大してたようだし、アマゾンにおいても売上ランキング上位の常連でしたし、ついにシビレを切らしたのかも。年末商戦もあるし、ポケモンの発売も迫っている。勿論、年末商戦で忙しいのは他社も同様。

 ちなみに、訴えられた人々の大半は見慣れない漢字2.3文字の方ばかり。あと、《マジコン》の広告を載せていたファミ通がこのニュースを取り扱っていたのがなんとなく笑えた。

Photo
※7/29 21:30現在
 ↑人気急上昇!品切れ必至!転売注意報!バカス



■関連記事
 ・DS『ドラクエⅤ』はコピーガード付き?
 ・DS殺しな機器が結構売れてるらしい
 ・『ポケットモンスター プラチナ』予約開始
■関連リンク
 ・ニンテンドーDS用機器に対する法的措置について
 ・ファミ通の記事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Wii『フラジール』公式サイトにて画面写真大量掲載

 相変わらずメルマガは充実しているWii『フラジール さよなら月の廃墟』の公式サイトが更新され、キャラクターボイスと画面写真が大量に掲載されました。特に、画面写真はこれまでと違ってステータスらしき表示とマップ表示のあるものもあります。

 とは言え、相変わらずシステムの詳細は見えてきません。ただ、”ヒットポイント”という表示があります。RPGとは言うものの、単純にレベルを上げて強くなるとかいう類ではないんでしょうね。
 キャラクターも一気に数人公開。全員サンプルボイス3種類付き+声優名も公開。キャラ性格も見えてきます。あと、パーティを引き連れて歩き回る類でもなさそうだけど・・・?

 それにしても、実に雰囲気がある場面ばかりです。懐中電灯で照らして進む、昔の冒険気分というか、探検気分を思い出します。夜の学校とかあれば最高かも。
 そう言えば、通ってた学校で夜中に張り紙が剥がれ落ちて警報が鳴ったとか、隙間風で揺らいだカーテンに反応したとかいう話があったな。地下に秘密基地でもありそうなノリだ。そんな豪華に税金使うなよと。

フラジール ~さよなら月の廃墟~フラジール ~さよなら月の廃墟~
メーカー:バンダイナムコゲームス
発売日:2009/01/22
機 種:Wii


■関連記事
 ・Wii『フラジール』公式サイトリニューアル
 ・『フラジール さよなら月の廃墟』、ゲームより先にコミック開始
 ・Wii『フラジール』と、日本の不景気をテキトーに愚痴る
 ・Wii『フラジール ~さよなら月の廃墟~』メルマガ配信開始
 ・WiiオリジナルRPG、『フラジール』公式サイトオープン
 ・バンナム、WiiオリジナルRPG『フラジール』プレサイトオープン
■関連リンク
 ・『フラジール ~さよなら月の廃墟~』サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

『天誅4』新プロモーション公開

天誅4プロモーション入り口の画像
※7/28、22時位。観てる人多いのか少ないのか

 フロムソフトウェアは、10月23日発売予定のWii『天誅4』の新プロモーションムービーを公式サイトにて公開しました。今回はキャラの音声もありまして、完成が近いのを感じさせます。

 ムービーではなく、実際のゲーム画面を編集したものが主みたい。十分キレイ。
 それはそうと、主役の声が『カドゥケウス ニューブラッド』のマーカスさんじゃないか。マジ好き!ステキ♪ (オイラは声優事情に詳しくないのでよくわかりません。)

天誅4天誅4
メーカー:フロムソフトウェア
発売日:2008/10/23
機 種:Wii
開 発:アクワイア


■関連記事
 ・Wii『天誅4』、製作発表会ムービーを公開
 ・『天誅4』公式サイトオープン+プロモーションムービー
 ・Wiiに『天誅4』発売決定!
■関連リンク
 『天誅4』公式サイト(ムービー閲覧はコチラから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーションプラスに対応して『レッドスティール2』開発中

 Wiiと同時発売され、E3(だったかな?)でも任天堂がプッシュしていたFPS『レッドスティール』の続編が開発中であることがわかりました。しかも、先日のE3で発表された《Wiiモーションプラス》対応ソフトとして開発中とのことです。

 続編開発の話は結構前からありましたが、早くもサードから対応ソフトの発表となりました。本作の醍醐味の一つ”カタナ戦”が一層リアルになるかと思うと期待が高まります。また、『1』はWiiと同時発売する為に急いだ旨も書かれているため、より期待が高まります。

 荒い所は多々あれど、リモコンならではを見せ付けた意味もあってか、比較的好評だった本作。日本では振るいませんでしたが、海外では大ヒットを遂げています。
 ちなみに、舞台が日本なんだけど、”誤解”や”逆さ文字””某読み日本語”も話題に(笑)

 ここで問題になるのが”対応”なのか”専用”なのかということ。あらゆる意味でかなり違います。
 カタナ戦は振った方向で行うものであって、流石に手の動きをそのまま反映というものではありませんでした。故に、あれが本当のチャンバラになるというならそれだけで期待が高まります。(ヌンチャクとリモコンを決まった型に動かして発動する技は多々ありました)

 そう言えばプレビューを書いてない。大した事を書くでもないのに、どうにもプレビューは気合が要る・・・ちなみに、非常にお安くなってるので興味があるなら是非。


■情報元+関連記事(いつもお世話になっております)
 ・RedSteel 2 は、WiiMotionPlus対応!N-Wii.netさん)

■関連リンク
 ・Wii体験会レポート二日目4・レッドスティールでクレーム騒ぎ
 ・Wii体験会二日目5・レッドスティールに割り込みで…
■関連リンク
 ・『レッドスティール』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月のバーチャルコンソール配信タイトル公開

●ファミコン
 ・『ロックマン』 カプコン 500ポイント  ※7月29日配信
 ・『ツインビー』 KONAMI 500ポイント
 ・『謎の村雨城』 任天堂 500ポイント
 ・『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』 カプコン 500ポイント
●スーパーファミコン
 ・『学校であった怖い話』 バンダイナムコゲームス 800ポイント
NINTENDO64
  なし
●マスターシステム
 ・『ソニック・ザ・ヘッジホッグ(マスターシステム版)』 セガ 500ポイント
●メガドライブ
 ・『ストリートファイターII ダッシュプラス CHAMPION EDITION カプコン 600ポイント ※7月29日配信
 ・『ロードモナーク とことん戦闘伝説』 日本ファルコム 700ポイント
●PCエンジン
 ・『栄冠は君に 高校野球全国大会』 アートディンク 800ポイント
 ・『タイトー チェイスH.Q.』 タイトー 600ポイント
 ・『ドラゴンセイバー』 バンダイナムコゲームス 600ポイント
 ・『PARASOLSTARS』 タイトー 600ポイント
●NEOGEO
 なし
●MSX
 なし

 十数年ぶりに新作が配信されることになった『ロックマン』や『ツインビー』など目に付くタイトルはあれど、配信無しハードが三つと少し寂しいラインナップとなった。

 急遽ロックマンが加わることになったようだが、ホントにカプコンは立ち回りが上手いと思う。『ロックマン』『ロックマン2』共にDLランキング上位に食い込むのではないだろうか?どうせならシリーズ全てを配信してくれないかな?願わくば、SFC『ロックマンX』シリーズもお願いしたい。
 手応えあるアクション名作。ロックマンは本当にハマっていたので、腕が鈍っていないか、是非試してみたい。

■関連記事
 ・『トラキア776』配信決定!7月バーチャルコンソール配信タイトル公開
■関連リンク
  ・バーチャルコンソール公式紹介ページ
   └・今後配信予定のタイトル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

7/20~7/26を愚痴る

 『Wii Music』の発売日が10月16日に決まった。
 年末商戦や、その一歩手前くらいだと思っていたので少々ビックリした。Amazonでは予約も始まっている。
 よくよく考えればWiiにとって特に目新しいゲームではない為、『Wii Fit』以上に不安説が強い。個人的には、今年末は『マリオパーティ』が無いそうなので、これが結構プラスに働くんじゃないかと思っているんですが。

 『リズム天国 ゴールド』と『-零- 月蝕の仮面』の発売が迫る。
 同時発売となるが、まったく層が重ならないので問題ないだろう。両方買う人は大変だろうが・・・『リズム天国』は体験版の配信が始まったし、『零』はゲーム画面オンリーの新CMが登場。
 『リズム』は前作の評判と低価格も相まって心配なさそうだが、『零』は少々不安が残る。特別印象に残るCMではないし、特別大ヒットしてきたシリーズでもない。せっかくグラスホッパーが参加し、任天堂が販売するのだから、シリーズ最高の売上くらいは出して、サードパーティに「大人向けゲームもちゃんと売れる」ってのを示してもらいたいが、どうだろうか?

 任天堂公式ライセンス取得のWiiリモコン専用エネループが登場。
 エネループと言っても、電池の原型は無く、その使用方法から充電式リモコンととらえて差し支えないだろう。
 これはもっと早く出て欲しかった。簡単に充電できるので駆動時間が短いのはいいにしても、ちょっと高いのはネックだ。

■今週の記事
『Wii Music』発売日決定+予約受付開始
 思ったより早かったね
『-零- 月蝕の仮面』、クリエイターズボイス掲載
 徹底的にこだわった一品な雰囲気ジワジワ
『マリオギャラクシー』オリジナルTシャツ登場
 両方買っちゃうかも・・・
『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』発売日決定
 Wii版はなんだったんだ・・・とか思ったり
『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』発売日と予約特典決定
 ご予約はお早めに
『リズム天国 ゴールド』体験版配信開始+公式サイトリニューアル
 体験版だけで、もはやオモシロイ!
Wiiリモコン専用エネループ発売!
 ちょっと使える時間が短めだけど、便利だね
Wiiウェア『逆襲のスペースインベーダー』公式サイトオープン
 キレイな空気を愛するヤツラの逆襲
「岩田社長 × つんく♂」、社長が訊く『リズム天国ゴールド』
 実は結構ビック対談
『緊急救命カドゥケウス2』プロモーション公開
 今度こそ売れないかなぁ・・・

■今週の一枚
 ・パチンコなら最高だった
■どうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・E3を見て、一番印象に残ったもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

『Wii Music』発売日決定+予約受付開始

 任天堂は、E3で大々的に紹介した、『Wii Music』を10月16日に定価5,800円(税込)で発売すると発表しました。そして、Amazonでは予約受付も始まっています。

 思ったより早かった印象。年末商戦か、その一歩手前の11月だと思っていたんですが。まぁ、恐らく年末商戦の大本命は『どうぶつの森Wii(仮)』になると思うので、丁度いいのかも。どれだけ売れるかわからないが、一気に売れて終わりという売れ方はしないだろうし、先に話題のタネを撒いて、年末年始の再ラッシュを狙っているのかも?

 どれだけ売れるかわかりませんシリーズ最新作といったところか?
 恐らく、『Wii Fit』と比べられるだろうし、大きな差が出た場合「Wiiは飽きられだした?」みたいな報道が飛び交うのは目に見えている。リモコンを振る様にはみんな慣れているので、少なくとも『Wii Fit』のような目新しさが無いのは間違いない。

 一般層には殆ど知れ渡っていないので、テレビCMでどんな第一印象を与えられるかが勝負になりそうだ。
 ただ、『Wii Fit』と違い、多人数で遊べる強さを持っているのも事実。新しいパーティゲームとも言えるので、年末に凶悪な強さを発揮する『マリオパーティ』の層を取り込めれば明るいものが見えてきそうだ。(今年の年末はマリパ出ないらしいしね)

Wii MusicWii Music
メーカー:任天堂
発売日:2008/10/16
機 種:Wii



■関連記事
 ・『Wiiミュージック』が示すのは【限界】か【新たな可能性】か
 ・E3、任天堂メディアブリーフィング、生中継始まる!
 ・『どうぶつの森Wii』はDS版のデータを引き継げる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『-零- 月蝕の仮面』、クリエイターズボイス掲載

 Wii.comにて不定期連載中クリエイターズボイスが更新され、7月31日発売、Wii『-零- 月蝕の仮面』のクリエイターインタビューが掲載されました。

 これまでのシリーズと基本システムこそ変わらないものの、Wiiリモコンと本作の醍醐味である「懐中電灯で照らしながらの探索」のマッチは絶妙で、まったく印象が違うという話や、これまでと違って視点を主人公の後ろに固定した関係で移動が遅く感じるあたりの調整を徹底的に行った話も。
 また、今回のインタビューには実際のゲーム動画も多く組み込まれており、こだわった部分やオススメ部分をわかりやすく観る事ができます。

 また、これまでは日本家屋が舞台だったが、それでは物が下にある事が多く、視点が後ろになった関係で物が高い所に置かれるような和洋折衷にしたという話も。このへんはプロの領域だなぁと思いました。

 それにしても、動画を見た限りではグラフィックが凄いなぁと。Wiiも本気出せばってことだと思うんだけど。

零-月蝕の仮面-零-月蝕の仮面-
メーカー:任天堂
発売日:2008/07/31
機種:Wii
開発:テクモ


■関連記事
 ・『零 -月蝕の仮面-』に不具合。フリーズもあり
 ・『-零- 月蝕の仮面』プロモーションとテレビCM公開
 ・『-零- 月蝕の仮面』公式サイトオープン
 ・Wii『-零- 月蝕の仮面』、発売日決定
 ・テクモ、Wii『-零- 月蝕の仮面』発表
■関連リンク
 ・クリエイターズボイス『-零- 月蝕の仮面』
 ・『-零- 月蝕の仮面』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリオギャラクシー』オリジナルTシャツ登場

任天堂オリジナルTシャツの箱の画像
※今回のTシャツじゃありません

 任天堂に関する様々なオリジナルTシャツを販売している「THE KING OF GAMES」は、07年11月に発売したWii『スーパーマリオギャラクシー』をモチーフにしたオリジナルTシャツの予約受付を開始しました。

 お城ごとピーチ姫がさらわれる冒頭シーンをイメージした「ファンタスティックアドベンチャー ピーチキャッスル」と、クッパの飛行船からキラーが発射されているシーンをイメージした「ファンタスティックアドベンチャー エアシップ」の2種類があり、それぞれにXS~XLのサイズを用意。

 ちなみに、上の写真は前に同じところから買ったTシャツパッケージの画像。ファミコンカセットをモチーフにしたなかなかシャレたパッケージ。

任天堂オリジナルTシャツパッケージ裏側の画像

 そして、これがその裏側の画像。下に任天堂歴代ハードのロゴがあり、こちらもファンがニヤニヤしてしまうシャレたデザインになっている。まだ封すら開けてないのは秘密で。(別に保存しておく為とかでなく、着る機会がなくてな)

 他にも買ったTシャツがあるので、プレビューというか写真でも載せてみるかな。

スーパーマリオギャラクシースーパーマリオギャラクシー
メーカー:任天堂
発売日:2007/11/1
機   種:Wii



■関連記事
 ・マリオギャラクシー発売に際して。もう一度夢を下さい
 ・社長が訊く『スーパーマリオギャラクシー』最終回、岩田社長×宮本氏が掲載+新CM公開
 ・社長が訊く『スーパーマリオギャラクシー』、Vol2掲載
 ・社長が訊く、『スーパーマリオギャラクシー』編スタート
 ・『スーパーマリオギャラクシー』公式サイトオープン
 ・『スーパーマリオギャラクシー』発売日決定!
 ・Wii体験会レポート7・マリオギャラクシー
■関連リンク
 ・THE KING OF GAMES(各Tシャツの注文はコチラから)
 ・『スーパーマリオギャラクシー』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』発売日決定

ヒヨコが武装している画像

 スクウェア・エニックスは、『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』の発売日を08年10月30日に発売すると発表しました。また、プレオープン状態だった公式サイトを本格オープンしました。

 秋予定と言っていた本作が10月とまさに予定通り。
 同時発表された『チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者』は冬予定でしたから、『絵本』はクリスマス商戦にぶつけてくるんじゃないかなぁ?

 タイトル通り、あれこれ追加しての発売ですから、Wii版は一体なんだったんだとか思ってしまいますなぁ。まぁ、変に新作っぽいタイトルを付けて「まさにリサイクルじゃねぇか!」と言われるよりは潔くわかりやすいとは思うけど。

シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+(Amazon.co.jp)

■関連記事
 ・チョコボシリーズ最新作、DSで2作同時発表
■関連リンク
 ・『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』発売日と予約特典決定

 スクウェア・エニックスは、DS『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』を08年10月2日に発売することを発表しました。価格は5,040円(税込)
 また、数量限定の特典として、ゲーム中に登場するイラストとアナザーストーリーを収録したオリジナルブックレットを付ける事も発表。

 キャラ人気が非常に高い作品だけに、まぁ妥当な特典かなと。好きな方はお早めに。
 それにしても、シリーズ全てがPSファミリー、しかも一作目がPSPに移植までされているのに、まさかDSで完全新作とは思わなかった。当然「DSで出来るのかよ?」という批判やら中傷は多い。最近PSPは絶好調ですし、本作をPSPにリメイク発売する気もするなぁ。きっと、大歓迎されるんだろうなぁ(もちろん、移植されるかはわからないが)

ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者
メーカー:スクウェア・エニックス
発売日:2008/10/30
機種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』発売延期へ※発売延期になりました
 ・『ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-』発表
■関連リンク
 ・『ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

『リズム天国 ゴールド』体験版配信開始+公式サイトリニューアル

リズム天国ゴールド体験版配信画像

 昨日から、全国のDSステーション及びWii《みんなのニンテンドーチャンネル》において、DS『リズム天国 ゴールド』の体験版配信が始まった。もちろん無料。
 体験版では、基本となる”はじく”の練習と2ステージ+1ステージ途中までが体験できる。

 たった数分で終わってしまうが、前作が面白かった先入観を取っ払っても絶対に面白い空気を感じることができる。ボタン操作でなくなったので、リズム感が失われるのでは?という不安があったが、その不安は完全に消えた。”タッチする”+”はじく”のコラボは、ボタン以上の一体感を与えてくれる。
 ちなみに、非常に寂しかった公式サイトがリニューアルし、今度はやかましいサイトとなった。

 前作は大好評だったが、売上自体は目立ったものではなかった。本作は、あの大好評に見合った分だけ売れてくれればいいが。(大好評でプレミア価格になるのは普通に困る)

リズム天国ゴールドリズム天国ゴールド
メーカー:任天堂
発売日:2008/07/31
機種:ニンテンドーDS


■関連記事(当サイト内)
 ・「岩田社長 × つんく♂」、社長が訊く『リズム天国ゴールド』
 ・『リズム天国 ゴールド』公式サイトオープン
 ・社長が訊く『リズム天国 ゴールド』
 ・『リズム天国 ゴールド』公式発表!
 ・田舎者お断り『リズム天国』(今週の一枚)
 ・アーケード版『リズム天国』、全国稼動開始!
 ・『リズム天国』、ゲームセンターに復活!
■関連記事(いつもお世話になっております)
 ・ゲーム感想日記0012 『リズム天国ゴールド』体験版編無数の月さん)
■関連リンク
 ・『リズム天国 ゴールド』公式サイト
 ・社長が訊く『リズム天国 ゴールド』
 ・『リズム天国』GBA版、公式サイト
 『リズム天国』アーケード版、公式サイト

| | コメント (1) | トラックバック (0)

E3を見て、一番印象に残ったもの(投票結果)

あのモニターは何インチ?:15

宮本氏が着ていたシャツ:12票

岩田社長の英語:16票

 拮抗しましたか、そうですか。どうでもいいんだけどね。

 まず、何インチか?という話だが、動画の中でレジー社長や岩田社長とモニターが一緒に写ってる場面で、それぞれの身長から概算を出そうとか無駄に本格的なことをしようとしたが、誰の身長もわからなかったので却下。

 宮本氏が着ていたシャツだが、マリオが描かれていたのに気付いたろうか?
 え?当たり前じゃん?いや~、Wiiミュージックばかり見ていたのか寝ぼけていたのか、オイラ気付いたの数日後だったんだ。

 岩田社長の英語だが、相変わらず日本語チックな英語でよい。安心感すらある。ディス イズ ア ペンのノリである。
 ちなみに、オイラが覚えている最長の英単語はBEAUTIFUL(ビューティフル:美しい)。ワケあって全力で覚えて今でも覚えてるんだ。ノートに5ページ位延々と書いたしな。まさに紙の無駄遣い。エコ時代ですからとか言って夏休みの宿題のページ数が減れば最高だよね。

■前回のどうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・iPhoneでたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

Wiiリモコン専用エネループ発売!

Wiiにもオススメなエネループ画像
※誤解を招く画像

 サンヨーは、同社の看板充電池(?)で、Wiiのお陰で売上が伸びている話もでたエネループのWiiリモコン専用型を開発し発売します。

 具体的には、Wiiリモコンと一体となる充電池で、専用の充電台に置くだけで充電が出来るというもの。
 一番の特徴として、無接点充電(台に触れなくても、近づけるだけで充電できる)ですので、ジャケットを付けたまま台に置けば充電ができてしまうスグレモノ!
 もちろん、電池パックや充電スタンド等も単体で発売される。更に、充電スタンドは連結が可能で、ACアダプタ一個でスタンドを4個同時に起動させることもできる。
Photo
↑こういうことよ

 同じような商品はチラホラありましたが、今回はサンヨーが開発し、なにより任天堂公式ライセンスを取得していますので、安心して使えます。

 エネループを8本買い揃える前に出して欲しかったわ・・・


■関連リンク
 ・「Wiiリモコン専用無接点充電セット」紹介ページ
 ・エネループ紹介ページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Wiiウェア『逆襲のスペースインベーダー』公式サイトオープン

 その昔、一大旋風を巻き起こしたスペースインベーダーシリーズ?最新作、Wiiウェア『逆襲のスペースインベーダー』公式サイトがオープンしました。08年夏に配信予定。

 ゲーム画面をふんだんに使ってゲーム内容を説明してくれます。結構シンプルな感じです。チキュウ軍の真面目で本格的な通信をバックに、当時のドット絵の奴らが大暴れです。チキュウ軍やチキュウの建物を壊すとタイムが増え、制限時間内に条件をクリアするのが目的。

 インベーダーの紹介ページもある。きれいな空気と自然を愛する奴らなんだって。へぇ~。
 ちなみに、ミッションに制限時間があるのは「インベーダーはチキュウの汚れた大気には長時間いられない為」なんだって。へぇ~。

■関連記事
 ・立場逆転!Wiiウェア『逆襲のスペースインベーダー』発表
■関連リンク
 ・『逆襲のスペースインベーダー』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「岩田社長 × つんく♂」、社長が訊く『リズム天国ゴールド』

 「社長が訊く、リズム天国 ゴールド編」が先日掲載され、一回で終わりだと思われていましたが、ナント!本作プロデューサー兼発案者である、つんく♂氏と社長の対談が掲載されました!

 「いや~、はじめまして!」から始まっている今回の対談。
 当時、つんく♂氏は音ゲーにハマっていたが、音楽をやる立場から「何故ここを演奏させようとする?」「結局、リズムじゃなく目押し」等とフラストレーションを感じていたので、企画を作ってダメもとで任天堂に送ったのが始まりだそう。

 京都と東京という遠距離恋愛のような状況により、直接会う機会が少なく、メールでリズムやアクセントを伝えるのが難しく、イメージしていたのとは違う物が出来てくるすれ違いに苦労したのが読み取れます。当然、対談も文字にするのが困難な箇所があるため、動画も掲載されています。
 また、つんく♂氏は任天堂スタッフにも厳しく接した話も。これに対し、スタッフは怒るなどせず、グッと良くなったものを作って持ってきてくれたとか。

 ちなみに、つんく♂氏に「プロデューサーになってアイドルを育てていく」等のゲーム企画がよく持ち込まれるそうですが、設定や名前が欲しいんであって自分がいなくても作れるだろうと断っているそうで。そういう安直なコラボは、発売前から「名前だけ貸したんだろw」って批判が飛び交うのは目に見えてるんだけどね。

リズム天国ゴールドリズム天国ゴールド
メーカー:任天堂
発売日:2008/07/31
機種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・『リズム天国 ゴールド』公式サイトオープン
 ・社長が訊く『リズム天国 ゴールド』
 ・『リズム天国 ゴールド』公式発表!
 ・田舎者お断り『リズム天国』(今週の一枚)
 ・アーケード版『リズム天国』、全国稼動開始!
 ・『リズム天国』、ゲームセンターに復活!
■関連リンク
 ・社長が訊く『リズム天国 ゴールド』つんく♂さん編
 ・『リズム天国 ゴールド』公式サイト
 ・『リズム天国』GBA版、公式サイト
 『リズム天国』アーケード版、公式サイト
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

『救急救命カドゥケウス2』プロモーション公開

 アトラスの各ソフト公式サイトとは一味違った様々な情報を掲載しているアトラスネットにて、DS『救急救命 カドゥケウス2』のプロモーションムービーが掲載されました。YouTubeで張られており、公式で共有可能といったところなんでしょう。8月7日発売予定。



 Wii『ニューブラッド』で登場した手術も見受けられる。
 シリーズ全て、日本ではお世辞にもヒットとは言えないけれど、オイラを含め熱狂的支持者は多い。逆に言えば、そろそろフルモデルチェンジみたいのを望む人も多い。『ニューブラッド』に対しても「基本的に変わってない。飽きた」等の評価も決して少なくなかった。

 テーマがテーマだけに、日本で売るのも相変わらず厳しいとは思うけど、ネット上では話題になったこと、DSであること、タイトルがわかりやすくなった等で、なんとかある程度のヒットをお願いしたいものだが。



■関連記事
 ・『救急救命カドゥケウス2』体験版配信開始
 ・『救急救命カドゥケウス2』公式サイトオープン。PVも
 ・カドゥケウス再び! 最新作公式発表!
■関連リンク
 ・『救急救命カドゥケウス2』公式サイト
 ・『カドゥケウス NEW BLOOD』公式サイト(Wii)
 ・『カドゥケウスZ 二つの超執刀』公式サイト(Wii)
 ・『超執刀 カドゥケウス』公式サイト(DS。シリーズ初代)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

パチンコなら最高だった(今週の一枚)

ストップウォッチでスリー7

暇人の極み

■前回の一枚
 ・欲しいなぁ・・・

■関連リンク
 玩具『5秒スタジアム』紹介サイト
■どうでもいいアフリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7/13~7/19を愚痴る

 E3が終わりました。各社の発表を生で見た方、錯綜した情報の整理に追われたブロガーの方々、それらを読みあさっていた皆々様、大変お疲れ様でした。
 任天堂サイド、ソニーサイド共にイマイチ元気が無かったとの意見が多いですね。任天堂サイドは去年のようなサプライズが無かったと言えるでしょうし。

 その点、今年のMSサイドは元気がありました。特に、FF13のマルチ展開発表は色んな意味で衝撃が広がりました。今のところ日本には直接関係ない発表でしたが、大きな疑惑と衝撃が走ったのは間違いない。それに、再三「PS3版と360版の違いは無い」とも言っている。つまり、PS3のフルパワーを使わなくするってことだから、日本のユーザーにも直接影響があるとも言える。
 360が元気になることによる日本への影響もあります。別に360に恨みは無いですが、どんどん日本のゲーム業界が海外に押されているようで気分複雑です。

 ついに『どうぶつの森Wii(仮)』が姿を現しました。Wiiでもフルモデルチェンジとは言わず、正当進化の様子。別売りのマイクはそこそこのサプライズでしょうか?
 思えば、Wiiコネクト24を活かしたゲームって皆無の状態。やっとでこれを活かすゲームの登場となりそうです。相手が起動していなくても相手の村に遊びに行ける、手紙が送れると考えると一気に楽しさが広がりそうですね。
 データの引継ぎも出来るようなので、「くさ村」状態になっているのであれば、発売に備えて少しずつでも復旧させていくのもいいかもしれません・・・apple

■今週の記事
『どうぶつの森Wii』はDS版のデータを引き継げる
 オイラの村は「くさ村」状態・・・
『FF13』PS3独占を中止。信頼失墜は必至
 ついに崩れたか・・・
Wii『デッドライジング ゾンビのいけにえ』発表 +懐かし動画
 グラフィック劣化を何で埋めるか
DS『ドラクエⅤ』はコピーガード付き?
 どんどんやれ。マジで。
3大ハード同時展開『ソニック ワールドアドベンチャー』公式サイトオープン
 Wii版だけ画面写真なし。不安
『-零- 月蝕の仮面』プロモーションとテレビCM公開
 女性バージョンがちょっとウザい?
ヨガの次はフラダンス・・・『Hula Wii みんなでフラをおどろう!!』発表
 使い方はステキだが、秋はフラダンスってのも・・・
『ポケットモンスター プラチナ』予約開始
 もう小学生には追いつけないよ・・・
『Wiiミュージック』が示すのは【限界】か【新たな可能性】か
 メディアからも注目高くなりそう。
『リズム天国 ゴールド』公式サイトオープン
 ちょっと寂しいサイト。リニューアル希望
E3、任天堂メディアブリーフィング、生中継始まる!
 中学の頃、真面目に英語勉強すればよかったなぁ・・・
Wiiリモコン強化へ、「Wii MotionPlus」発表
 Wiiリモコン新世代始まる?
E3、迫る!
 寝不足確定!
社長が訊く『リズム天国 ゴールド』
 製作者リーダーは無口なお方だった

■どうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・iPhoneでたね
■日記
 ・日記:能代の三尺玉動画に色々付けてみた
 ・日記:北東北・平成初の花火に行ってくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『どうぶつの森Wii』はDS版のデータを引き継げる

トウモロコシチェアーの画像

 いよいよ画面写真が発表された『どうぶつの森Wii(仮)』ですが、DSとの連動についても少しわかってきました。

 まず、『おいでよ どうぶつの森』の家具カタログデータが引き継げるようです。これにより、DS版で集めた家具がWii版ですぐに使えることになります(ベルは必要だろうが)。新家具が追加されているのは勿論のこと、Wi-Fiにより新家具の配信にも対応。
 また、Wi-Fi環境が無い人のため、DSに自分のデータを入れて友達宅に遊びに行くことも可能らしいです。更に、DSステーションからDSを中継しての家具配信も予定されている。Wi-Fi環境が無い人にはDSを使ってバックアップする体制のようだ。

 ゲーム中、DSのモニターを使った仕掛けなんかもあるかもしれない。こういうとき「Wiiを持ってる人の大半はDSを持っている」という前提は非常に心強いものだなぁ。Wii発売前、バンナム副社長がそんな事を言ってたっけ。


■関連記事
 ・E3、任天堂メディアブリーフィング、生中継始まる!
■関連リンク
 ・ファミ通の記事
 ・DS『おいでよ どうぶつの森』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『FF13』PS3独占を中止。信頼失墜は必至

 各ハードの売上状況から見れば予想できた事だったけど、FFだけは動かないと思っていた。十分にハードを引っ張る力を持っているどころか、PS3最強の切り札だった。
 完成するのがもう少し早かったら、PS3と360がこうも離れる前だったら予定通り独占発売だったろう。「○月のPS3販売台数、『FF13』効果でWiiを大幅に引き離す」等のニュースが飛び交ったに違いない。

 日本を代表する会社の看板作品が起こした”不祥事”は、全ての【独占供給】の信頼を著しく失墜させるのは必至。そしてなにより、いわゆる次世代機を買おうとしているプレイヤーへの多大な混乱、発売前から「FF13はPS3だけ」と聞かされてPS3を買ったユーザーの士気の低下は避けられない。

 ただ、これは海外の展開であって、日本では予定通りPS3のみで発売予定という。
 確かに、今の日本で360に発売するメリットは小さいだろう。販売台数は勿論だが、360ユーザーにあまり歓迎される作品とも思えない(もちろん、ある程度は売れるだろうが)
 これで日本でもマルチ展開したら、もはや笑い話でしかない。いや、発売しなくても「近い将来、何かのカタチで360でも発売されるのでは?」という疑惑は延々とついてくる。

 商売なんだ、社員とその家族の生活がかかってるんだ、信念とか言ってる場合じゃないのはわかる。360で発売するメリットは大きなものだろう。ただ、この”前科”が及ぼす中長期的なデメリットも決して小さくない。
 多分、日本のゲーマーは世界一厳しい。長い長い”罪滅ぼし”と”誠意”を要求するに違いない。

 願わくば、それが今後のクオルティ向上というカタチで達成される事を祈りたい。


■関連記事(いつもお世話になっております)
 ・FF13、マルチ展開決定。しかし日本ではPS3だけゲームの闇鍋さん)
■関連リンク
 ・『ファイナルファンタジー13』公式サイト

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Wii『デッドライジング ゾンビのいけにえ』発表 +懐かし動画

 ホラーな物語、凄まじい数のゾンビ、グロテスクな表現満載で18禁・・・が、グロテスクなんだけどアホゲーテイストな感もあり360で話題になった『デッドライジング』がWiiでも発売されることになりました。
 Wii版は『デッドライジング ゾンビのいけにえ』。2流ホラー映画っぽいタイトルが良くも悪くもゲーム内容にマッチしてる?といったところか。

 個々のゾンビはさほど凄くないけど、とにかく凄まじい数が画面上を歩き回る様が「まさに360が実現した面白さと迫力(グロさ?)」と思っていたが、Wiiでもやってしまうようだ。
 さすがにグラフィック劣化は避けられなかったようだが、十分にそれっぽさは出てるらしい。シリーズの新作ではなく、《移植》+《新要素》-《グラフィック》といった感じみたい。


↑懐かしいねぇ

 さて、どうなることやら。
 まぁ、360だけに日本では目立ったヒットは出せなかったので(日本の360の中ではヒット)、Wiiで日の光が当たるならそれも悪くないが、なんか強引な気もするなぁ。まずは詳細待ちか。

■関連リンク
 ・Wii『デッドライジング ゾンビのいけにえ』公式サイト
 ・X-Box360『デッドライジング』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DS『ドラクエⅤ』はコピーガード付き?

風が強くてコピーができない画像

 情報筋(某掲示板とかな)によると、先日発売したDS『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』は違法コピーガードらしきものがかかってるみたい。
 起動しないとかではなく、イベントで船が永遠に港に着かないとか、そういう遊び心溢れる(?)コピーガードらしい。しかも、それは数箇所に設置されてるらしい。

 破られるのも時間の問題(既に破られたかもしれない)だろうが、これは面白い。特にお隣の国は海賊版天国なので、こういう対策はガンガンやってもらいたい。
 ってか、お隣の国ばかり叩くけど、日本だって某動画サイトとかあるし、ある意味海賊版天国なんだけどね。それに、ファミ通ページには広告まで出てるらしいしね・・・さすがヒゲ

 こういう対策がとれるなら、結局破られるにしても面倒になるのは間違いないしガンガンやっていいんじゃないだろうか。あと、違法サイトや違法パーツの販売社等をガンガン叩くのも多少の抑止力になるだろう。
 まぁ、お隣の国ではチラホラ訴えた話を聞くが、日本ではあまり聞かない。それだけ大きな影響は出ていないのかもしれないけど、そのパーツはアマゾンで常に結構上位にくい込んでるし、それなりに美味しい想いしてる人は多そうだけどなぁ。



■関連記事
 ・マジコン販売業者に対し、ついに任天堂+54社が一斉提訴
 ・『ドラクエⅤ』サイトに人生スゴロク出現
 ・DS『ドラクエⅤ 天空の花嫁』プロモーション公開
 ・DS『ドラクエ5』公式サイトオープン。新要素は4つ?
 ・DS『ドラクエⅤ』発売日決定
■関連リンク
 ・DS『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3大ハード同時展開『ソニック ワールドアドベンチャー』公式サイトオープン

 セガは、X-BOX360・PS3・Wiiで今年発売予定の『ソニック ワールドアドベンチャー』の公式サイトをオープンしました。数枚の画面写真と、少しムービーを見ることができます。

 で、その写真やムービーはほぼ間違いなくPS3やX-BOX360のもの。Wii版は、多分無い。
 「Wii版はリモコンによる直感操作!」とかなんだろうけど、詳細情報を載せるときはWii版だけ別個に掲載するんだろうか?最悪、「画面はPS3版及びX-BOX360版のものです」とだけ書いてWii版は掲載しないなんてないよね?

 関係ないけど、某人気アニメのゲーム画面で、PS3版に赤青黄緑のABXYボタンが表示されてて一部で話題になってたね。

■関連記事(いつもお世話になっております)
 ・PS3公式サイトで使われている「ドラゴンボールZBL」の画像が360版な件はちま起稿\(^o^)/さん)
■関連リンク
 ・『ソニック ワールドアドベンチャー』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

『-零- 月蝕の仮面』プロモーションとテレビCM公開

 何かと揺れていてるテクモ×『ノーモア★ヒーローズ』等の須田氏×任天堂販売のコラボで7月31日発売予定、Wii『-零- 月蝕の仮面』のプロモーションムービーとテレビCMが公開されました。


※プロモーションムービー

 多分、ヌンチャクで移動しながらリモコンで照らすといった操作なんだろうなぁ。そう言えば、初めてリモコンが発表されたデモでもそんな場面があったなぁ(『ルイージマンション』の続編だと言われ続けていたっけ)


※テレビCMの一つ

 CMは現在4種類が公開中。女性バージョンと男性バージョンが2個。これから増えるかは微妙なところ。

 全パターンでゲーム画面を一切見せず、恐がりながらプレイする様を映すことに徹している。恐怖がジワジワ滲み出るゲームなワケで、数秒だけゲーム画面を出すとかえって安くさく見えるのかな?とかも考えたり。
 「演出で暗くしてるけど、遊ぶときは明るい部屋で遊んでね」のテロップ付き。女性バージョンに少々ウザさというか過大な演技を感じるのはオイラだけだろうか・・・

 テクモ枠でもこれと同じCMを流すんだろうか?それとも、まったく違うテクモオリジナルパターンがあるのかな?
 いずれにせよ、任天堂の大人向けゲームCMはアレなのが多い中、今回は、まぁ合格なんじゃないかな。

零-月蝕の仮面-零-月蝕の仮面-
メーカー:任天堂
発売日:2008/07/31
機種:Wii
開発:テクモ


■関連記事
 ・『零 -月蝕の仮面-』に不具合。フリーズもあり
 ・『-零- 月蝕の仮面』公式サイトオープン
 ・Wii『-零- 月蝕の仮面』、発売日決定
 ・テクモ、Wii『-零- 月蝕の仮面』発表
■テクモが色々と大変な関係記事
 ・テクモ社員、今度は残業不払いで訴える
 ・テクモ、板垣伴信氏と全面対決へ!
 ・テクモを代表するクリエイター、同社を訴える+退職する
■関連リンク
 ・WiiのCM集
 ・『-零- 月蝕の仮面』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨガの次はフラダンス・・・『Hula Wii みんなでフラをおどろう!!』発表

夕焼けの海岸でフラダンス

 マイルストーンは、バランスWiiボードに対応したフラダンスレッスンソフト、『Hula Wii みんなでフラをおどろう!!』公式サイトをオープンしました。08年秋発売予定、5,040円(税込)
 バランスボードによって、ビデオでは伝えづらかった体重移動についてもレッスンが出来る優れもの。フラレッスンだけでなく、ハワイ観光のガイドも見ることができる。

 バランスボード専用なのかはわからないけど、使い方というか目の付け所は素晴らしいわ・・・
 ただ、ハワイをイメージさせておいて秋発売予定ってのはね。ちなみに、公式サイトの女性ステキspa



■関連リンク
 ・『Hula Wii みんなでフラをおどろう!!』公式サイト
 ウィキペディア -フラ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ポケットモンスター プラチナ』予約開始

プラチナガンダムの画像

 9月13日に発売されるポケットモンスターシリーズ最新作、DS『ポケットモンスター プラチナ』の予約受付が始まりました!
 発売まで時間はあるし、『ダイヤモンド・パール』ほどの勢いは無いだろうとは思うけど、特典があるので購入予定の方はお早めに!

 きっと伸びるだろうと思っていたのに、予定通り(発表当時は秋予定)9月に発売されることとになった。まぁ、リメイク作とは言え、ポケモン本シリーズを年末商戦に投入したら他を殺しかねないしね。



■関連記事
 ・『ポケットモンスター プラチナ』公式サイトオープン
■関連リンク
 ・『ポケットモンスター プラチナ』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記:能代の三尺玉動画に色々付けてみた


 動画編集とやらに挑戦してみた。簡単に色々出来て楽しいなぁ。
 やっぱり花火はええなぁ~。

■関連記事
 ・日記:北東北・平成初の花火に行ってくる
■関連リンク
 ・能代港まつり花火大会

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

日記:北東北・平成初の花火に行ってくる

続きを読む "日記:北東北・平成初の花火に行ってくる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Wiiミュージック』が示すのは【限界】か【新たな可能性】か

 E3前に「Wii MotionPlus」が発表され、より楽器を演奏してるように感じさせるため『Wiiミュージック』用だと思ってたけど、実際は違うみたいね。
 テキトーにそれっぽく演奏すれば、それが調整され誰でもプロになった気分で楽しめるソフトなんだと思う。それ自体は凄く楽しみだ。ナルシストソフトだ。友達や家族で合奏したときなど、最高の一体感と笑顔を与えてくれるに違いない。

 コナミのビーマニシリーズで火がついた音ゲーは、特にゲームセンターでは初心者お断り状態であり、遊んだ事が無い人が見れば「自分でもできそうだ」「触ってみたい」と思わせるのは殆ど無理な状況。(その点、ルールが一目瞭然で、身近だけど演奏したことがあるようで無い太鼓をテーマにしたアレが長生きなのも納得がいく)
 そんな現状を打破するかのように、音楽ゲームにおいて「ちょっとやらせて!」とWiiお得意のスタイルにもっていけるだろう本作は、まさにWiiの音楽ゲームと言えるだろう。

 デモの中で、プロのドラマーがそれっぽくリモコンやヌンチャクを振っていた。スネアドラムやシンバルの方向を叩くと、ほぼそのまま反応していたので「おいおい、そんな動きを検知できたのかよ?」と驚きながら観ていた。
 ところが、ファミ通の記事を読むと、実際は十字ボタンやAボタンで使い分ける操作だったみたい。Aボタンを押しながら振るとか、Bボタンを押しながら振るとか、そういうことだろう。

 知っての通り、Wiiリモコンは”振ったことを検知””画面指し示す””傾き”はキチンと検知するが、”どっちに振ったか?”は苦手だし、早い動きにはついていけない。当然、あんな早いドラムの動きには”振ったか否か”はわかるにしても”どっちに振ったか?”の検知はほぼ無理だろう。これを考えると、前述の操作も納得。
 まぁ、ドラムは例外的に操作が複雑で相当な練習が必要らしいが(だからレッスンモードがあると言っていたんだろう)、他の楽器は「それっぽく動かしたりボタンを押せば、それっぽい雰囲気を味わえる」ということなんだと思う。

 ただ、最初はいいかもしれないが、ある程度慣れてきたとき、自分の動きとリンクしない音に楽しさを見出せるかは猛烈に不安だ。ボタンを押すタイプなら大丈夫にしろ、打楽器や弦楽器が心配。もちろん、こんな素人の不安なんぞ製作側はとっくの昔に考えてるだろうが。

 多分、年末商戦で《『Wii Fit』の次》みたいな位置付けで登場するんだろう。
 数十種類もの動きを再現するというWiiリモコンの限界に挑むような本作で、サードパーティへ新たな可能性やヒントを提供するのか、それとも限界を感じさせるのか。

 多分、今回のE3で一番「隠し玉」と言える発表だった『Wiiスポーツ リゾート』は「Wii MotionPlus」を同梱して来年春に発売予定という。
 『Wiiミュージック』を遊んだ後、「リモコン単体でここまでやれるなら、Wii MotionPlus付ければ・・・」と期待が増すのか、「『Wiiミュージック』で限界を感じたから、Wii MotionPlusを作ったんじゃないか?」と黒い話が飛び交うかは注目かも。

余談
Wiiミュージックデモ
↑志村○んに見えたのはオイラだけですか?

Wii MusicWii Music
メーカー:任天堂
発売日:2008/10/16
機 種:Wii



■関連記事
 ・E3、任天堂メディアブリーフィング、生中継始まる!
 ・Wiiリモコン強化へ、「Wii MotionPlus」発表
■関連リンク
 ・任天堂メディアブリーフィング録画映像(日本語訳付)が置いてるページ
 ・ファミ通、『Wiiミュージック』の紹介と宮本氏へのインタビュー記事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

iPhoneでたね(投票結果)

欲しい!:12

結局、何かが凄いの?:26票

転売屋乙!:7票

 何事においても「ヘリコプターから目視できる行列」は強烈な説得力がある。
 どの店に並んでたか知らないが、あんな人数分を仕入れている店があるんだろうか?仮にあったとしても、あれって契約とかあるワケで、その日のうちに後ろの人に順番が来たんだろうかって思うのよ。

 で、結局、普通の携帯と何が違うの?
 いや、タッチパネルなのはわかるよ。だけど手の型とか画面に付くと凄く気になるよね。そして、電話した後の携帯画面って最悪の状態だよね。顔の脂ベットリ。真夏なんか汗ビッショリ。

 そう言えば、真夏にスーツ来て汗だくで取引先訪問するのもうイヤだよ。でも、やっぱり社長って歳いってる人が殆どだから、クールビズなんて横文字は通じないワケよ。エアコンをガンガンかけてスーツフル装備で仕事と。あぁ、家にもエアコン欲しいわ。

■前回のどうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・KYって定着しそう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

『リズム天国 ゴールド』公式サイトオープン

 注目作だけどお手頃価格、お手頃価格だけど前作はプレミア価格、DS『リズム天国 ゴールド』の公式サイトがオープンしました。メトロノームが現れ「合わせて手拍子してみましょう!」と簡単なお遊びがお出迎えしてくれる。

 ”社長が訊く”でもとりあげ、注目が高いことは任天堂も承知してると思うんだけど、実に簡素なサイトになっている。これから充実していく可能性はあるし、シンプルゲームなのにサイトがゴチャゴチャしててはイカンと思ったにしても、やはり少し寂しい。プレイ動画の一つくらい載せて欲しかったが。

 ちなみに、上部には広告のように「プレミアムDSLiteが当たる」が表示されている。あと、下部にさりげなく「つんく♂」の文字も。

 縦に持ってプレイするということで、『ナナシ ノ ゲエム』みたく疲れないか少々不安だが、まぁ楽しみで仕方ない!激オススメ!是非!

リズム天国ゴールドリズム天国ゴールド
メーカー:任天堂
発売日:2008/07/31
機種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・プレビュー:ナナシ ノ ゲエム
 ・社長が訊く『リズム天国 ゴールド』
 ・『リズム天国 ゴールド』公式発表!
 ・田舎者お断り『リズム天国』(今週の一枚)
 ・アーケード版『リズム天国』、全国稼動開始!
 ・『リズム天国』、ゲームセンターに復活!
■関連リンク
 ・『リズム天国 ゴールド』公式サイト
 ・社長が訊く『リズム天国 ゴールド』
 ・『リズム天国』GBA版、公式サイト
 『リズム天国』アーケード版、公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

E3、任天堂メディアブリーフィング、生中継始まる!

追記
 録画した動画(しかも日本語訳付き)が公式に公開されたので、そっちを観た方がいいかも・・・
録画動画が置いてるページ
 まとめとか、色々語るのは今週中に必ず。
 とある書類の提出期限の関係でワンダフル残業なんだよ。帰ってきてから頭使いたくない。


 いよいよ始まった、E3・任天堂メディアブリーフィング!
 意味があるかわかんないけど、とりあえず書き起こしていこうと思う。英語検定なんて気のきいたもんは持ってないから、誤植だらけでも責任とりません。

●1:00、ほぼ予定通りスタート。
●1:04、テクノな音楽にのせて、永延とゲームで遊んでる人々の写真が次々と映し出されてます。語りはまだ始まっていません。
●1:06、DSやWiiを遊んでいる人々の動画開始。
●1:07、動画終了。女性が登場「私はレジーではありません」
●1:10、女性がスノーボードを語り、ステージ横からバランスボードでスノボーゲームを操作する人登場。1080の新作か?(ゲーム中では失敗したのか一回転んだ)
●1:11、登場した男性と最初に登場した女性が何か語っておる。
●1:12、二つ目のバランスボードに女性が乗って、同じゲームでハーフパイプ競技を始めました。動きがかなり1080チック。シリーズの新作と見て間違い無さそう。
●1:14、岩田社長登場。相変わらず、日本人でもわかりやすい英語で語る。
●1:15、『Wii Fit』等を例に、ゲーム業界にパラダイムシフトが起こっている?
●1:16、ゲームを作るのは2.3年かかるようになったが、『脳トレ』や『ニンテンドックス』はそんなに時間はかからなかった?
●1:21、ゲームの歴史みたいのを語ってるらしい。今ゲームは多くの人が楽しんでいる?
●1:23、『動物の森』の映像スタート!
●1:25、『どうぶつの森Wii』の映像を流しながら語る!
●1:26、『どうぶつの森Wii』はMii対応。専用周辺機器(マイク)あり
●1:27、オンライン対応でみんなで釣りができる?
●1:28、レジー社長登場!
●1:29、売上の話をしてる。DSの話、アメリカで一番勢い良く売れたのは『ポケモン不思議のダンジョン』?
●1:35、『Wiiスポーツ』『Wii Fit』のような体験型ゲームは成功した?
●1:38、スターウォーズの新作、レイマンの新作(バランスボード対応)、コールオブデューティーの新作(ザッパー対応)、映像が次々と。
●1:40、ギターヒーローのDSが出ますよという話。開発者インタビュー?と共に少し映像あり。GBAスロットに挿し、DSをギターっぽくする周辺機器あり。
●1:44、グランドセフトオートの新作がDSで冬に出る話。
●1:47、再びレジー社長登場。「Wiiモーションプラス」の紹介。
●1:48、『Wiiスポーツ リゾート』の話!Wiiモーションプラス同梱?
●1:50、同ゲームで、浜辺でフリスビーを投げるゲームの実演。
●1:51、同ゲームで、水上ジェットスキー(ウエーブレースそっくり)を運転する実演。
●1:52、同ゲームで薪割りのように巨大な鉛筆を割る実演。同じ要領で、チャンバラのように対戦する実演。
●1:56、『Wiiミュージック』でドラム演奏。Wiiリモコンとヌンチャクで叩き、バランスボードで足による演奏もあり。
●1:57、宮本氏登場。『Wiiミュージック』でサックスを演奏しながら登場。
●1:58、スポーツや健康と並んで、音楽は欠かせなかった話。
●2:00、宮本氏『Wiiミュージック』を語る。ガイドを追う必要は無く、テキトーにそれっぽく動けばWiiが勝手に正しい音を出してくれる。50種類を超える楽器を、その楽器のフリで演奏する事が出来る。演奏を評価するゲームではない。演奏は6人だが、その中から最大4人で楽器を選んで演奏する。
●2:04、自分で何役もこなしたのを合体させ、音楽ビデオを作る事ができる。
●2:06、5人でマリオのメインテーマの演奏。結構アレンジがきいてる。
●2:08、再び最初の女性登場。まとめっぽい雰囲気。
●2:10、終了。

 去年の『Wii Fit』ほど衝撃が無かったかなぁ?
 「Wiiモーションプラス」についてもあまり長々とは語らずインパクトが小さかった。動きの検出が凄くなるのはわかるけど、Wiiリモコンを動かして遊ぶ様は見飽きているのが大きいだろう。既に発表されていたのも一因かね。まぁ、「新しい楽しさ!」ではなく「補助・強化」だから、長々と語られても困るのだが。

 『Wiiミュージック』だが、宮本氏の演奏(リモコンの動き)に対して音が合致していたのかもイマイチわからなかった。

 『どうぶつの森Wii』は2008年に登場予定と語っていた気がする。
 周辺機器としてマイクが登場するとはなかなか意外。フレンド登録すれば、本当に語りながら遊べるといったところなんだろう。声付きの手紙が送れたりすると楽しそうだが、どうだろ?
 キーボードに対応するのも良さそうだけど、色々と複雑になりそうだから対応しないんじゃないかな?あるいは非公式対応とか。

 『Wiiミュージック』だけに頭がいってたもので、『Wiiスポーツ』の新作が出るとは結構意外でした。しかも、こっちにWiiモーションプラスを同梱とは。(Wiiミュージックがどうなるかわかんないけど)

 まぁ、とりあえず寝るわ。
 こんなボケーっとした状態で色々考えるのは辛い・・・まとめ等は近いうちにやるとするか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

Wiiリモコン強化へ、「Wii MotionPlus」発表

 任天堂は、Wiiリモコン拡張コネクタに挿して使用する「Wii MotionPlus」を公式発表しました。
 これは、Wiiリモコンが搭載している加速度センサー等と連携し、手の僅かな動きや角度等を検出する為のもの。

 知っての通り、Wiiリモコンは画面をポイントしたり画面との距離の検出は得意でしたが、”振る”のはわかるにしても”どっちに振ったか?”等の検出は擬似的であったり無理なものがあります。これらを完璧に検出する、又は大幅に改善する為の周辺機器と思われます。

 これは、チラホラ情報が出ていた『Wiiミュージック』に間違い無さそうです。指揮棒のようにリモコンを振ったり、バイオリンを弾くような動きにも対応できるようになるということでしょうか?
 去年、宮本氏が『Wiiミュージック』を使ってリモコンのデモをしながら登場するパフォーマンスがありましたが、反応がぎこちないのは誰が見ても明らかでした。
 どれくらい改善・強化されるかわかりませんが、完璧なほど検出できるようになれば、かなり夢が広がる周辺機器です。

 問題はどう広めるか。
 『Wiiミュージック』専用にとするのは勿体無いですし、同作には同梱するにしても、その後「Wii MotionPlusが無いと遊べません」的なソフトのヒットはかなり難しだろう。

 今後のWiiリモコンには同梱(又は同機能搭載)+ジャケットのように無料配布は厳しいだろうか?紹介写真を観ると、Wii MotionPlusを付けた状態のジャケットも出るようだが・・・ちなみに、同周辺機器を付けた状態から更にヌンチャク等の周辺機器を付ける事も可能なようだ。

■関連リンク
 「Wii MotionPlus」紹介ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

E3、迫る!

 さて、今年もいよいよE3が迫ってまいりました!
 7月14日~17日までアメリカのロサンゼルスで開催されます。大幅に規模を縮小したものの、世界戦略の中で最も重要な発表会に変わりはなく、各社からビックタイトルや隠し玉発表のオンパレードになっています。実質、世界では年末商戦開始のような位置付けになっています。

 さて、今年はどんな発表があるのか?
 去年の任天堂の目玉は『Wii Fit』でしたね。ただ、発表前から「健康をテーマにしたもの」「画期的で目玉になる」とはわかっていましたが、今回は確定的な情報がありません。
 多く飛び交っていたり確率が高そうなのは「どうぶつの森Wii」「Wiiミュージックの詳細」「パンチアウトの新作」「ピクミン3」「バランスボードを使った新作」でしょうか。

 「どうぶつ森Wii」は公式に開発中なのが発表済みですし、宮本氏の口からピクミンの話はチラホラ聞かれます。ただ、「Wiiミュージック」の詳細発表は確実な雰囲気ですね。
 まったく情報が出ていない新作が出るか、それらをどういう順番で発売していくかが注目ですね。特に、「どうぶつの森Wii」は続編物としては数少ない強力な切り札ですので重要でしょう(ゼルダの新作の噂や発言が絶えませんが)。

 今のところ、任天堂サイトに生中継リンクは無いようです。昨年は公式サイトで生放送が用意されたのですが、今年は海外サイト等の世話になりそうです。
 日本時間で任天堂カンファレンスは16日の午前1時頃の予定だそうです。仮眠するか起きてるか微妙な時間なので困りものです。オイラは仮眠をとることにします。
昨年同様、公式サイトからリンク張るみたい

 無事に観られたら、去年同様に無駄に文字にしたいと思います。こういうとき、英語得意な方はいいよね。

 では、良い寝不足を!

■関連記事(去年の話)
 ・7/8~7/14を愚痴る(E3まとめ)
 ・E3、任天堂カンファレンスを文字で生中継してみる!
 ・E3任天堂カンファレンス、間もなくスタート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

社長が訊く『リズム天国 ゴールド』

 7月31日の発売迫る、DS『リズム天国 ゴールド』の社長が訊くが掲載されました。
 世間の目が発売済みだったDSに向いている中GBAで発売された為、あらゆる不安を抱えたまま世に送り出した話から始まり、アーケードへの展開、そしてタッチペンでいかに心地よいリズム感を表現するか悩みに悩み、苦心の末に完成させた”はじく”について語られています。

 ”押した事が瞬時に、そしてわかりやすく伝わる操作性”が非常に重要になる本作。それはタッチペンよりボタン入力の法が有利なのはわかっていたが、DSなんだからと必死にDSならではの操作を研究したそうです。つんく♂氏からダメ出しを食らったが、氏のアドバイスが非常に的確で大きなヒントになった話も。

 また、開発の中心的人物”大沢氏”の寡黙ぶりがとても印象的な対談です。「・・・・・・・・・」が非常に多い。周りがフォローしながら進んでいる様が伝わります。口に出さず、熱く熱く、それでいて親切丁寧に仕事をするお方だそう。

 ちなみに、GBA版はネット上ではプレミア価格になっていて、一般店での入手も非常に困難になっています。手放す人が非常に少ない良作である事を意味しています。オイラも大プッシュ!ヒット確実なのにお手頃価格。是非!

リズム天国ゴールドリズム天国ゴールド
メーカー:任天堂
発売日:2008/07/31
機種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・『リズム天国 ゴールド』公式サイトオープン
 ・『リズム天国 ゴールド』公式発表!
 ・田舎者お断り『リズム天国』(今週の一枚)
 ・アーケード版『リズム天国』、全国稼動開始!
 ・『リズム天国』、ゲームセンターに復活!
■関連リンク
 ・社長が訊く『リズム天国 ゴールド』
 ・『リズム天国』GBA版、公式サイト(簡単な告知あり)
 『リズム天国』アーケード版、公式サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

7/6~7/12を愚痴る

 E3が迫る今日この頃。例年通り、公式サイトオープンラッシュとなっています(東京ゲームショウ前はもっと凄まじいラッシュになるでしょうが)
 昨年のように公式サイトで生中継されるか心配。どうせ数時間しないうちに動画は流れ出すんだろうけど、やっぱりライブ感ありますし、また眠い目をこすって観たいものです。

 さて、今年はどんな発表があるのか?
 様々な憶測や噂が飛び交っていますね。『どうぶつの森Wii』や『Wiiミュージック(仮)』、『ゼルダの新作』『Wii Fit オンライン対応版(又は対応する)』なんて話もありました。
 他にも、『DS Liteの派生モデル』『Wiiのカラーバリエーション』『Wii内蔵メモリ問題解決の周辺機器』『隠し玉』など・・・特にX-Box360の値下げが相次いでいますが、Wiiの値下げは無いでしょうね。

 去年の目玉は『Wii Fit』でしたが、今年も年末商戦の目玉となるソフトの発表が期待さます。『Wiiミュージック(仮)』がその役目を担いそうな雰囲気ですが、『どうぶつの森Wii』や、まったく情報が出ていない隠し玉の可能性も十分あります。楽しみです。

■今週の記事
Wii『牧場物語 わくわくアニマルマーチ』公式サイトオープン
 ちょっと乱発気味と思うのよね
原点回帰か Wii『ボンバーマン』公式サイトオープン
 思えば20年以上続いてるシリーズ
グロテスクピンボール、Wii『エイリアンクラッシュ・リターンズ』公式サイトオープン
 グロテスクって嫌悪感ないッスか?
『サバイバルキッズWii』公式サイトオープン
 売上もサバイバルチックにならなければいいが・・・
チョコボシリーズ最新作、DSで2作同時発表
 Wii→DSってなかなか珍しいよね
「Wii2008”夏”」テレビCM公開
 しつこいけど、『トワイライトプリンセス』はもっと売れるべきだよ・・・
DS『ファイアーエムブレム 新暗黒竜と光の剣』公式サイトオープン
 CMはお約束のオーケストラ風なのかな?
DS『クロノ・トリガー』公式サイトオープン。デモに疑問
 PS版、涙目
Wii『フラジール』公式サイトリニューアル
 特に新情報は無いが、相変わらずヒロインは大胆・・・

■プレビュー
 ・『ナナシ ノ ゲエム』
■どうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・KYって定着しそう?
■余談
 当ブログの記事数が1,000を超えました。
 どうでもいい乱発もあったから、あまり価値は無しと。

続きを読む "7/6~7/12を愚痴る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Wii『牧場物語 わくわくアニマルマーチ』公式サイトオープン

ダルそうな馬達の画像

 マーベラスエンターテイメントは、牧場物語シリーズ最新作、Wii『牧場物語 わくわくアニマルマーチ』の公式サイトをオープンしました。
 現在は基本的にゲーム内容については触れられていませんが、「りんどう湖ファミリー牧場」の入場券や同牧場自家製ヨーグルトが当たるキャンペーンを開催中。アンケートに答えれば誰でも応募可能。牧場に行ける方も少ないと思うので、ヨーグルトを狙うのも悪くない。

 それにしても、同シリーズも長く続いてきた看板シリーズだけど、ここ数年は乱発気味かなぁと。低年齢層向けになってきたし、大作の類ではないのでビジネス的には良いテンポだと思うけど、なんかね。

牧場物語 わくわくアニマルマーチ牧場物語 わくわくアニマルマーチ
メーカー:マーベラスエンターテイメント
発売日:2008/10/30
機種:Wii



■関連記事
 ・『牧場物語 やすらぎの樹』公式サイトオープン!
■関連リンク
 ・『牧場物語 わくわくアニマルマーチ』の公式サイト
  └・牧場物語わくわくプレゼントキャンペーン
 ・『牧場物語 やすらぎの樹』公式サイト
■写真について
 ・尻屋崎と寒立馬
 ・ウィキペディア -寒立馬(かんだちめ)-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原点回帰か Wii『ボンバーマン』公式サイトオープン

ピース爆発

 ハドソンは、累計1,000万本を突破している看板シリーズ最新作、Wii『ボンバーマン』の公式サイトをオープンし、ゲームの詳細や壁紙配布を開始しました。9月25日発売予定。価格は5,040円(税込)と比較的お手頃。

 Wi-Fi通信による世界中のプレイヤーとの8人同時対戦の搭載し、ランキングにも対応。更に、リモコンを振る等で発動する新アイテムを3種類公開。MiiでWi-Fi対戦に参加することもできる。

 Wi-Fiによる8人同時対戦って、普通に嬉しいですね。
 ちなみに、個人的に注目しているのはタイトル名。『ボンバーマンWii』等でなく、ただの『ボンバーマン』としている。原点回帰の意思表示なんだろうか?

 思えばファミコンが登場してから20年以上経った。バーチャルコンソールを遊んでてもそう思うんだけど、そろそろ時代が一周してもいいんだろうか?なんて思ったり。

ボンバーマンボンバーマン
メーカー:ハドソン
発売日:2008/09/25
機   種:Wii



■関連記事
 ・ハドソン、Wii『ボンバーマン』を発表
■関連リンク
 ・Wii『ボンバーマン』公式サイト
 『ボンバーマンランドWii』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グロテスクピンボール、Wii『エイリアンクラッシュ・リターンズ』公式サイトオープン

 ハドソンは、Wiiウェア『エイリアンクラッシュピンボール リターンズ』の公式サイトをオープンし、ゲーム詳細とプロモーション映像を公開しました。8月配信予定。


↑バーチャルコンソールでも配信中、『デビルクラッシュ』の映像

 ジャンルは《グロテスク・アクション・ピンボール》となっています。CEROはB(12歳以上対象)。”ホラー”等ならわかるんだけど、”グロテスク”だと嫌悪感があったり・・・

 ちなみに、7月12日現在、DS『メトロイドプライムピンボール』の新品が1,500円を切って販売中。但し、08年7月~8月の”プレミアムDS 3,000名キャンペーン”の対象外ソフトなので注意。


■関連リンク
 ・DSソフト2本でプレミアDSが3,000名に当たる!
■関連リンク
 ・Wiiウェア『エイリアンクラッシュ・リターンズ』公式サイト(プロモーション映像あり)
  ├・バーチャルコンソール『エイリアンクラッシュ』公式サイト
  └・バーチャルコンソール『デビルクラッシュ』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サバイバルキッズWii』公式サイトオープン

脱走中

 コナミは、DSで好評を博してきた人気シリーズ最新作、『サバイバルキッズ Wii』の公式サイトをオープンしました。8月7日発売予定。定価は5,480円(税込)
 既にプレサイトはオープンしてた中、正式サイトのオープンとなりましたが、さほど細かい情報は今のところ掲載されていません(全体的に手抜きな感じ・・・)。ミニゲーム集な雰囲気です。

 ちなみに、コナミ通販サイト限定+数量限定の予約特典は7月12日現在は在庫あり。低年齢層向けなソフトですし、通販使う人は少ないんじゃないかなぁ?

サバイバルキッズWiiサバイバルキッズWii
メーカー:コナミ
発売日:2008/08/07
機種:Wii



■関連記事
 ・Wii『サバイバルキッズ』、予約特典発表
 ・コナミ、『サバイバルキッズ Wii』発表
■関連リンク
 ・『サバイバルキッズ Wii』公式サイト
 ・コナミスタイル、『サバイバルキッズWii』購入サイト(特典付《数量限定》はコチラから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KYって定着しそう?(投票結果)

定着しそう9票

間もなく消えそう:12票

ってか消えろ:29票

 基本的に悪い意味で使われる。そもそも良い雰囲気を読まなければいけない場面は少ない。みんな機嫌が良いんだから親切に教えてくれる。話すのが面倒とか、話すと余計に雰囲気が悪くなるので「話させるな!察しろ!」という事である。

 でも、そんな事言われたって、そもそも状況がわからない人に「察しなさい」なんて無理がある。
 ただ、例えば気のある異性に「日曜日、遊びに行かない?happy01」なんて送って、返事が無かった場合や日曜日の夜になって「ごめん、気付かなかったsweat01」とか「メール届いてなかったsad」などと返ってきたら真に受けない事だ。
 これに対し「そっかwobblyじゃあ、次の日曜日はどうかな?happy02」と送るのは、まさにKYである。電子文字に対しても空気を読まなきゃいけないんだから、大変な世の中になったもんだと思う。

■前回のどうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・特に死語だと思うもの

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

チョコボシリーズ最新作、DSで2作同時発表

ひよこファイト
 スクウェアエニックスは、DSソフト『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』と『チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者』の2タイトルを同時に発表しました。『時忘れ』が今秋発売予定で、『絵本』が今冬発売予定。

 タイトルからわかるように、『時忘れ』はWiiで発売されたソフトをベースにしたもので、シドの視点で物語が展開する。Wii→DSという少し変わった経緯を辿る作品となる。また、ユーザー投票による新規ジョブを登場させる新しい試みも行われ、ただいま公式サイトで募集中(8月8日正午まで)
 『チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者』は、DSで06年に発売された『チョコボと魔法の絵本』の続編に当たる。乱暴な言い方をするとミニゲーム集的なソフトだったが、評判は決して悪くなかったみたい。

 Wii『時忘れ』の評判はそこそこにしても、年末商戦の激戦で印象に残る程の売上は出せなかった。今度は秋にDSで再挑戦となるが、果たして・・・
 それにしても、それなりのビックタイトルが2タイトルも発表されたのにインパクトに欠ける気がする。前作の売上不振もあるだろうけど、やっぱり乱発気味にとられているのかもしれない。

シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+(Amazon.co.jp)

■関連記事
 ・『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』発売日決定
■関連リンク
 ・『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』公式サイト
 ・『チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者』
 ・『チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮』公式サイト
 ・『チョコボと魔法の絵本』公式サイト
 ・CNETの記事
 ・+D Gamesの記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Wii2008”夏”」テレビCM公開

 Wii.comにて、これまでのソフトの総集編的なテレビCM2種類が公開されました。
 大ヒットした(している)ソフトや、Wiiは家族全員が楽しめる様々なジャンルを網羅しているのをアピールするような内容となっています。

 宮本氏が「出来と売上が日本では比例してないと思う」と発言した『トワイライトプリンセス』や、Wiiならではの画期的な操作性を実現したもののイマイチ元気が無い『ウイイレ』も入っています。あとは、介助されながら『Wii Fit』で美しく”立ち木のポーズ”を美しく決めた女性の場面が印象深かった。

 こうして見ると、思えば多種多様なソフトが出てきたんだと思ったもの。あとは、コアゲーマー向けなりRPGでしょうね。ゲームキューブで「RPGが充実してきた」なCMがあったけど、あれはちょっと苦しかった(『シンフォニア』も含まれていたが、後にPS2に行ったし)。

 ちなみに、夏というからには『フォーエバーブルー』も出して欲しかったが、”前科”のあるソフトを宣伝するわけにもいかなかったかな・・・

■関連記事
 ・『フォーエバーブルー』無償交換へ
 ・『フォーエバーブルー』に不具合!
■関連リンク
 ・Wii.com内、テレビCM集
 ・『フォーエバーブルー』公式サイト
 └・「FOREVER BLUE」の不具合に関するお知らせ
    └・「FOREVER BLUE」の交換に関するお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DS『ファイアーエムブレム 新暗黒竜と光の剣』公式サイトオープン

 高難易度シミュレーションの金字塔で、記念すべきシリーズ初代のリメイク作、DS『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』の公式サイトがオープン。8月7日発売予定。

 リメイク希望の絶える事が無かった初代復活に応えて復活となりました。ただ、第2部『紋章の謎』が収録されてないので要注意。
 なんとなくアメゲーっぽくなったキャラが個人的には微妙なんですが、ワイヤレス通信はもちろん、Wi-Fi通信を介しての対戦等も搭載されているようで、なかなか気合いが入っています。

 サードパーティからもリメイク作が次々と発売されていますが、任天堂がリメイク作を出すのは結構珍しいです。他社のリメイク作は「小遣い稼ぎ」や「リサイクル」と概ね叩かれる傾向がある中、前作をやり込んだ人をも納得させられるリメイクとなっているのか注目です。

ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣
メーカー:任天堂
発売日:2008/08/07
機種:ニンテンドーDS


■関連記事(いつもお世話になっております)
 ・DS「ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣」公式サイトオープンホコタテブログさん)
■関連記事(当ブログ内)
 ・マルス再び!『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』発表
■関連リンク
 ・『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

プレビュー:ナナシ ノ ゲエム

ナナシノゲエム

 オイラはクリアしてないゲームのプレビューを書くのが基本的に好きじゃない。
 理由は長くなるので今回は省くけど、本作はやり込む系ではない一発勝負的な作品だし、数時間遊んだ感想でも良いだろうな・・・と思ったので書いてみる事にした。

 怖い系が基本的に苦手なオイラだが、「いくらなんでもDSのグラフィックと音で身の凍るような想いはしないだろうから、ちょっと涼しい気分になれれば」と軽い気持ちで手を出してしまった。すぐに考えを改める事になったのだが・・・
※基本的にネタバレ無し

続きを読む "プレビュー:ナナシ ノ ゲエム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

DS『クロノ・トリガー』公式サイトオープン。デモに疑問

DS『クロノトリガー』デモ
※噴出しはオイラが合成

 とまぁ、DS版『クロノ・トリガー』公式サイトがオープンしました。
 詳細情報はありませんが、簡単なデモと簡単な仕様を見る事ができます。今冬発売予定。

 色々とウワサや期待が飛び交いましたが、グラフィック3D化とか大幅強化は無いようです。
 ただ、2画面を使った演出や新しいお楽しみ等、追加要素はあるそうで。プレイ人数が1人~4人となっているのも気になるところ(ミニゲームの類だろうか?)

 概ねリメイク作は叩かれる傾向にある昨今。さて、どんな追加要素があるのか注目です。
 思うに、同じリメイクでも、気合いの入ったリメイクは受け入れられると思うのよ。どう考えても手抜きなリメイクが多いからダメなんであって。

クロノ・トリガークロノ・トリガー
メーカー:スクウェアエニックス
発売日:2008/11/20
機 種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・名作『クロノ・トリガー』DSで復活へ
■関連リンク
 ・DS版『クロノ・トリガー』公式サイト
 ・PS版『クロノ・トリガー』公式サイト(非常に簡素なもの)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Wii『フラジール』公式サイトリニューアル

 基本的に新情報が出ない中でコミック連載が発表された、Wii『フラジール さよなら月の廃墟』の公式サイトがリニューアルオープンしました。
 レイアウト変更や、ちょっとした演出が追加された程度で、特に新情報はありません。短いデモも基本的に既出の物で、画質やサイズが変わった程度。

 「募集企画」の項目も残っているが、既に締め切ったと出る。募集していた頃の概要は見る事ができる。そこに載っているヒロイン”レン”の画像も相変わらず大胆だわ・・・(既出のもの)

 それにしても、《2008年発売予定》とか《今冬発売予定》が増えてきた。E3が近いのもあり、ゲーム業界は既に年末商戦に入りつつあるんだろうなぁ。

フラジール ~さよなら月の廃墟~フラジール ~さよなら月の廃墟~
メーカー:バンダイナムコゲームス
発売日:2009/01/22
機 種:Wii


■関連記事
 ・『フラジール さよなら月の廃墟』、ゲームより先にコミック開始
 ・Wii『フラジール』と、日本の不景気をテキトーに愚痴る
 ・Wii『フラジール ~さよなら月の廃墟~』メルマガ配信開始
 ・WiiオリジナルRPG、『フラジール』公式サイトオープン
 ・バンナム、WiiオリジナルRPG『フラジール』プレサイトオープン
■関連リンク
 ・『フラジール ~さよなら月の廃墟~』サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

6/29~7/5を愚痴る

 スクエニが意味深なカウントダウンページを公開したけど、DS『クロノ・トリガー』情報が先に流れてしまって意味無し状態へ・・・(意図的な黒い噂も根強いらしいが)
 SFCで登場した本作だけど、PSにも+αで移植済の作品をどうDSに持ってるか気になる。基本的にベタ移植であるとか強引にタッチペンを使った云々だったら、多少高くてもバーチャルコンソールで配信してくれるだけで満足なんだけど。

 今年もパナソニックセンターで小規模なWii体験会議+データ配信が決定。裏を返せば、ニンテンドーワールドのような大規模な催しは夏には無いということなんだろう。まぁ、世界で見ればE3が近いワケで必要性が無いんだろう。日本人としては寂しい限り。

 メルマガだけ妙に充実しつつも新情報が出てこないWii『フラジール さよなら月の廃墟』ですが、ゲーム内容云々より先に「コミック連載開始」のニュースが・・・ゲームは期待してるけど、コミックは凄く心配なオイラでした。

 7月3日に発売した、DS『ナナシ ノ ゲエム』が非常に高評価を得ているようだ。
 体験版は遊んだが、操作性に問題はあるにしろ、肝のグラフィックや演出は秀逸。購入者のお話によると、音が非常に良いのでヘッドホン必須とか。DSでマジでビビらせてくれるなら、それだけで注目な一品かも。

■今週の記事
『ワリオランドシェイク』公式サイトオープン
 久しぶりの横スクロールアクション!OPアニメーション付き
『エレビッツ』今度はDSで登場らしい
 今度は撃沈しないで欲しいけど、どうだろ?
『ドラクエⅤ』サイトに人生スゴロク出現
 オイラのギャンブラーになって終わりますた
Wii『天誅4』、製作発表会ムービーを公開
 最初と最後のパフォーマンスが必要か否か
大画面Wii+DSデータ配信、パナソニックセンターで今年も開催
 プラズマテレビ欲しいなぁ
名作『クロノ・トリガー』DSで復活へ
 折角のカウントダウンも情報が先に出回ってしまいました
DS『ドラクエⅤ 天空の花嫁』プロモーション公開
 3人目の嫁候補出現!
Wii内蔵メモリ不足問題。容量アップの新型Wiiは無い予定
 ま、当然と言えば当然
『フラジール さよなら月の廃墟』、ゲームより先にコミック開始
 大半、このテのオリジナルってアレだけど・・・

■どうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・特に死語だと思うもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

『ワリオランドシェイク』公式サイトオープン

 久しぶりのワリオランドの新作、Wii『ワリオランドシェイク』の公式サイトがオープンしました。
 7月24日発売、定価は5,800円(税込)



 ご覧のように、従来通りの横スクロールアクションとなっております。思えば、横スクロールって久しぶりです。
 公式サイトではオープニングアニメーションも公開中。思えば、任天堂がオープニングアニメーションを使うのって異例?(開発元は違うにしても)

 コントローラは横持ちのシンプルスタイルながらも、タイトル通り振り回したり、大砲の角度を決める等の際に傾けるなど特徴を活かしたものになっている。

 それにしても、ワリオ以外のサブキャラとか世界観が、なんとなくドラえもん映画みたく感じるのはオイラだけか?

ワリオランドシェイクワリオランドシェイク
メーカー:任天堂
発売日:2008/07/24
機種:Wii


■動画引用+関連記事(いつもお世話になっております)
 wii「ワリオランドシェイク」ゲームプロモ。ゲーム&情報ブログ(SF & NF)さん)
■関連リンク
 ・『ワリオランドシェイク』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『エレビッツ』今度はDSで登場らしい

D1000235
※オイラ撮影。06年11月、Wii体験会より

 賛否両論はあれ(売上は撃沈にしても)、Wii同時発売サードソフトの中ではかなりWiiリモコンの特徴を使って好評だった『エレビッツ』が、今度はDSで発売される模様。画面写真を見る限り、システムはある程度踏襲してそう?

エレビッツDSの画像
他にも何枚かあります

 E3が近いのもあり、色々と出てきましたなぁ。日本では撃沈したからって、海外オンリーなんてことがありませんように・・・

オマケ

※これはオイラ撮影じゃございません。

■関連記事
 ・エレビッツ、ロングプレビュー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

『ドラクエⅤ』サイトに人生スゴロク出現

ドラクエスゴロクの画像

 発売迫るDS『ドラクエⅤ』の公式サイトが更新され、ゲームとは何も関係ないらしい人生スゴロクゲームが追加されました。サイコロを振るだけのお手軽ゲーム。

 止まったマスによってイベントが発生し、それによってステータスやレベルが変動し、それに伴って職業も変わっていくというもの。発生するイベントもゲームとはまるで関係なく、非現実的なものから微妙にリアルなものまで様々。サイコロを振る回数には制限があり、運が悪ければゴール出来ないでゲームオーバーになるそうな。
 分岐が幾つかあるため、多少の戦略もあるだろうけど、基本的に運勝負。最後にはランキングへの登録もある。オイラは400位だった。
 
ドラクエスゴロク結果画面
↑それは決してないですね。

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁
メーカー:スクウェアエニックス
発売日:2008/07/17
機種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・DS『ドラクエⅤ 天空の花嫁』プロモーション公開
 ・DS『ドラクエ5』公式サイトオープン。新要素は4つ?
 ・DS『ドラクエⅤ』発売日決定
 ・DS『ドラクエ4』、100万本出荷達成
 ・DS『ドラクエ5』が来春に決定。時代が一周したのか?
 ・『ドラクエ、4・5・6』DSでリメイク発売決定!
■関連リンク
 ・DS『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Wii『天誅4』、製作発表会ムービーを公開

 Wii『天誅4』公式サイトに、本作が大々的に発表された製作発表会の様子を撮影した動画が掲載されました。実際にプレイしている場面もあり、待ち焦がれている方にとっては結構よさげな内容となっています。

製作発表会前半ムービー
製作発表会後半ムービー

 こうやって公式に公開してくれると、コソコソ隠し撮りした動画が流れる事も無さそうだけど、大人の都合も絡んで色々難しいんだろうなぁ。それにしても、最初と最後のパフォーマンスは一般向けならまだしも、マスコミ向けに必要なのだろうか・・・

天誅4天誅4
メーカー:フロムソフトウェア
発売日:2008/10/23
機 種:Wii
開 発:アクワイア

■関連記事
 ・『天誅4』公式サイトオープン+プロモーションムービー
 ・Wiiに『天誅4』発売決定!
■関連リンク
 『天誅4』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特に死語だと思うもの(投票結果)

チョベリバー:26票

ナウいね17票

萌え~:9票

萌えは永遠に現役:9票


 《チョベリバ》超ベリーバットの事。とってもダメとか、まぁそんな意味なんだろう。親戚に「超MK5」などがある。
 流行語と言っても、現在の「KY」とか「空気読め」などのように誰もが使えたものでもなく、いわゆるギャル系の方々専門だった気がしないでもない。ギャルって言葉自体が死語な気がしないでもない。
 
 《ナウい・ナウいね》今時だねとか、まぁそんな意味。友達の父ちゃんに指摘されたので、遥か昔の流行語だったらしい。

 《萌え》マンガ・アニメ・ゲームの少女キャラなどに,疑似恋愛的な好意を抱く様子。特に「おたく好み」の要素(猫耳・巫女(みこ)などの外見,ドジ・強気などの性格,幼馴染み・妹などの状況)への好意や,それを有するキャラクターへの好意をさす。対象への到達がかなわぬニュアンスもある。
〔語源は,アニメ作品のヒロイン名とする説,「燃える」の誤変換とする説など,諸説ある〕
※某辞書より

 「フジョシ」と呼ばれる方々が男性キャラに対して萌え~とか言うのもアリらしいけど、どうでもいいや。

■前回のどうでもいい投票結果と、どうでもいい愚痴
 ・誰かの携帯番号について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

大画面Wii+DSデータ配信、パナソニックセンターで今年も開催

 7月19日(土)~21日(祝)、パナソニックセンター東京にて、今年も103インチ大画面テレビを用いたWiiソフト体験イベントが今年も行われます。今年は『マリオカートWii』が大画面で体験できます!(去年は『Wiiスポーツ』でした)
 他、『Wii Fit』『スーパーマリオスタジアムファミリーベースボール』『リンクのボウガントレーニング』等も50インチプラズマテレビで体験できます。また、『ぼくらのカセキホリダー』と『おいでよ どうぶつの森』の限定アイテムデータの配信も行われる。

 ってことは、今年も夏にニンテンドーワールドのような大規模な体験イベントは行わないのかも。全て発売済ソフトですし、そもそも規模が小さいですから、遠方から出向くほどのものではないでしょう(限定データが欲しいなら止めませんが・・・)

 それにしても、ゲームをするのであれば液晶よりプラズマが絶対良いです。倍速表示の液晶でもやはり辛いもんです。売れ筋は液晶だけど、最近はプラズマも消費電力や寿命の関係もかなり改善されてきてるようですし、売れて値段下がってくれないかなぁ・・・


↑見るだけタダ。宝くじ売り場へゴー!

■関連記事
 ・Wii&DS体験イベントをパナソニックセンター東京で開催(07年の話)
■関連リンク
 ・大画面プラズマテレビ&Wii体験イベント告知ページ
 ・パナソニック、プラズマテレビ/液晶テレビ『VIERA』紹介ページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名作『クロノ・トリガー』DSで復活へ

 SFCの大作RPG『クロノ・トリガー』がDSでも発売されるようです。2008年冬、発売予定とか。
 公式にはスクウェア・エニックスのページで、2008年7月7日に向けて謎のカウントダウンが出現したという話。ところが既に情報が出回っいる。そうでなくても、当ページを本作を知っている人が見れば予想がつく。

 スタッフにFFの坂口博信氏とドラクエの堀井雄二氏、キャラクターデザインに鳥山明氏を起用したことから、FFとDQで派閥が出来ていた当時(現在でも続いているが)、それはそれは衝撃的な一作でした。ちなみに、作曲家の光田康典氏のデビュー作として扱いされている作品でもある(それ以前に効果音等は色々していた)
 こんな細かい話を知らなくても、FFのスクウェアから鳥山明キャラのゲームが発表されただけで衝撃だった。まさに夢のコラボ。

 本作はSFCで発売後、任天堂とスクウェアの冷戦期にPSでも発売されている(移植+α)。DS版の詳細は不明だが、移植+α程度ならノーサンキューで。

クロノ・トリガークロノ・トリガー
メーカー:スクウェアエニックス
発売日:2008/11/20
機 種:ニンテンドーDS



■関連リンク
 ・スクエニ、謎のカウントダウンページ(本作の公式サイトへ変わりました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

DS『ドラクエⅤ 天空の花嫁』プロモーション公開

 発売も近づいてきた、DS『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』ですが、公式サイトにてプロモーションムービーが公開されました。
 PS版を遊んでないオイラにはどの編が変わってどの編が変わってないのかわかりかねますが、敵はかなりアニメーションするようです。2画面がそのまま背景に使われているのは是か非か・・・

 また、メイン新要素(?)である《人生最大の選択》で新たに追加されたらしき”謎の美女”がバラをバックにチラッと登場!「独身を貫く」とか「一夫多妻制」はないですか?

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁
メーカー:スクウェアエニックス
発売日:2008/07/17
機種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・DS『ドラクエ5』公式サイトオープン。新要素は4つ?
 ・DS『ドラクエⅤ』発売日決定
 ・DS『ドラクエ4』、100万本出荷達成
 ・DS『ドラクエ5』が来春に決定。時代が一周したのか?
 ・『ドラクエ、4・5・6』DSでリメイク発売決定!
■関連リンク
 ・DS『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »