« 戯言:我が県の美人議員が暴走している件 | トップページ | 『Wii Music』パッケージ決定+Wi-Fi対応 »

2008年9月22日 (月)

再び巨匠が対談。『赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-』

 マーベラスエンターテイメントが11月6日に発売を予定している、DS『赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-』の公式サイトにて、プロデューサー金沢十三男氏と原作者・赤川次郎氏との対談が掲載されました。

 シリーズ?の前作『赤川次郎ミステリー 夜想曲-本に招かれた殺人-』の公式サイトでも同対談が行われていました。再び巨匠が登場というワケ。そんな凄いニュースでもないんだろうけど、ファンなオイラは興奮気味です。

 小説は数百円なんだから、数千円の付加価値を感じさせるゲーム作りが求められますね。マルチシナリオはゲームならではなんでしょうが。
 そう言えば小学校時代、ドラクエの小説で選択肢があるのがあって流行ってたなぁ。
 ・洞窟に入る→→→79ページへ
 ・街へ戻る→→→→82ページへ
 みたいな。それがマンガ本なのか小説なのかでケンカになったりするワケよ。小説は持ち込みOKだけど当然マンガはNGだからね。先生もテキトーに流して逃げてたな。最近はいわゆるライトノベルが沢山あるけどどうなんだろうね。

赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-
メーカー:マーベラスエンターテイメント
発売日:2008/11/06
機 種:ニンテンドーDS


■関連記事
 ・巨匠・赤川次郎氏がゲームインタビューに登場!
■関連リンク
 ・『赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-』
  └・スペシャル-赤川次郎スペシャル対談1
 ・『赤川次郎ミステリー 夜想曲-本に招かれた殺人-』公式サイト

|

« 戯言:我が県の美人議員が暴走している件 | トップページ | 『Wii Music』パッケージ決定+Wi-Fi対応 »

コメント

選択肢を選んで、指定されたページを読む
形式の本は「ゲームブック」って呼んでませんでした?
一時期、私も呼んでました。

たしかDQ2のゲームブックは上下巻に分かれてたような。

投稿: 斎太郎 | 2008年9月22日 (月) 22:31

>斎太郎さん
自分は読んでなかったのですが、面白い試みだなぁと今では思います。そして、当時逃げていた担任は卑怯だなぁとも思います(笑)
関係ないですが、最近『ブレイブスーリー』を読破しました。面白かった~。

投稿: ヨッシー | 2008年9月23日 (火) 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び巨匠が対談。『赤川次郎ミステリー 月の光 -沈める鐘の殺人-』:

« 戯言:我が県の美人議員が暴走している件 | トップページ | 『Wii Music』パッケージ決定+Wi-Fi対応 »