« Wii『デッドライジング』、発売日決定 | トップページ | Wii『フラジール ~さよなら月の廃墟~』、初回特典はサントラCD »

2008年11月12日 (水)

またまたWiiが訴えられる

いわっち可愛くお怒りの画像

 米国オハイオ州にあるMotivaという企業が、ベースステーションと通信しながらプレイヤーの動きを感知するデバイスについてWiiが特許を侵害していると訴えたそうです。つまりはWiiリモコンとかのことでしょうね。
 代理人である法律事務所は「他人の技術を許可なしに使用するのは泥棒です」と声明を発表したとか。こうもシンプルな声明も珍しいかも。

 何度も言うけど、これは任天堂に限った話ではなく、似たような事でソニーもマイクロソフトも苦労してます。
 ゲーム機が訴えられたというネタも珍しくなくなってきて「またか」という気分なんですが、ゲームメーカーが勝っているのかこっそり和解しているのか知らないけど、《その後》の報道は殆どされない。

 そんな飽きてきた話題でも、最近インパクトがあったのが「Wiiの米国輸入を止めろ裁判」と、裁判じゃないけど「シャープと日立のDS部品の価格に関する不正」なんてのがあったが、結局その後どうなったの?

■関連記事
 ・Wii、再び特許侵害で訴えられる。今度は輸入停止を要求
 ・シャープと日立が共謀してDS液晶を高く売っていた疑惑発覚
 ・マジコン販売業者に対し、ついに任天堂+54社が一斉提訴
 ・任天堂、特許侵害で22億円の支払命令をくらう
 ・Wii、特許侵害で訴えられる
■情報元
 ・iNSIDEさんの記事

|

« Wii『デッドライジング』、発売日決定 | トップページ | Wii『フラジール ~さよなら月の廃墟~』、初回特典はサントラCD »

コメント

また「特許侵害」ですか…欝陶しい…。

途中経過とか気になりますよね。前の「輸入停止要求」の裁判、あれ今どうなっているんでしょうか?新作ソフト群よりもそっちが気になってしまいます。うまく捩伏せていればいいけど…。

投稿: 土星産の卵 | 2008年11月13日 (木) 00:11

ゲームメーカー周辺のこういった訴訟は前から疑問に思っていたのですが、どうやらこれは訴訟を起こした側のベンチャー企業がハードメーカーの先回りをして類似した特許を数百という単位で先に取得していたことが原因だそうですね。つまり最初から訴訟目的で特許を取っていると。どうしても裁判と聞くとハードメーカー側にも罪がありそうな感じがしますがそうではないとしって少し安心しました。

投稿: tapioka | 2008年11月13日 (木) 21:14

>土星産の卵さん
自分も鬱陶しいと思ってます。だったら記事にするなよって話ですが、テレビで言うところ「視聴率」がまだ高めなので。たぶん。
自分で書いてても、どれがどれだったか覚えてないし(汗)

>tapiokaさん
何かワケがあるのは当然として、そこそこの確率で勝てるからだろうなと思ってたんですが、そういうことでしたか。
まぁ、これはゲーム業界に限った話ではないかもしれませんがね。
任天堂に限らず、これは業界全体が勝てばいいなぁと。向こうの法律では、確か負けた側の損害は大きいと思ったので。たぶん。

投稿: ヨッシー | 2008年11月13日 (木) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/43092838

この記事へのトラックバック一覧です: またまたWiiが訴えられる:

« Wii『デッドライジング』、発売日決定 | トップページ | Wii『フラジール ~さよなら月の廃墟~』、初回特典はサントラCD »