« 社長が訊く「知らないままでは損をする『モノやお金のしくみ』DS」公開 | トップページ | 360『ドリームクラブ』バス通過がシュール過ぎる »

2009年8月23日 (日)

バンナム『スーパーロボット大戦 K』で楽曲パクリを認め謝罪

 バンダイナムコゲームスは、DS『スーパーロボット大戦 K』内の楽曲が、タイトーのSFC『エストポリス伝記2』内の楽曲「地上を救うもの」、及びスクウェア・エニックスの『クロノトリガー』内の楽曲「魔王決戦」に、それぞれ類似した楽曲を無断で利用していたことが判明したとして、関係各社に誠意ある協議をして和解した旨を発表しました。


 ↑問題の楽曲比較動画

 真面目に突っ込むと、自分らが悪い事してたのに「誠意ある協議をして」なんて書くのもどうかと。ま、作曲担当が勝手にやっただけだ的な話を載せなかったのはエライ。

 でも、これで『エストポリス伝記2』が話題になってバーチャルコンソールに配信なんてなったら幸せ…大人の都合が大変なのはわかるが、どうにかやってくれ!

 「今まで遊んだRPGの最高傑作は?」と訊かれたら、問答無用で本作と答えるヨッシーでした。



■関連記事
 ・DS『スパロボ K』に、『エストポリス伝記Ⅱ』ソックリな曲があるらしい
■関連リンク
 ・バンダイナムコゲームスのニュースリリース

|

« 社長が訊く「知らないままでは損をする『モノやお金のしくみ』DS」公開 | トップページ | 360『ドリームクラブ』バス通過がシュール過ぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンナム『スーパーロボット大戦 K』で楽曲パクリを認め謝罪:

« 社長が訊く「知らないままでは損をする『モノやお金のしくみ』DS」公開 | トップページ | 360『ドリームクラブ』バス通過がシュール過ぎる »