« 2009年、比較的アクセスが多かった記事集 | トップページ | 2009年を振り返る、ランキング外の出来事たち »

2009年12月30日 (水)

2009年発売ゲーム、管理人的ベスト5

 今年発売され、オイラが遊んだゲームの中から独断と偏見によるベスト5です。
 一本もプレビュー書いてないのに気づいたのは、記事を書き上げてからのお話…



第5位:Wii『Wiiスポーツ リゾート』
B001DLXXCC


 「Wiiを始めて遊んだ時のような感動を味わえた!」とまで言いませんが、それに近い衝撃と新しい”振り”を味わえました。その後、モーションプラス対応ソフトが殆ど見えてこなかったのが残念ですし、来年に出てくるのか非常に不安です。また、初歩的バグがあった為、ポイント大幅減。あと、遊ぶ相手がいないとかいう個人的問題も解決してませんで…

 とはいえ、「新たな気持ちでWiiを遊べた」のは事実で、その新鮮さを味わえた事に感謝です。
 来年、モーションプラスを使った作品等で、また楽しさを味あわせてくれないか期待しています。
『Wiiスポーツ リゾート』公式サイト


第4位:Wii『罪と罰 ~宇宙の後継者~』

B001HBIPLM

 過剰すぎる期待に見事に応えてくれた作品でした。
 ただ、難易度の激上昇は自分の中でも賛否両論です。また、セールス的に撃沈したのが本当に残念です。
 しかし、手に汗握り、時々手を拭きながらゲームを遊んだのは何年ぶりでしょうか…また、2P協力プレイもポイント高いです。本作ファンが二人でハイスコアに挑む事があれば、それはそれは盛り上がるでしょう。
Wii『罪と罰 ~宇宙の後継者~』公式サイト



第3位:Wii『朧村正』
同 着:Wii『アークライズファンタジア』

B000VSW7NOB0026FC1VS

 (発売元)メーカーが同じなのはただの偶然です。甲乙付けれなかった2作です。
 『朧村正』は、何十時間遊んだわけではないですが、実に濃い時間を過ごせましたし、なによりあのグラフィックと演出と世界観には脱帽です。(そもそも、「プレイ時間=ハマり度」ではないですしね)
 『アークライズファンタジア』は、荒削りな所は多々ありましたが、そのテンポの良さは神がかっていましたし、その所為か、気が付けば朝から晩までぶっ通しで遊んでいました。思えば、RPGに普通にハマッたのは久しぶりで、あの感覚を思い出せた事に感謝です。
Wii『朧村正』公式サイト
Wii『アークライズファンタジア』公式サイト




第2位:X-Box360『シュタインズゲート』
B002CZOW28
※タイムマシン等を題材にしたサイエンスアドベンチャーです。

 他機種からランクイン。
 任天堂派サイトですが、他機種を認めないとかは全然無いし、この記事を書く直前に遊んだ”補正”を除いても、堂々のランクインです。強引に薦めてきたブラザーに感謝です。

 基本的に萌え系を嫌うオイラですが、それを各理論の難しさの緩和に役立てていたり、萌えを媚ってない部分がとても好印象でした。なにより、実在する多数の理論をキチンと組み込んで面白さに繋いでいるのは脱帽です。勿論、難しくならないようセリフや物語を練り込んでいるのがよくわかりました。開発者が「好きな人はとことん好きな分野を多用して軸にするので、突っ込まれないよう完璧に勉強した」と言ってたのは納得です。相当勉強されたと思います。
360『STEINS;GATE』公式サイト




第1位:Wii『モンスターハンター3』


 色々話題になったとかビックタイトルだとか関係なしに、一つの作品としての完成度の高さと、沢山の思い出と出会いを提供してくれた本作は、問答無用で今年の一等賞です。
 ブラックな話題も絶えませんでしたが、一つの作品として十分過ぎる程に楽しませてもらいましたし、プレイ時間は500時間を越えましたが、もうしばらく楽しんでいけそうです。本作に出会えた事と、その中で出会えた人達に心から感謝です。例え他機種にいわゆる完全版が出て煽られようと、あの楽しかった時間と出会いは揺ぎ無いものです。
Wii『モンスターハンター3』公式サイト


■関連記事
 ・2008年発売ゲーム、管理人的ベスト5

|

« 2009年、比較的アクセスが多かった記事集 | トップページ | 2009年を振り返る、ランキング外の出来事たち »

コメント

罪罰が案外低いのに驚きました。
でも朧村正、MHに納得。
特に朧村正のやりこみ制覇はハマりましたww
MHはやる時間が無い+ヘタレなのを言い訳にあまりやってませんが^^;でもいいゲームですよね。
自分的には
wii―MH3
xbox-え~と・・・アイマス
ps3-断固ff13
DS―アイマス
psp-MHP
でしょうか
>シュタインズゲート
萌え・・・といいますか
パッケージ的に萌え要素は感じませんが・・・萌え系はよく知りませんのでなんともいいがたいですね。私にもゲームを勧めてくれる知人が欲しいなぁ・・・まぁ所詮かなわない夢ですが。

投稿: 季節人 | 2009年12月30日 (水) 18:24

た、確かに…これらのどれも、ヨッシーさんのプレビュー記事が無いですね…。なんかすげぇ嫌な言い方で御免申す(笑)。なんというか、これら良ゲーム中の良ゲーム達を、ヨッシーさんがレビューしたらどうなるのか…とちゃっかり期待してたりするものでしてね。ヨッシーさんのリゾートとかモンハンのレビューを見てみたい!と。何にせよ、プレビュー記事が楽しみですよと。
まあとりあえずそれよりもなによりも、ラブプラスとクリーンキーパーのプレビューまだ?(笑)

>モーションプラス
さすがのさすがに、今年中に1本くらいは対応ソフト出るだろうと思っていましたが…なかなか難しいものですね。普及云々の話も絡むでしょうし。
まあ、とりあえずは。我等が『レッドスティール2』ですな、楽しみ。せっかち者になるとすればWiiの新作『ゼルダの伝説』と。これは流石にまだまだ先の話でしょうけど。
来年はたくさん対応ソフトが出て欲しいものです。逆に乱発し過ぎに注意でもありますが、まあそれは無いでしょうね。

どうでもいいけど携帯機のゲームがランクインしてないですね。今年はあまりプレイしなかった?
個人的には携帯機部門は圧倒的に『ポケットモンスターHGSS』とか『ゼル伝 大地の汽笛』とかでしたね。今年は携帯機のほうが良作比率が多かったかも。

来年も良作品に巡り会いたいものです。

投稿: グルグル. | 2009年12月30日 (水) 20:34

Wiiスポーツリゾートはなかなかいいですよね。
対戦重視のゲームだと思いますが、ひとりでも充分楽しめました。

Wiiモーションプラスがなかなか活用されないのは残念ですね。
来年は積極的に使ってくると思いますが。

よいお年をお迎え下さい。

投稿: 斎太郎 | 2009年12月30日 (水) 21:11

あけましておめでとうございます!
2位にまさかのソフトが入っていてビックリしましたw
シュタゲは僕も気になっているんですけどね~。
朧が罪より上なのには驚きました!
今年もどうかよろしくお願いします。

投稿: kentworld | 2010年1月 1日 (金) 10:49

>季節人さん
いや、罪罰はホントに良いんです!
ただ、前作の「物語がわからん」って批判を気にしたのか、わかりやすくしすぎた感じがして、どうにも安っぽくなってしまった気がして大幅減点というか。1.2回遊んで全体が見えてきたので、良い事なんだけど、罪罰には合って無いというか、個人的ワガママです…

>グルグルさん
大した事書かないのに、プレビューはどうにも気合いがいるんですよね…間違い書いちゃいけないというか、変な重圧というか…
毎月下旬は必ず一本書くとき、自分なりのルールを決めていきたいものです。今年こそ…

モープラは、今年こそチラホラは出て欲しいです。が、『リゾート』が『Wii Fit』ほど売れてはないので、Wiiボードより動きが鈍いのも必然か…?
『斬撃』のプレイスタイルがどっちを軸に作られているかとか、どういう印象を受けるかでネット上の評判が変わってくるかも。

>斎太郎さん
前作は一人だと流石に寂しかったけど、今回は一人でも結構イケるようになってたのは嬉しいところでした。
また、モープラで何が出来るかをキチンと組み込んできてましたね(当然なんだけど、結構それが出来てないソフト多いし)

>kentworldさん
シュタゲは、ホント神との出会いでした。ブラザーが途中で360返せって言ってきたら、何のためらいも無く自分用の360買ってたでしょう。マジで。
朧が上ってより、罪罰の物語が安っぽくなったのが個人的に大減点でして…その他でいけば、間違いなく3位に入ってましたね。
1位は自分の中では絶対でした。面白い+多数の思い出をくれたし、まだ遊んでるしとw

投稿: ヨッシー | 2010年1月 4日 (月) 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/47153927

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年発売ゲーム、管理人的ベスト5:

« 2009年、比較的アクセスが多かった記事集 | トップページ | 2009年を振り返る、ランキング外の出来事たち »