« 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』は、時のオカリナより前の物語 | トップページ | 【ドM速報】ニンテンドー3DS、1万円値下げ »

2011年7月26日 (火)

須田剛一・稲船敬二・中裕司…等々、モバゲーに全力投球的発表

Photo_2 
 テレビの前に座ってゲームしたり、ゲーム専用携帯機を持ち寄って楽しむ(楽しみたい)人々は、そろそろ懐古厨とか言われるのでしょうか…

 「わざわざ数千円も出してゲームソフトを買って遊ぶなんてwww」みたいな屈辱を味わう日々がくるのでしょうか…

Photo_3
2011年7月25日、東京・渋谷にて、AQインタラクティブがMobage新企画“スーパークリエイターズ”発表会を開催した。 最初に登壇したのは、AQインタラクティブの許田周一(もとだ しゅういち)代表取締役。“スーパークリエイターズ”の企画概要を発表した。
 続いて、今回の企画に参加することになったスーパークリエイターの面々が登場。comceptの稲船敬二氏、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏、プロペの中裕司氏、マーベラスエンターテイメントのはしもとよしふみ氏、クラフト&マイスターの船水紀孝氏が登壇。それぞれスマートフォン用のソーシャルゲームを開発・提供することを明らかにした。
 提供が決定しているタイトルとして発表されたのは、稲船氏プロデュースの『JJ・ROCKETS(仮題)』。はしもと氏手がける『牧場物語』シリーズ、須田氏が手がける『ノーモア★ヒーローズ』シリーズのスマートフォンアプリ版が今冬から展開予定であることが明らかに。また、船水氏は具体的なタイトル名は発表しなかったものの、クラフト&マイスターのソーシャルゲーム・携帯電話アプリのブランドして“生ゲー(なまげー)”を立ち上げることを発表した。

ファミ通の記事より引用
-----------------------------------------------------------

Img_0161※繰り返す。モバゲー内で検索すりゃ普通に出ます。

 少し前、多種多様なオタクが集まる飲み会に行ってきたのですが、普通にモバゲーとかグリーを遊んでるわけです。ゲーム機(ソフト)は高じゃないですかぁwwwみたいな会話、普通にするワケです。本当にピンチを感じたわけです。

 どこの会社でもいいです。この流れ、止めて下さい…
 もしもしゲームなんか遊びたくありません。僕は、テレビの前に座ってゲームを遊びたいんです!!







Photo_4
 テレビの前でゲームを遊ぶイメージです。
 当ブログ、及び管理人とは関係ありません。

■関連記事
ネットゲーム(主にモバグリー)がパッケージゲームを上回る
【メシウマ】モバゲーに公取委立入検査
モバゲー「任天堂やソニーの時代は終わった。これからは私達の時代」

|

« 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』は、時のオカリナより前の物語 | トップページ | 【ドM速報】ニンテンドー3DS、1万円値下げ »

コメント

米国でスマートフォンの定額制が崩壊して
今後値上げもあり得る状況になってますが日本だとどうなんでしょうかね 
ソーシャルゲーに一体どの位の情報量を使うか分かりませんがそこら辺が足枷になるんでしょうかね


投稿: kamo | 2011年7月26日 (火) 22:51

”スーパークリエイターズ”最近ぱっとしない人が多いのは気のせいですよね。

やはりゲーム機を売りつけるなら子供ですよ。
少子化以前に経済何とかしなきゃいけないし道は遠いなぁ。

投稿: りー | 2011年7月26日 (火) 23:19

こういった人たちも、いろいろ資金繰りが
難しい部分もあるのかもね。
自前で予算を立てて失敗すると怖いから、
声をかけてくれる企業があったらそっちと組む。

投稿: 斎太郎 | 2011年7月27日 (水) 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/52316146

この記事へのトラックバック一覧です: 須田剛一・稲船敬二・中裕司…等々、モバゲーに全力投球的発表:

« 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』は、時のオカリナより前の物語 | トップページ | 【ドM速報】ニンテンドー3DS、1万円値下げ »