« 【最初で矛盾】 ハーバード大学で会見した元慰安婦の物語 | トップページ | WiiU『スプラトゥーン』ダイレクト、5月7日23時に放送! »

2015年5月 1日 (金)

NHK「ヨッシーが好きな小説を勝手に改変して映像化してやる」 ⇒ 原作側「変え過ぎ。ダメ」 ⇒ NHK「損した。6000万円払え」 ⇒ NHK惨敗

Photo_3
オレ、辻村深月さんの大ファンなんだ…

 作家辻村深月さんの小説「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」のドラマ化の契約を一方的に解除されたとして、NHKが出版元の講談社に約6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、「原作者が脚本を承認しておらず、契約は成立していなかった」と請求を棄却した。小説の映像化が頓挫したことをめぐるテレビ局と出版社の訴訟は異例。
 判決によると、NHKが連続ドラマを企画し、平成23年11月、講談社から「社内で承認が得られたので作業を進めてよい」と回答があったため配役などを進めた。その後、辻村さんが脚本に難色を示したため映像化されなかった。
 岡崎克彦裁判長は、辻村さんの思い入れが強い場面の表現が原作と脚本で異なっていたことを挙げ、「NHK側の小説の理解が不十分だった」と述べた。辻村さんは「作品が不本意な形でドラマ化されることはどうしても許容できなかった」との談話を発表した。
産経ニュースの記事より引用

●要約
1.NHKが映像化の準備開始。配役も決定。
2.原作側が何回お願いしてもNHKは脚本を見せず。
3.撮影開始ギリギリで脚本を見せた。
4.原作側「変え過ぎ。本作のテーマもわかっとらん。やめて」
5.NHK「第三者に文句言われたくない。なら6000万円弁償しろ
6.NHK惨敗
7.原作側「これからも頑張るからヨロシクね!」
講談社の見解(PDF)

原作レイプどころか、原作サイド無視かよ…

よりによってオイラの大好きな辻村先生の作品を…

 どこを改変したか知らないが、本作の映像化は無理だと思う…ドラマ化の話を聞いたとき、どうやるんだと思った。
 ”文章じゃないと出来ない”大ネタが仕込まれてるんだ。あと、世間で大論議になったポストも重要な位置付けだし、そのへんかもしれん。

 それにしてもNHKって本当にヤクザだな。
 好き勝手に改変して、ギリギリになって見せてダメと言われたから金払えなんて。しかも第三者に文句は言われたくないとまで。原作者を第三者て…


|

« 【最初で矛盾】 ハーバード大学で会見した元慰安婦の物語 | トップページ | WiiU『スプラトゥーン』ダイレクト、5月7日23時に放送! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/61519935

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「ヨッシーが好きな小説を勝手に改変して映像化してやる」 ⇒ 原作側「変え過ぎ。ダメ」 ⇒ NHK「損した。6000万円払え」 ⇒ NHK惨敗:

« 【最初で矛盾】 ハーバード大学で会見した元慰安婦の物語 | トップページ | WiiU『スプラトゥーン』ダイレクト、5月7日23時に放送! »