« ニュージーランドの交通安全CMが恐ろし過ぎる。でも観るべきです | トップページ | 【欲しい】 イトーヨーカドー限定『ファイアーエムブレムif nanacoカード』登場! »

2015年5月21日 (木)

「下さい」と「ください」の違い、知ってる?

Photo_9
 豆知識ってより、知っといた方がいい!

 普段何気なく使いがちな「クダサイ」という表現。「下さい」と「ください」は同じようで実は違いがありますが、普段あまり意識して使い分けをしていない方も多いのではないでしょうか。

 
「クダサイ」という言葉の意味は2つあり、それぞれ意味によって使い分けます。モノなどを求める場合は漢字の「下さい」を使います。例えば「飲み物を下さい」「すこしだけ時間を下さい」などです。英語でいうと“Give me”ですね。
 
ひらがなの「ください」は、聞き手にやってもらいたいことをお願いする場合に使います、つまり“Please”のこと。「ご注意ください」「資料をご覧ください」というときは、ひらがなで書きます。

 実際にはあまり使い分けされていないことも多く、どちらを使っても間違いと言われることはほぼあまりありませんが、国の公文書などでは意味によって使い分けをしています。あまり意識されない「クダサイ」ですが、ビジネスなどオフィシャルで使う場合はきちんと使い分けても良いのかもしれませんね。
※fecebookの記事?より引用


 白状します。知りませんでした…

 仕事で文章を書いてるとき「とりあえず漢字にした方が知的に見えるだろう」って漢字にしてました。ごめんなさい…

 昔はねぇ、ちょっと言葉遣いを間違っただけで怒鳴られたり殴られたもんだけど、最近は相手も言葉を知らないせいか、そういうの少なくなったね。後輩とかが間違っていたら、やんわり教えてあげるといいかもね。


|

« ニュージーランドの交通安全CMが恐ろし過ぎる。でも観るべきです | トップページ | 【欲しい】 イトーヨーカドー限定『ファイアーエムブレムif nanacoカード』登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/61542345

この記事へのトラックバック一覧です: 「下さい」と「ください」の違い、知ってる?:

« ニュージーランドの交通安全CMが恐ろし過ぎる。でも観るべきです | トップページ | 【欲しい】 イトーヨーカドー限定『ファイアーエムブレムif nanacoカード』登場! »