« 次は蝶々が擬人化。「美ちょうちょ図鑑」ティザーサイトがオープン | トップページ | スマホアプリ『ポケモンGO』、ベータテスター募集開始! »

2016年3月24日 (木)

在日韓国人のための老人ホーム、東京都が8億円を負担し今秋オープン

Photo_2
「国の金」や「都道府県の金」は誰の金か

Photo_4
 東京に「故郷の家」を設立するのにかかる費用は23億円。うち8億円は東京都が補助し、残り15億円は法人が負担する予定だが、一部は募金で充当する。日帝時代に徴兵・徴用された多くの在日韓国人1世代はまだ異国の地で恨を抱きながら暮らしている。生涯故国を思いながら老年を過ごしてる在日韓国人の高齢者と日本の高齢者に、韓国のキムチと日本の梅干しがある老人ホームをつくろうとしている。
 
その間、私たちは在日韓国人問題に無関心だった。日本政府は過去の過ちを反省しないが、「故郷の家」に取り組む日本人はこれを贖罪しようとする良心勢力だ。在日韓国人のための老人ホーム設立に率先する87歳の阿部志郎・神奈川県立保健福祉大学名誉学長は「日本が韓国に犯した罪は2つある。一つは武力による侵略で、もう一つは同化政策で名前も文字も使えないよう強要したことだ」と話す。
情報元の記事より引用
Photo_3

老人ホーム落ちた。東京都○ね!

 なんかさ、「国のお金」は、「国」って違う所から出てると思ってないか?
 俺らが払った金だからな?今回は東京都だが、理屈は同じだ。政治家が街頭で募金箱を持ち「韓国との友好の為に寄付します!大金を入れてください!」ってのを想像すべし。誰が募金するかよ。

 ところで、なんとなく「昔、日本は韓国と戦争して、勝って植民地にした」みたいなイメージない?
 日本と朝鮮は戦争したことないからな?
 


|

« 次は蝶々が擬人化。「美ちょうちょ図鑑」ティザーサイトがオープン | トップページ | スマホアプリ『ポケモンGO』、ベータテスター募集開始! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/63387438

この記事へのトラックバック一覧です: 在日韓国人のための老人ホーム、東京都が8億円を負担し今秋オープン:

« 次は蝶々が擬人化。「美ちょうちょ図鑑」ティザーサイトがオープン | トップページ | スマホアプリ『ポケモンGO』、ベータテスター募集開始! »