« 【美しい?】 アンリアルエンジン4で『ドンキーコング』を作ってみたという動画 | トップページ | 読書感想文:桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 »

2016年5月15日 (日)

英ガーディアン紙「日本の大手広告代理店が(東京五輪招致の)裏金事件に絡んでいる」

電通と大マスコミの相関図※画像はクリックで拡大できます。

真犯人は、いったい…(棒)


 根本を揺るがす大問題なのに、なぜ日本のメディアは及び腰なのか。2020年東京五輪の招致過程で、IOCの委員を務めたラミン・ディアク氏に日本の招致委員会側から裏金が支払われたと英紙「ガーディアン」が報じた一件だ。
 2億円以上もの大金が、13年9月に五輪の東京開催が決まった前後、ディアク氏の息子が関係するシンガポールの口座に振り込まれていた。フランスの検察当局が捜査に乗りだしている。今年、世界を騒がせたロシア陸連によるドーピング問題でディアク氏は逮捕され、息子のパパマッサタ氏もインターポール(国際刑事警察機構)に指名手配されている。
 
ガーディアン紙の報道によると、日本の大手広告代理店がこの裏金事件に絡んでいるというのだが、不思議なことに、日本のメディアはこれを一切報じない。辛うじて裏金疑惑を報じたメディアも、ガーディアンが掲載した裏金の相関図から、わざわざ代理店の名前を消していた。
日刊ゲンダイの記事より引用

Photo_23

電通の悪事を必死で隠そうとするマスコミ


そ、そんな広告代理店があるのか!
それはどこの電通だ!

昔から、「創価○会」と「電通」の批判をした人はテレビから消える伝説がある。
大半のCMは電通を通さないと作れないという話もある。
流行とは、流行っているのではなく電通が流行らせるとかどうとか。

日本のマスコミを牛耳っているとか、黒い噂が絶えない組織です。
東京五輪の裏金報道で、報道各社が電通の絡みを報道していないと騒ぎにもなっています。そんな中で、この報道ですわ。

いいぞ、もっとやれ!

|

« 【美しい?】 アンリアルエンジン4で『ドンキーコング』を作ってみたという動画 | トップページ | 読書感想文:桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80441/63637008

この記事へのトラックバック一覧です: 英ガーディアン紙「日本の大手広告代理店が(東京五輪招致の)裏金事件に絡んでいる」:

« 【美しい?】 アンリアルエンジン4で『ドンキーコング』を作ってみたという動画 | トップページ | 読書感想文:桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 »