2007年3月 5日 (月)

ボム (ゲーマー用語解説)

ボム(bomb)=爆弾。爆発物全般。
一般的に、戦闘で敵を攻撃する「武器」を指す。
発掘作業等に用いられる場合は「火薬を仕掛ける」等と表現される場合が多い。

ところが、ゲーマーに言わせると「シューティングゲームで最も強力な攻撃の総称」となる。
特に2DのSTGでは「画面内全ての敵と敵弾を一瞬で消し去る攻撃」である。
従って、稀に「その敵は普通の弾と爆弾は効かないよ。ボムじゃないと倒せないんだ」というワケのわからない会話が展開する。
ボム残数でボーナス点が入る場合が多く、出来るだけボムを使わないプレイが望ましいとされる(場合による)。

STGと言えば、飛行機を思い出す方が多いと思う。
しかし、最近は飛行機ではなく人が飛ぶゲームも見受けられ、なんかお札を投げたり魔法のような球を撃ちながら進むゲームもある。
このようなゲームの場合、どう見ても「爆発物の爆弾」ではない攻撃も「ボム」と呼称される。説明書にも「ボム」と平気で書いている。
最悪の場合、「○○○○(いわゆるボム)」という表記まである。初心者お断りムード全開!

ただでさえ「数ミリの隙間を縫って進む、超上級者のみのゲーム」というイメージが定着して客数は固定か減る一方だし、女性が最も嫌いなジャンル連続NO.1がシューティングゲームだ(いつぞやの某ゲーム誌より)。

これからも、いわゆるコアゲーマーに的を絞っていくのなら今のままでもいいし、攻撃の名前を変えるだけで客数が増えるワケもなかろうが、まず出来そうなところから始めるべきではないかと思うオイラである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

ギャルゲー (ゲーマー用語解説)

恋愛シミュレーションゲーム、美少女ゲーム等の総称。
略称とは裏腹に、いわゆるギャルが登場する事は少ない。
ニンテンドウ64以降の任天堂機とは、あまり縁の無いゲームである。


物語の設定として、主人公は一人暮らし、或いは親が一時的に出張中等の場合が多い。
ゲームの目的は、各美少女との会話やイベント時に表示される特別な「絵」を集める事である場合が殆どだ。
ゲームの絵は基本的に「CG(コンピュータグラフィック)」なのに、ギャルゲーのそれは「CG(シージー)」という呼称で特別扱いされる。
大半は「幼馴染」「お姉さん」「妹」等のタイプがバランス良く登場し、いわゆるヒロインは難易度が極端に高いか低い傾向がある。
また、「初回限定」や「予約限定」などの特別扱い版が同時にリリースされるのも特徴の一つ。
この特別扱い版の入手難易度は、都会と地方で随分と差があったようだが、通販の発達で平等になってきたようだ。
また、ギャルゲーを店で買うのに恥ずかしさを感じる人にも通販は非常に有効である。
但し、自宅に届いたのを親が開封した場合は逆効果である。
従って、配達日時を指定して、その時間には必ず自宅にいるようにする人が多い。

「CG全部集めたぜ!」等と言っている人は、ゲームではかなりのプレイボーイである。
ちなみに、ゲームのプレイボーイ度と現実のプレイボーイ度は反比例する傾向が極めて強いのも特徴である。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

カンスト (ゲーマー用語解説)

カウンターストップの略。
何かの値が最高値に達し、それ以上伸びたり上がらなくなった様。
RPGによく使われていたが、最近は幅広いジャンルで使われるようになった。
そのゲームをやり込んだ証とも言える。

「HP/9999」「プレイ時間/99時間59分」「EXP/9999999」等が代表格。
大人の都合で「255」のように、中途半端な数値がカンストになっている場合もある。
カンストするのはとても大変な事なのだが、「鬼のように上手な人」ではなく「鬼のように時間をかけた人」に発生する場合が多く、褒められるより貶される傾向もある。
自己満足の為か、プレイ時間をカンストさせる為にゲーム機を起動させたまま出かける輩がいるが、それは邪道である。
また、電気料の請求書を見て母ちゃんの機嫌が悪くなるという弊害も伴うのでやめた方がよい。
なお、スマブラDX・対戦データ集の全項目カンストに挑戦しようとするならば、年単位の時間を捧げる覚悟が必要である。

ちなみに、全能力がカンストしているポケモンは「イホウ」や「カイゾウ」というニックネームで呼ばれる。

必殺技(ゲーマー用語解説)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

必殺技 (ゲーマー用語解説)

普通のパンチやキックではない、特殊な攻撃や行動の総称。
主に格闘ゲームで用いられる。RPG等でも、通称でそう呼ばれる場合もある。

「必ず殺す技」と書いて必殺技だが、大半は必ず殺せない。
ヒーローのマネをして、子供が「必殺!○○○!!」と叫んでいる姿を微笑ましく見たりするけど、「必ず殺す!」などと物騒な事を叫んでいるのだから、注意するべきではないだろうか?

相手を殺す必要のないスポーツゲームにも必殺技があったりするし、防御の必殺技は意味不明だし、回復の必殺技は論外である。

※「ゲーマー用語解説」の新カテゴリーを作りました。不定期で連載します!

| | コメント (3) | トラックバック (0)